Grafana - 分析と監視のためのオープンソースソフトウェア


Grafana は、 Linux Windows 、およびで動作する、オープンソース、機能豊富で、強力で、エレガントで拡張性の高い分析および監視ソフトウェアです。 > MacOS これは、データ分析用の事実上のソフトウェアで、 Stack Overflow eBay PayPal Uber 、そしてデジタルオーシャン - ほんの少しだけですが。

それはある[ MySQL の、ある[ PostgreSQL の、ある[グラファイトの、 30+ のオープンソースだけでなく、商用データベース/データソースをサポートしていますstrong> Elasticsearch 、 OpenTSDB Prometheus InfluxDB 。これにより、大量のリアルタイムの運用データを詳しく調べることができます。視覚化、クエリ、アラートの設定を行い、さまざまな保管場所からのメトリクスから洞察を得ます。

重要なのは、 Grafana では、それぞれが独自の使用環境(管理者、データソース、ダッシュボード、ユーザー)を持つ複数の独立した組織を設定できることです。

  • Elegant graphics for data visualization.
  • Fast and flexible graphs with numerous options.
  • Dynamic and reusable dashboards.
  • It’s highly extensible using hundreds of dashboards and plugins in the official library.
  • Supports power user preferences.
  • Supports multi tenancy, setup multiple independent organizations.
  • Supports authentication via LDAP, Google Auth, Grafana.com, and Github.
  • Supports notifications via Slack, PagerDuty, and more.
  • Remarkably supports collaboration by allowing sharing of data and dashboards across teams and so much more.

Linuxのディストリビューションに Grafana をインストールする前に試すオンラインデモがあります。

Demo URL: http://play.grafana.org/

この記事では、 Grafana - Data Visualizationとそのインストール方法について説明します。ある[ CentOS の、ある[ Debian のある[ Ubuntu のディストリビューション上の監視のソフトウェア。

LinuxシステムにGrafanaをインストールする

1. Googleの公式 YUM または APT リポジトリから Grafana をインストールします。デフォルトのパッケージマネージャ。

$ echo "deb https://packagecloud.io/grafana/stable/debian/ stretch main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
$ curl https://packagecloud.io/gpg.key | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install grafana
# echo "[grafana]
name=grafana
baseurl=https://packagecloud.io/grafana/stable/el/7/$basearch
repo_gpgcheck=1
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packagecloud.io/gpg.key https://grafanarel.s3.amazonaws.com/RPM-GPG-KEY-grafana
sslverify=1
sslcacert=/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt" | sudo tee /etc/yum.repos.d/grafana.repo

# yum install grafana

2. Grafana をインストールすると、次の場所に重要なファイルが見つかります。

  • Installs binary to /usr/sbin/grafana-server
  • Installs Init.d script to /etc/init.d/grafana-server
  • Creates default file (environment vars) to /etc/default/grafana-server
  • Installs configuration file to /etc/grafana/grafana.ini
  • Installs systemd service name grafana-server.service
  • The default configuration sets the log file at /var/log/grafana/grafana.log
  • The default configuration specifies an sqlite3 db at /var/lib/grafana/grafana.db
  • Installs HTML/JS/CSS and other Grafana files at /usr/share/grafana

3. 次に、 Grafana サービスを起動して実行中かどうかを確認し、起動時に次のように自動起動できるようにします。デフォルトでは、プロセスは grafana ユーザー(インストールプロセス中に作成)として実行され、HTTPポート 3000 で待機します。

# systemctl daemon-reload
# systemctl start grafana-server
# systemctl status grafana-server
# systemctl enable grafana-server
# service grafana-server start
# service grafana-server status
# sudo update-rc.d grafana-server defaults  [On Debian/Ubuntu]
# /sbin/chkconfig --add grafana-server      [On CentOS/RHEL/Fedora]

4. デフォルトでファイアウォールが有効になっている場合は、クライアントでgrafanaプロセスへのリクエストを許可するためにファイアウォールでポート 3000 を開く必要があります。

-----------  [On Debian/Ubuntu] -----------
$ sudo ufw allow 3000/tcp
$ sudo ufw reload

-----------  [On CentOS/RHEL/Fedora] -----------  
# firewall-cmd --permanent --add-port=3000/tcp
# firewall-cmd --reload

5. ログインページにリダイレクトされる Grafana にアクセスするには、次のURLを使用します。ユーザー認証情報は username:admin およびになります。 >パスワード:admin

http://Your-Domain.com:3000
OR
http://IP-Address:3000

6. ログイン後、下のスクリーンショットに示すように、ホームダッシュボードにアクセスします。

7. 次に、データベースまたはデータソースを追加し、[データソースを追加]をクリックします。たとえば、 MySQL データベースを追加します。データソース名、タイプ、および接続パラメータを指定します。次に[保存して& A]をクリックします。テスト

スクリーンショットに示すように、データベース接続が成功したか失敗したかが通知されます。その後、ホームダッシュボードに戻って新しいダッシュボードを追加します。

8. [ホーム]ダッシュボードの[新しいダッシュボード]をクリックして、データソースの指標を視覚化するための新しいパネルを追加します。

ここから、さらにデータソース、ダッシュボードを追加したり、チームメンバーを招待したり、アプリケーションやプラグインをインストールしてデフォルトの機能を拡張したりすることができます。

あなたはGrafanaホームページからより多くの情報を見つけることができます:https://grafana.com/

Grafana は、リアルタイムのデータ分析と監視のためのエレガントなソフトウェアです。 GrafanaをあなたのLinuxシステムにうまくインストールできたことを願います。