談話 - コミュニティディスカッションのための現代のフォーラム


談話は、無料でオープンソースの、モダンで、機能が豊富で、注目に値するコミュニティ指向のフォーラムソフトウェアです。これは強力で信頼性があり、柔軟なプラットフォームであり、コミュニティでの議論のための幅広いツールが付属しています。

それはあなたのチーム、顧客、ファン、後援者、観客、ユーザ、支持者、支持者、あるいは友人のためのコミュニティディスカッションプラットフォーム、メーリングリストまたはチャットルームを構築するために設計されています。

  • It’s easy-to-use, a simple and flat.
  • It comes with a built-in mobile layout; has apps for Android and iOS.
  • It comes with all modern forum tools and is highly extensible through plugins.
  • Supports both private ad public conversations.
  • Supports searchable discussions.
  • Customize its look and feel with HTML and CSS theming.
  • Supports email notifications and email replies.
  • Supports various authentication methods such as social networks, single sign on, or oAuth 2.0.
  • Supports emojis and badges.
  • It can be integrated with WordPress, Google Analytics, Zendesk, Patreon, Slack, Matomo, and more.
  • Offers webhooks and simple JSON based comprehensive APIs for further integration.
  • Allows users to mark solutions as the official answer.
  • Allows users to vote up favorite ideas.
  • Also allows users to collaboratively edit with full revision history.
  • Supports assigning of topics to yourself or others.
  • Supports a single-click upgrade, and comes with quick and accurate support, and many other features.

過去2年間、Linux読者をサポートするために談話を使用しています。Linuxシステムにインストールする前に、次のURLでLive Demoをチェックすることができます。

Live Demo URL: http://linuxsay.com/
  1. A dedicated VPS with a registered domain name
  2. A CentOS 7 Server with Minimal Install
  3. A Ubuntu 16.04 Server or Ubuntu 18.04 Server with Minimal Install

談話は、選択したVPSサーバーにデプロイできるオープンソースプロジェクトです。

Linodeから 0 に2GBのRAM VPSを入手できますが、管理されていません。マネージドVPSが必要な場合は、新しいBlueHostプロモーションオファーを使用すると、1つの無料ドメインを使用したホスティングで最大 40% OFFになります。 Managed VPSを入手した場合は、おそらく談話がインストールされます。

この記事では、 CentOS 7 VPS または Docker 画像を使用するなど、公式にサポートされている方法でディスカッションフォーラムをインストールおよび設定する方法について説明します。強い> Ubuntu VPS サーバー。

ステップ1:最新バージョンのGit and Dockerをインストールする

1. サーバーに Docker Git の最新バージョンをインストールし、図のようにダウンロードして実行するためのスクリプトが用意されています。

# wget -qO- https://get.docker.com/ | sh

何らかの理由でスクリプトがシステムで失敗した場合は、次のコマンドを実行して、最新バージョンの Git Docker (公式リポジトリから)をインストールします。

$ sudo apt install git apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu xenial  stable"
$ sudo apt update
$ sudo apt install docker-ce
# yum install -y git yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2
# yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
# yum install docker-ce

2. docker をインストールすると、 Ubuntu/Debian Systemd で自動的に起動します。次のコマンドでサービスの状態を確認できます。

$ sudo systemctl status docker

CentOS/RHEL で、 Docker を起動して有効にし、そのステータスを確認します。

# systemctl start docker
# systemctl enable docker
# systemctl status docker

ステップ2:Linuxサーバーに談話をインストールする

3. 次に/var/discourse ディレクトリを作成し、以下のコマンドを使用して公式のDiscourse Dockerイメージをその中に複製します。

----------- On Debian/Ubuntu ----------- 
$ sudo mkdir /var/discourse
$ sudo git clone https://github.com/discourse/discourse_docker.git /var/discourse
$ cd /var/discourse

----------- On CentOS/RHEL -----------
# mkdir /var/discourse
# git clone https://github.com/discourse/discourse_docker.git /var/discourse
# cd /var/discourse

4. 以下のコマンドを使用して談話設定スクリプトを実行します。

$ sudo ./discourse-setup 
OR
# ./discourse-setup 

上記のコマンドを実行すると、スクリプトはシステムの要件を検証しようとします。その後、以下の質問に答え、正しい値を入力し、後でそれらを設定して app.yml 設定ファイルを自動生成するように求められます。

Hostname for your Discourse? [discourse.example.com]: forum.tecmint.lan 
Email address for admin account(s)? [[email protected]]: admin.tecmint.lan
SMTP server address? [smtp.example.com]: smtp.tecmint.lan
SMTP port? [587]: 587
SMTP user name? [[email protected]]: [email protected]
SMTP password? []: password-here
Let's Encrypt account email? (ENTER to skip) [[email protected]]: 

設定ファイルが更新されると、談話基本イメージのダウンロードが開始されます。インターネット接続の速度に応じて、セットアップ全体に 10 分から30分かかることがあります。ただ座って、それが完了するのを待ちます。

5. 設定が完了すると、談話コンテナが起動します。確認するには、次のコマンドを使用して、実行中のすべてのdockerコンテナを確認します。

$ sudo docker container ls -a
OR
# docker container ls -a

ステップ3:談話コンテナー用にNginxを構成する

6. このステップでは、 Nginx Webサーバーとリバースプロキシ(これはコンテナの外側のWebサーバーです)をの前で実行するように設定できます。 >談話コンテナ。これにより、同じサーバー上で他のWebサイトやアプリを談話コンテナーと共に実行することができます。

次のコマンドを使用して、最初に実行中の談話コンテナーを停止します。

$ sudo ./launcher stop app
OR
# ./launcher stop app

7. 次に、談話コンテナー設定ファイル /var/discourse/containers/app.yml を変更して、ポート以外の特別なファイルで待機するように設定します 80

$ sudo vim containers/app.yml
OR
# vim containers/app.yml

次に、 template セクションを以下のように修正します。

templates:
  - "templates/cron.template.yml"
  - "templates/postgres.template.yml"
  - "templates/redis.template.yml"
  - "templates/sshd.template.yml"
  - "templates/web.template.yml"
  - "templates/web.ratelimited.template.yml"
- "templates/web.socketed.template.yml"

スクリーンショットのように expose セクションをコメントアウトします。

8. 次に、 /etc/nginx/conf.dで談話のリクエストを代理するように Nginx サーバーブロックを設定する必要があります。 /discourse.conf または /etc/nginx/sites-enabled/discourse.conf ファイル。

$ sudo vim /etc/nginx/conf.d/discourse.conf
OR
# vim /etc/nginx/conf.d/discourse.conf

これらの設定を追加します( forum.tecmint.lan の代わりに独自のドメイン名を使用します)。

server {
        listen 80;
        server_name  forum.tecmint.lan;

        location / {
                proxy_pass http://unix:/var/discourse/shared/standalone/nginx.http.sock:;
                proxy_set_header Host $http_host;
                proxy_http_version 1.1;
                proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
                proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
        }
}

変更を保存してファイルを終了します。次に、Nginx Webサーバーの設定に構文エラーがないか確認し、問題なければWebサーバーを起動します。

$ sudo nginx -t
$ sudo systemctl start nginx
OR
# systemctl start nginx

9. これで、最近行った変更を適用するためにDiscourseコンテナーを再構築し(古いコンテナーを削除します)、そして上流サーバーを検出するためにNginxサービスを再起動します。

$ sudo ./launcher rebuild app
$ sudo systemctl restart nginx
OR
# ./launcher rebuild app
# systemctl restart nginx

ステップ4:談話フォーラムWeb UIへのアクセス

10. すべての設定が完了したら、上記で設定したドメイン名を使用してウェブブラウザから談話にアクセスできます(この例ではGoogleが使用しています)。 forum.tecmint.lan と呼ばれるダミードメイン。

テストシステムで/etc/hosts ファイルを使用してローカルDNSを設定しました( 192.168.8.105 はローカルネットワーク上のサーバーアドレスです)。

次のURLを入力して談話にアクセスし、[登録]をクリックして新しい管理者アカウントを作成します。

http://forum.tecmint.lan

11. 次に、使用するメールアドレス(談話の設定中に複数を指定した場合)、ユーザー名、パスワードを選択し、登録をクリックして新しい管理者を作成しますアカウント。

12. 次に、前の手順でアカウント確認のEメールが選択したEメールアドレスに送信されます(談話の設定中に複数を指定した場合)。 Eメールを受け取れない場合は、Eメールシステムが正しく機能していることを確認するか(postfixメールサーバーをインストールする)、またはスパムフォルダを確認してください。

確認リンクをクリックして、[談話へようこそ]ページを表示します。アカウントを有効にして、使用する言語などの談話のデフォルトオプションを設定し、談話管理者アカウントにアクセスしてディスカッションフォーラムを管理します。

あなたは談話ウェブサイトから追加情報を見つけることができます:

それは今のところすべてです! 談話は、さまざまなツールを備えた、オープンでモダンで機能豊富なコミュニティディスカッションソフトウェアです。下記のコメントフォームを使用して、インストールプロセスに関する質問を共有したり、この素晴らしいフォーラムソフトウェアについてご意見をお寄せください。

談話コミュニティフォーラムソフトウェアをインストールするユーザーをお探しの場合は、Googleで検討してください。電子メールによる14日間の無料サポートで、最低限の料金でさまざまなLinuxサービスを提供しています。今すぐインストールをリクエストしてください。