ウェブサイト検索

Fedora 40 に LAMP (Apache、MariaDB、PHP) をインストールする方法


Fedora 40 サーバー エディションをインストールした後、サーバー上で Web サイトをホストしたい場合があります。これを行うには、LAMP スタックと呼ばれる、LinuxApacheMariaDB で構成される信頼性の高いサーバー環境セットアップが必要です。 (MySQL のドロップイン代替品)、およびPHP

このチュートリアルでは、LAMP (LinuxApacheMariaDB) をインストールする手順を説明します。 > および PHP) スタック。これは、Fedora 40 サーバー上にセットアップできる Web サービス ソフトウェアです。

ステップ 1: Fedora システム パッケージの更新

Fedora サーバー をインストールしたら、最初のステップとしてシステム パッケージを更新して、最新のセキュリティ パッチとソフトウェア アップデートを確実に適用します。

sudo dnf update

ステップ 2: Fedora に Apache をインストールする

Apache は、Linux プラットフォーム上で人気があり、最も信頼性の高い Web サーバーであり、Web 上の複数の Web サイトや Web ベースのアプリケーションを強化します。セキュリティ モジュール、サーバー アクセス モジュールなど、さまざまなカテゴリで機能を強化するためのいくつかのモジュールが付属しています。

Apache をインストールするには、端末で次のコマンドを実行します。

sudo dnf install httpd

インストールが完了したら、Apache Web サーバーを実行するためにいくつかのタスクを実行する必要があります。

まず、起動時に自動的に起動するように設定する必要があります。

sudo systemctl enable httpd.service

次に、サービスを開始します。

sudo systemctl start httpd.service

次に、サービスが実行されていることを確認するには、以下のコマンドを発行します。

sudo systemctl status httpd.service

HTTP/HTTPS 経由で Web サーバーにアクセスするには、システム ファイアウォールを介したアクセスを有効にする必要があります。

これを行うには、次のコマンドを実行します。

sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http
sudo firewall-cmd --permanent --add-service=https

次に、次のようにシステム ファイアウォール構成をリロードします。

sudo systemctl reload firewalld

Apache インストールで最後に行うことは、デフォルトの Apache インストール インデックス ページが Web ブラウザに読み込めるかどうかを確認することです。したがって、Web ブラウザを開いて、次のようにサーバー IP アドレスを入力します。

http://server-ip-address

サーバーの IP アドレスがわからない場合は、以下の ip コマンドを使用して見つけることができます。

ip a | grep "inet" 

このページは以下で表示されるはずです。

: Apache のデフォルトのルート ディレクトリは /var/www/html で、ここに Web ファイルをドロップできます。

ステップ 3: Fedora に MariaDB をインストールする

MariaDB は、人気のあるMySQL リレーショナル データベース サーバーのフォークであり、フリー ソフトウェアであり、GPU 一般公衆ライセンスに準拠しています。

Fedora サーバーに MariaDB をインストールするには、以下のコマンドを実行します。

sudo dnf install mariadb-server

インストールが完了したら、システム起動時にサービスが自動的に実行されるようにする必要があります。また、サーバー上でデータベースを作成して使用できるようにするには、サービスを開始する必要があります。

起動時に開始できるようにするには、以下のコマンドを実行します。

sudo systemctl enable mariadb.service  

サービスを開始するには、次のコマンドを使用します。

sudo systemctl start mariadb.service  

次に、次のようにMariaDB サービスが実行されているかどうかを確認します。

sudo systemctl status mariadb.service  

MariaDB がサーバー上で実行されているので、以下のコマンドを使用してそのインストールを保護する必要があります。

sudo mysql_secure_installation

このコマンドを実行すると、いくつかの変更を求める質問が表示されます。次のような変更を加えます。

ステップ 4: Fedora に PHP をインストールする

PHP は、ユーザー リクエストを処理し、Web サーバーとデータベース サーバーに送信するサーバー側スクリプト言語です。

Fedora にPHP をインストールするには、以下のコマンドを使用します。

sudo dnf install php php-common 

PHP が mysql データベースと適切に連携するには、いくつかの PHP モジュールをインストールする必要があるため、以下のコマンドを実行して必要な PHP モジュールをインストールします。

sudo dnf install php-mysqlnd php-gd php-cli php-mbstring

インストール プロセスが完了したら、Apache Web サーバーを再起動する必要があります。これにより、LAMP スタックが完全に動作する前に、すべての変更が有効になります。

Apache を再起動するには、以下のコマンドを実行します。

sudo systemctl restart httpd 

これで、お気に入りのエディタを使用して、すべてをテストできます。次のように、呼び出されるファイル info.php を Apache ルート ディレクトリに作成します。

sudo vi /var/www/html/info.php

ファイルに次の行を追加し、保存して終了します。

<?php
phpinfo()
?>

次に、Web ブラウザを開いて次の URL を入力します。

http://server-ip-address/info.php

すべてが設定されている場合は、以下の PHP 情報を表示できるはずです。

この時点ではすべて問題なく、Fedora サーバーで LAMP を使用できるようになりました。ご質問がございましたら、以下のコメント セクションを使用してご意見を述べてください。常にTecMint とのつながりを保つことを忘れないでください。