Zammad - オープンソースのヘルプデスクとサポートチケットシステム


ある[ Zammad は、ヘルプデスクや顧客サポートのための無料のオープンソース、フル機能のWebベースの発券システムです。ソーシャルネットワーク( Facebook および Twitter )、ライブチャット、電子メール、電話などのさまざまなチャネルを通じて顧客とのコミュニケーションを処理するための多数の機能が付属しています。電話システムを送受信通話に統合するためのAPIがあります。

  • Supports full-text search.
  • Has flexible text modules.
  • Immediately reports changes to objects.
  • Supports auto-save.
  • Supports individual escalation or setting client solution time limit.
  • It is auditable and often used in banks.
  • Allows for creation of individual overviews.
  • Supports various security mechanisms such as device-logging and two-factor-authentication.
  • Provides a customer interface, where they can track the current editing at any time.
  • Supports external authentication via Twitter, Facebook, LinkedIn or Google via OAuth.
  • Supports nine languages and so much more.
  • Ruby 2.4.2
  • Database: PostgresSQL (supported by default), MariaDB or MySQL
  • Reverse Proxy: Nginx (supported by default) or Apache.
  • Elasticsearch for excellent search performance
  • A registered domain name.
  • A dedicated VPS with any of the following Linux OS:
    1. A CentOS 7 Server with Minimal Install
    2. A Ubuntu 16.04 Server with Minimal Install
    3. A Debian 9 Server with Minimal Install

Zammad は、選択したVPSサーバーにデプロイできるオープンソースプロジェクトです。

Linodeから 0 に2GBのRAM VPSを入手できますが、管理されていません。マネージドVPSが必要な場合は、新しいBlueHostプロモーションオファーを使用すると、1つの無料ドメインを使用したホスティングで最大 40% OFFになります。 Managed VPSを入手した場合は、おそらく Zammad がインストールされます。

この記事では、 CentOS/RHEL 7 Ubuntu 16.04 Zammad オープンソースヘルプデスク/カスタマーサポート発券システムをインストールして設定する方法について説明します。 Debian 9 サーバー。

手順1:システム上でシステムロケールを構成する

1. Zammad UTF-8 ロケールを使用します。それ以外の場合、 PostgreSQL などのパッケージはインストールされません。それぞれのLinuxディストリビューションで次のコマンドを使用してシステムのロケールを確認してください。

# locale

LANG=en_IN
LC_CTYPE="en_IN"
LC_NUMERIC="en_IN"
LC_TIME="en_IN"
LC_COLLATE="en_IN"
LC_MONETARY="en_IN"
LC_MESSAGES="en_IN"
LC_PAPER="en_IN"
LC_NAME="en_IN"
LC_ADDRESS="en_IN"
LC_TELEPHONE="en_IN"
LC_MEASUREMENT="en_IN"
LC_IDENTIFICATION="en_IN"
LC_ALL=

上記の出力に UTF-8 がない場合は、次のコマンドを使用して新しいロケールを設定する必要があります。

# localectl set-locale LANG=en_US.UTF-8
# locale status

System Locale: LANG=en_US.UTF-8
       VC Keymap: us
      X11 Layout: us

ステップ2:システムにElasticsearchをインストールする

2. 使用しているLinuxディストリビューションに応じて、次のコマンドを使用して Elasticsearch をインストールします。

# rpm --import https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
# echo "[elasticsearch-5.x]
name=Elasticsearch repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md" | sudo tee /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo

# yum -y install java elasticsearch
# /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install ingest-attachment
# systemctl daemon-reload
# systemctl enable elasticsearch
# systemctl start elasticsearch
# systemctl status elasticsearch
# echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/apt stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/elastic-5.x.list
# wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -
# apt-get update
# apt-get install openjdk-8-jre elasticsearch
# /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install ingest-attachment
# systemctl restart elasticsearch
# systemctl enable elasticsearch
# systemctl status elasticsearch
# apt-get install apt-transport-https sudo wget
# echo "deb http://ftp.debian.org/debian jessie-backports main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/debian-backports.list
# echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/apt stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/elastic-5.x.list
# wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -
# apt-get update
# apt-get install -t jessie-backports openjdk-8-jre
# apt-get install elasticsearch
# /var/lib/dpkg/info/ca-certificates-java.postinst configure
# /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install ingest-attachment
# systemctl restart elasticsearch
# systemctl enable elasticsearch
# systemctl status elasticsearch

ステップ3:Zammad Support Ticket Systemをインストールする

3. Elasticsearch がインストールされたら、 Zammad をインストールするための Zammad 公式リポジトリを追加できます。ディストリビューションに応じて次のコマンドを使用して、このリポジトリから Nginx HTTP サーバー、 PostgreSQL などの必要なパッケージをインストールします。

# yum -y install epel-release wget
# wget -O /etc/yum.repos.d/zammad.repo https://dl.packager.io/srv/zammad/zammad/stable/installer/el/7.repo
# yum -y install zammad
# wget -qO- https://dl.packager.io/srv/zammad/zammad/key | sudo apt-key add -
# wget -O /etc/apt/sources.list.d/zammad.list https://dl.packager.io/srv/zammad/zammad/stable/installer/ubuntu/16.04.repo
# apt-get update
# apt-get install zammad
# wget -qO- https://dl.packager.io/srv/zammad/zammad/key | sudo apt-key add -
# wget -O /etc/apt/sources.list.d/zammad.list https://dl.packager.io/srv/zammad/zammad/stable/installer/debian/9.repo
# apt-get update
# apt-get install zammad

4. Zammad がインストールされると、そのすべてのパッケージは/opt/zammad (デフォルトのベースディレクトリ)およびすべてのZammadサービスにあります( zammad zammad-web zammad-worker zammad-websocket )は自動的に開始され、表示できます以下のコマンドを使用してそれらの状況を確認してください。

#systemctl status zammad
#systemctl status zammad-web
#systemctl status zammad-worker
#systemctl status zammad-websocket

5. 以下のコマンドを使用して、他のsystemdサービスと同様にこれらのサービスを管理(再起動、停止、開始、無効化、有効化など)することもできます。

--------- Zammad Server --------- 
# systemctl status zammad
# systemctl stop zammad
# systemctl start zammad
# systemctl restart zammad
--------- Zammad Web Application Server ---------
# systemctl status zammad-web
# systemctl stop zammad-web
# systemctl start zammad-web
# systemctl restart zammad-web
--------- Zammad Worker Process ---------
# systemctl status zammad-worker
# systemctl stop zammad-worker
# systemctl start zammad-worker
# systemctl restart zammad-worker
--------- Zammad Websocket Server ---------
# systemctl status zammad-websocket
# systemctl stop zammad-websocket
# systemctl start zammad-websocket
# systemctl restart zammad-websocket

ステップ4:NginxとPostgreSQLのサービスを確認する

6. Nginx ウェブサーバーが自動的に起動し、 Zammad のサーバーブロックが作成され、/etc/nginxに自動設定されます/conf.d/zammad.conf 、次のコマンドを使用して確認します。

# cat /etc/nginx/conf.d/zammad.conf
# systemctl status nginx

7. PostgreSQL データベースサーバーも自動起動され、 Zammad と連携するように設定されており、次のコマンドを使用して確認できます。

# systemctl status postgresql

ステップ5:Zammad用にNginxサーバーブロックを構成する

8. Zammad用にnginxサーバーブロックを設定しましょう。設定ファイルを開きます。

# vi /etc/nginx/conf.d/zammad.conf

図のように、サーバー名ディレクティブに完全修飾ドメイン名またはパブリックIPを追加します。

server {
    listen 80;

    # replace 'localhost' with your fqdn if you want to use zammad from remote
    server_name domain.com;

変更を保存してファイルを終了します。その後、最近の変更を有効にするためにNginxサービスを再起動します。

# systemctl restart nginx

# setsebool httpd_can_network_connect on -P
# firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent
# firewall-cmd --zone=public --add-service=https --permanent
# firewall-cmd --reload

ステップ6:Webインストーラを介してZammadをインストールする

9. すべての設定が完了したら、次のURLのウェブブラウザから Zammad インストールにアクセスできます。

http://example.com
OR
http://Public-IP

ウェブインターフェースが起動したら、[新しいシステムを設定]というメッセージが表示されますので、クリックして続行します。

10. 次に、 Zammad 管理者アカウントを作成し、必要な詳細を入力して[作成]をクリックします。

13. 次に、組織を作成してロゴをアップロードし、完了したら[次へ]をクリックします。

11. 次に、 Zammad メールサービスを設定します。ローカルサーバー設定を使用するか、別の発信STMPサーバーを設定することができます。次に、[続行]をクリックします。

12. 次のインターフェースでは、 Connect Channels を設定するか、[スキップ]をクリックして後で設定できます。

13. 設定が完了したら次のスクリーンショットに示すように、 Zammadヘルプデスクダッシュボードにリダイレクトされます。ここから、ヘルプデスクまたはカスタマーサポートシステムを完全にセットアップして管理できます。

詳細については、Zammadのホームページにアクセスしてください。https://zammad.org/

それで全部です!ある[ Zammad は、ヘルプデスクや顧客サポートのための強力なWebベースの発券システムです。インストール中に問題が発生した場合は、以下のフィードバックフォームを使用して質問を共有してください。

Zammad サポート発券ソフトウェアをインストールするユーザーをお探しの場合は、Googleで検討してください。さまざまなLinuxサービスを最低限の料金で14日間無料で電子メールでサポートしています。今すぐインストールをリクエストしてください。