Ubuntu 18.04でネットワークの静的IPアドレスを設定する方法


Netplan Ubuntu 17.10 で導入された新しいコマンドラインネットワーク設定ユーティリティで、Ubuntuシステムでネットワーク設定を簡単に管理および設定できます。それはあなたがある[ YAML の抽象化を使用してネットワークインターフェースを設定することができます。 NetworkManager および systemd-networkd ネットワークデーモン(レンダラーと呼ばれます。どちらを使用するかを選択できます)と連携して動作します。カーネルへのインタフェースとして。

/etc/netplan/*.yaml に記載されているネットワーク設定を読み取り、これらのファイルにすべてのネットワークインターフェースの設定を保存できます。

この記事では、 Netplan ユーティリティを使用して Ubuntu 18.04 でネットワークインターフェースのネットワークの静的または動的IPアドレスを設定する方法について説明します。

Ubuntu上のすべてのアクティブなネットワークインターフェースを一覧表示する

まず、設定しようとしているネットワークインタフェースを識別する必要があります。図のようにifconfigコマンドを使用して、システムに接続されているすべてのネットワークインタフェースを一覧表示できます。

$ ifconfig -a

上記のコマンドの出力から、Ubuntuシステムには 3 のインターフェイスが接続されています。 2つのイーサネットインターフェイスループバックインターフェイス。ただし、 enp0s8 イーサネットインターフェースは設定されておらず、静的IPアドレスもありません。

Ubuntu 18.04で静的IPアドレスを設定する

この例では、 enp0s8 イーサネットネットワークインターフェースに静的IPを設定します。図のように、テキストエディタを使用してネットプラン設定ファイルを開きます。

<強いスタイル=色:赤

$ sudo netplan generate 

さらに、自動生成されたファイルは、デスクトップ、サーバー、クラウドのインスタンス化などでファイル名が異なる場合があります( 01-network-manager-all.yaml 01-netcfg.yaml など)。ただし、 /etc/netplan/*.yaml の下にあるファイルはすべてnetplanによって読み込まれます。

$ sudo vim /etc/netplan/01-netcfg.yaml 

次に ethernet セクションの下に以下の設定を追加します。

enp0s8:				
      dhcp4: no
      dhcp6: no
      addresses: [192.168.56.110/24, ]
      gateway4:  192.168.56.1
      nameservers:
              addresses: [8.8.8.8, 8.8.4.4]

どこで:

  • enp0s8 – network interface name.
  • dhcp4 and dhcp6 – dhcp properties of an interface for IPv4 and IPv6 receptively.
  • addresses – sequence of static addresses to the interface.
  • gateway4 – IPv4 address for default gateway.
  • nameservers – sequence of IP addresses for nameserver.

追加すると、次のスクリーンショットに示すように、設定ファイルに次の内容が表示されます。最初のインターフェース enp0s3 DHCP を使用するように設定され、 enp0s8 は静的IPアドレスを使用します。

インターフェイスのaddressesプロパティは、シーケンスエントリを期待しています。/strong>(詳細については netplanのmanページをご覧ください)。

# This file describes the network interfaces available on your system
# For more information, see netplan(5).
network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
    enp0s3:
      dhcp4: yes
    enp0s8:
      dhcp4: no
      dhcp6: no
      addresses: [192.168.56.110/24, ]
      gateway4:  192.168.56.1
      nameservers:
              addresses: [8.8.8.8, 8.8.4.4]

ファイルを保存して終了します。その後、次の netplan コマンドを使用して最近のネットワークの変更を適用します。

$ sudo netplan apply

利用可能なすべてのネットワークインターフェースをもう一度確認します。 enp0s8 イーサネットインターフェースがローカルネットワークに接続され、次のスクリーンショットに示すようにIPアドレスが割り当てられているはずです。

$ ifconfig -a

Ubuntuで動的DHCP IPアドレスを設定する

DHCPを介して動的にIPアドレスを受信するように enp0s8 イーサネットインターフェースを設定するには、単に以下の設定を使います。

# This file describes the network interfaces available on your system
# For more information, see netplan(5).
network:
 version: 2
 renderer: networkd
 ethernets:
   enp0s8:
     dhcp4: yes
     dhcp6: yes

ファイルを保存して終了します。その後、最近のネットワークの変更を適用し、次のコマンドを使用してIPアドレスを確認します。

$ sudo netplan apply
$ ifconfig -a

これからはあなたのシステムはルーターから動的にIPアドレスを取得します。

netplanのmanページを参照すると、より多くの情報と設定オプションを見つけることができます。

$ man netplan

おめでとうございます。 Ubuntuサーバーにネットワークの固定IPアドレスを正しく設定しました。ご質問がある場合は、下記のコメントフォームを介して私達とそれらを共有してください。