Ubuntu 18.04にMySQL 8.0をインストールする方法


ある[ MySQL のコミュニティサーバーは無料のオープンソース、人気のあるクロスプラットフォームのデータベース管理システムです。 SQL NoSQL の両方をサポートし、プラガブルなストレージエンジンアーキテクチャを採用しています。さらに、さまざまなプログラミング言語用の複数のデータベースコネクタも付属しているため、よく知られている言語やその他の多くの機能を使用してアプリケーションを開発できます。

ドキュメントストレージ、クラウド、高可用性システム、IoT(Internet of Things)、ハドープ、ビッグデータ、データウェアハウス、LAMPまたはLEMPスタックなど、大量のWebサイトやアプリケーションをサポートするためのさまざまなユースケースがあります。

この記事では、 Ubuntu 18.04 Bionic Beaver への MySQL 8.0 データベースシステムの新規インストールについて説明します。実際のインストール手順に進む前に、次の概要を見てみましょう。

  • The database now incorporates a transactional data dictionary.
  • Comes with Atomic DDL statement support.
  • Enhanced security and account management.
  • Improvements to resource management.
  • Several InnoDB enhancements.
  • New type of backup lock.
  • Default character set has changed to utf8mb4 from latin1.
  • A couple of JSON enhancements.
  • Comes with regular expression support using International Components for Unicode (ICU).
  • New error logging which now uses the MySQL component architecture.
  • Enhancements to MySQL replication.
  • Supports common table expressions(both non-recursive and recursive).
  • Has an enhanced optimizer.
  • Additional window functions and more.

ステップ1:MySQL Aptリポジトリを追加する

幸い、MySQLサーバー、クライアント、その他のコンポーネントをインストールするための APT リポジトリがあります。このMySQLリポジトリをあなたのシステムのパッケージソースリストに追加する必要があります。コマンドラインからwgetツールを使ってリポジトリパッケージをダウンロードすることから始めます。

$ wget -c https://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.8.10-1_all.deb 

その後、次のdpkgコマンドを使用してMySQLリポジトリパッケージをインストールします。

$ sudo dpkg -i mysql-apt-config_0.8.10-1_all.deb 

パッケージのインストールプロセスでは、インストール用に設定する MySQL サーバーのバージョンおよびその他のコンポーネント(クラスター、共有クライアントライブラリ、MySQLワークベンチなど)を選択するように求められます。

MySQLサーバーのバージョン mysql-8.0 が自動的に選択されますので、最後のオプション Ok までスクロールし、 [Enter] をクリックして設定を終了します。スクリーンショットに示すように、リリースパッケージのインストール。

ステップ2:Ubuntu 18.04にMySQLサーバーをインストールする

次に、最近追加した MySQL リポジトリを含む、設定したすべてのリポジトリから最新のパッケージ情報をダウンロードします。

$ sudo apt update

次に、次のコマンドを実行して、 MySQL コミュニティサーバー、クライアント、データベース共通ファイルのパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install mysql-server

インストールプロセス中、MySQLサーバーの root ユーザーにパスワードを入力するように求められます。確認のためにパスワードを再入力して [<]を押します。 ] を入力します。

次に、 MySQL サーバー認証プラグイン設定メッセージが表示されますので、それを読み、右矢印を使って Ok を選択し、 [Enter] を押して持続する。

その後、使用するデフォルトの認証プラグインを選択し、右矢印を使用して Ok を選択し、 [Enter] を押してパッケージ設定を完了するように求められます。

ステップ3:MySQLサーバーの安全なインストール

デフォルトでは、 MySQL のインストールは安全ではありません。安全にするために、バイナリパッケージに付属のセキュリティスクリプトを実行してください。インストールプロセス中に設定した root のパスワードを入力するように求められます。次に、パスワードの有効化プラグインを使用するかどうかも選択します。

以前に設定した root のパスワードを変更することもできます(この例のように)。それから yes/y を入力して以下のセキュリティの質問に答えます。

  • Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
  • Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
  • Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
  • Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y

次のコマンドを発行してスクリプトを起動します。

$ sudo mysql_secure_installation

MySQLサーバーをさらにセキュリティで保護するために、Linux用の私達の記事12 MySQL/MariaDBセキュリティベストプラクティスを読んでください。

ステップ4:SystemdによるMySQLサーバーの管理

Ubuntuでは、パッケージをインストールした後、パッケージが設定されると自動的にサービスが開始されます。次のコマンドを使用して、 MySQL サーバーが稼働しているかどうかを確認できます。

$ sudo systemctl status mysql

何らかの理由で自動起動されない場合は、以下のコマンドを使用して起動し、システム起動時に起動できるようにします。

$ sudo systemctl status mysql
$ sudo systemctl enable mysql

ステップ5:追加のMySQL製品とコンポーネントをインストールする

さらに、 mysql-workbench-community libmysqlclient18 MySQL コンポーネントをインストールすることもできます。強い、そして他の多くの。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mysql-workbench-community libmysqlclient18

最後に、 MySQL シェルにアクセスするには、次のコマンドを発行します。

$ sudo mysql -u root -p

詳細については、MySQL 8.0リリースノートを読んでください。

それでおしまい!この記事では、 Ubuntu 18.04 Bioni Beaver MySQL 8.0 をインストールする方法を説明しました。質問や意見がありましたら、下のコメントフォームを使用してご連絡ください。