ウェブサイト検索

Tasksel - Debian および Ubuntu にソフトウェア グループを簡単にインストールする


Linux ユーザーが必ず処理しなければならないいくつかのタスクの 1 つは、ソフトウェアのインストールです。特にUbuntuLinux Mintなどの Debian ベースのディストリビューションでは、ソフトウェアのインストールに使用できる方法が 2 つある可能性があります。

1 つ目は、apt-get、apt、aptitude、synaptic などのパッケージ管理ツールを使用して個別のパッケージをインストールすることです。 2 番目の方法はタスクセルを使用する方法です。

Tasksel は、Debian ベースのディストリビューション用に開発されたシンプルで使いやすいツールで、LAMP サーバー などの関連パッケージのグループをインストールできるインターフェイスをユーザーに提供します。 、メール サーバーDNS サーバーなどを、事前に設定された単一のタスクとして実行できます。これはメタパッケージと同様に機能し、タスクセル内のほぼすべてのタスクがメタパッケージに存在することがわかります。

Debian および Ubuntu で Tasksel をインストールして使用する方法

tasksel をインストールするには、以下のコマンドを実行するだけです。

sudo apt-get install tasksel

tasksel をインストールすると、1 つ以上の事前定義されたパッケージのグループをインストールできるようになります。ユーザーはコマンドラインからいくつかの引数を指定して実行する必要があり、インストールするソフトウェアを選択できるグラフィカルユーザーインターフェイスも提供されます。

コマンドラインからtaskselを実行する一般的な構文は次のとおりです。

sudo tasksel install task_name
sudo tasksel remove task_name
sudo tasksel command_line_options

tasksel ユーザー インターフェイスを開始するには、以下のコマンドを実行します。

sudo tasksel

赤いハイライトのないアスタリスク (*) が表示されている場合は、ソフトウェアがすでにインストールされていることを意味します。

1 つ以上のソフトウェアをインストールするには、矢印と矢印を使用して赤い蛍光ペンを移動し、スペースバーを押してソフトウェアを選択します。 Tab キーを使用して <ok> に移動します。

次に、Enter ボタンを押して、以下のスクリーンキャストに示すように、選択したソフトウェアをインストールします。

あるいは、以下のコマンドを使用して、コマンド ラインからすべてのタスクを一覧表示することもできます。リストの最初の列の u (アンインストール済み) はソフトウェアがインストールされていないことを意味し、i (インストール済み) はソフトウェアがインストールされていることを意味することに注意してください。

sudo tasksel --list-tasks 

サンプル出力:

u manual	Manual package selection
u kubuntu-live	Kubuntu live CD
u lubuntu-live	Lubuntu live CD
u ubuntu-gnome-live	Ubuntu GNOME live CD
u ubuntu-live	Ubuntu live CD
u ubuntu-mate-live	Ubuntu MATE Live CD
u ubuntustudio-dvd-live	Ubuntu Studio live DVD
u ubuntustudio-live	Ubuntu Studio live CD
u xubuntu-live	Xubuntu live CD
u cloud-image	Ubuntu Cloud Image (instance)
u dns-server	DNS server
u edubuntu-desktop-gnome	Edubuntu desktop
u kubuntu-desktop	Kubuntu desktop
u kubuntu-full	Kubuntu full
u lamp-server	LAMP server
u lubuntu-core	Lubuntu minimal installation
u lubuntu-desktop	Lubuntu Desktop
u mail-server	Mail server
u mythbuntu-backend-master	Mythbuntu master backend
u mythbuntu-backend-slave	Mythbuntu slave backend
u mythbuntu-desktop	Mythbuntu additional roles
u mythbuntu-frontend	Mythbuntu frontend
u postgresql-server	PostgreSQL database
u samba-server	Samba file server
u tomcat-server	Tomcat Java server
i ubuntu-desktop	Ubuntu desktop
...

すべてのタスクの完全な説明は、/usr/share/tasksel/*.desc および /usr/local/share/tasksel/*.desc ファイルにあります。

LAMPメール サーバーDNS サーバーなどのソフトウェア パッケージのグループをインストールしましょう。

Tasksel を使用して LAMP スタックをインストールする

例として、Ubuntu 22.04 での LAMP (Linux、Apache、MySQL、および PHP) スタックのインストールについて説明します。

ユーザー インターフェイスまたはコマンド ライン オプションを使用できますが、ここでは次のようにコマンド ライン オプションを使用します。

sudo tasksel install lamp-server

Mysql パッケージのインストール中に、root パスワードを設定して Mysql を構成するように求められます。強力で安全なパスワードを入力し、Enter キーを押して続行します。

インストールが完了するまで待ちます。すべてが完了したら、次のように LAMP スタックのインストールをテストできます。

sudo task --list-tasks | grep “lamp-server”

i lamp-server	LAM server

同様に、次のようにメール サーバー または DNS サーバー をインストールすることもできます。

sudo tasksel install mail-server
sudo tasksel install dns-server

その他の使用オプションについては、tasksel パッケージのマニュアル ページを参照してください。

man tasksel

結論として、タスクセルは、ユーザーがDebian/Ubuntu Linux システムにソフトウェアをインストールするためのシンプルで使いやすいインターフェイスです。

しかし、ソフトウェアのインストール方法として、パッケージ管理ツールを使用するのと、Tasksel を使用するのとではどちらが好みですか?ご提案やその他の貴重なフィードバックがございましたら、以下のコメントセクションからお知らせください。