ウェブサイト検索

Linux で USB ドライブを安全に取り外す方法


Linux システムで USB ドライブを使用する場合は、データの損失や破損を防ぐために、ドライブを適切にアンマウントして取り外すことが重要です。ドライブを適切にアンマウントせずに単にプラグを抜くと、問題が発生する可能性があります。

このガイドでは、Linux コマンド ラインを使用して USB ドライブを安全に取り出すための簡単な手順と重要な安全上のヒントを学びます。

Linux で USB ドライブを識別する

まず、次の lsblk コマンドを実行して、USB ドライブのデバイス名を特定する必要があります。これにより、システムに接続されているすべてのブロック デバイスが一覧表示されます。

lsblk

上記のコマンドは、システムに接続されているすべてのストレージ デバイスを表示します。リストで USB ドライブを探します。通常、/dev/sdX というラベルが付いています。'X' は文字を表します (例: /dev/sdb) /dev/sdc など)。

この例では、USB ドライブは `/dev/sdc` として識別されます。このラベルをメモしておきます。次のステップで必要になります。

Linux で USB ドライブをアンマウントする

次に、USB ドライブのマウント ポイントを指定して次のumount コマンドを実行して、USB ドライブをアンマウントする必要があります。

sudo umount /dev/sdc
lsblk

Linux で USB ドライブを安全に取り外す

ドライブをアンマウントした後、 次のイジェクトコマンドを実行すると、システムから安全に削除できます。

sudo eject /dev/sdc

これにより、USB ドライブの電源が切れ、安全に取り外せるようになります。

USB ドライブを安全に取り外すもう 1 つの方法は、`udisks` パッケージの一部である `udisksctl` コマンドを使用することです。このコマンドは、対話用のコマンドライン インターフェイスを提供します。ストレージデバイスを使用して。

sudo udisksctl unmount -b /dev/sdc

次に、ドライブの電源をオフにします。

sudo udisksctl power-off -b /dev/sdc

これらのコマンドを実行した後、USB ドライブを安全に取り外すことができます。

結論

Linux で USB ドライブを安全に取り外すことは、データの損失や破損を防ぐための重要な手順です。上記の手順に従うと、Linux コマンド ラインを使用して USB ドライブを適切にアンマウントおよび削除できます。

データを失う危険を冒すよりも、時間に余裕を持ってドライブを安全に取り外すほうが良いということを覚えておいてください。