ウェブサイト検索

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.1 リリース - クイックレビューとインストール手順


Red Hat Enterprise Linux は一般的には RHEL と呼ばれますが、正式には略されず、商用の観点から開発された Linux ディストリビューションです。 Red Hat Enterprise Linux はソース コードを無料で提供していますが、公式にサポートされている Red Hat Enterprise Linux バージョンの無料再配布を常にチェックしてください。 CentOS、Oracle Linux、Scientific Linux など、すべてのサードパーティ派生製品およびコミュニティでサポートされているディストリビューションは、フリーでないコンポーネントと Red Hat の商標を削除することにより、ディストリビューションを構築および再配布します。

Red Hat は、サーバー、デスクトップ、アカデミック、エントリーレベル サーバー (ES)、アドバンスト サーバー (AS)、ワークステーション (WS) などのさまざまなエディションでディストリビューションをリリースしています。この製品は商用中心であるため、無料です。スピーチではあるが、ビールのように自由ではない。

Red Hat Enterprise Linux 7、コードネーム「Maipo」は、2014 年 6 月 10 日にリリースされました。これは、Fedora core 19、アップストリームの Linux Kernel 3.10、Gnome 3.8、および Systemd 108 に基づいています。 Red Hat のライフサイクルEnterprise Linux は 10 年になります。

最新の安定版リリースの最初のポイント アップデートは、2015 年 3 月 6 日にリリースされました。Red Hat Enterprise Linux 7.1 は、相互運用性が強化され、開発ツールと展開ツールが改善されているだけでなく、次のレベルのセキュリティとパフォーマンス、安定性、レッドを備えています。 Hat サポート、Active Directory 環境の機能改善、Microsoft Windows ファイルおよびプリント サーバーへのアクセスがリストに追加されます。

RHEL 7.1の特徴

世界をリードするエンタープライズ オペレーティング システムには、いくつかの改良と機能強化が加えられています。以下は、業界のユースケースに役立つ最も重要な改善点のリストです。

  1. x86_64 AMD、x86_64 Intel、IBM Power 7、Power 8、および System z のアーキテクチャで使用できます。 Red Hat Enterprise Linux 7.1 のインストールは、x86_64 ボックスでのみサポートされていますが、x86 プロセッサ上で仮想マシンとして実行できます。
  2. ネットワーク ブートとインストール メディアには GRUB2 ブート ローダーが搭載されています。
  3. カーネルの一部である Turbostat ツールが更新され、新しいプロセッサをサポートします。
  4. インストーラー Anaconda が更新され、インストールが改善されました。
  5. カーネル クラッシュ ダンプに使用される Kdump がインストール画面から設定できるようになりました。以前は、最初の起動時に構成できましたが、それ以前には構成できませんでした。また、kdump は Red Hat Enterprise Linux で最大 6TB の大容量メモリを搭載します。
  6. 手動パーティショニングは、コントロールの位置を少し変更することで改善されました。
  7. ネットワーク ブリッジは、ネットワークとホスト名インターフェイスから設定できるようになりました。
  8. # anaconda -h オプションを使用して、コマンド ラインで Anaconda のヘルプを表示します。
  9. 256 ビットのランダム データを使用して、暗号化されたパーティションと論理ボリュームを保護します。
  10. グラフィカルインストール画面でヘルプを表示します。
  11. LVM キャッシュのサポート – 小型の高速デバイスを使用して、より大型で低速なデバイスのキャッシュとして機能する論理ボリュームを作成します。
  12. Btrfs ファイル システムはテクニカル プレビューとしてサポートされており、高度で信頼性が高く、管理可能でスケーラブルな機能を提供します。
  13. Kpatchが導入されました。テクノロジー プレビューとして導入された動的カーネル パッチ適用ユーティリティ。
  14. 複数の CPU で有効になっているクラッシュカーネルの起動がテクノロジー プレビューとしてサポートされています。
  15. dm-era では、Device Mapper ターゲットがテクノロジー プレビューとして導入されました。ユーザー定義の期間「時代」内にどのブロックが書き込まれたかを追跡します。
  16. スケジューラの負荷分散パフォーマンスの向上。
  17. 決定論的ランダム ビット ジェネレーター。x86 ベースのマシンで動作するように更新されました。
  18. KVM の仮想 CPU (vCPU) の数が最大 240 に増加しました。
  19. USB 3.0 サポートがテクノロジー プレビューとして KVM で有効になりました。
  20. ワンタイムパスワード認証の二要素認証アプリケーションにFreeOTPをサポート。
  21. Red Hat High Availability は次の段階に改善されました。
  22. 既存の java-1.7.0-openjdk と並行して Open JDK 8 がサポートされます。
  23. Trusted Network Connect 機能がテクノロジープレビューとして追加されました。
  24. ネットワークマネージャーを更新しました
  25. 仮想トンネル インターフェイス (VTI) のサポートが含まれています。
  26. Red Hat Enterprise Linux は、Docker プロジェクト バージョン 1.4.1 に同梱されています。Linux コンテナ内にアプリケーションをデプロイします。
  27. SSSD は Common Internet File System (CISF) 用に統合されています。
  28. 権限のないユーザーのドメインへのアクセスを制限します。
  29. SELinux ポリシーが更新されました。
  30. OpenSSH が更新され、systemd サポートが改善されました。
  31. Mozilla Thunderbird – Evolution の代替手段が追加されました。
  32. AD sudo プロバイダーと LDAP プロバイダーを使用した次のレベルのセキュリティの実装。

RHEL 7.1 DVD ISO イメージのダウンロード

Red Hat Enterprise Linux は商用ディストリビューションなので、無料でダウンロードして使用することはできません。購読料を支払う必要があります。エディションが異なるとサブスクリプション料金も異なります。有効なサブスクリプションをお持ちの場合は、公式 Web サイトにログインし、そこからディストリビューションをダウンロードできます。

公式サイトからログインしてダウンロードするためのリンクは次のとおりです。

  1. https://idp.redhat.com/idp/

サブスクリプションをお持ちでないが購入したい場合は、以下のリンクを参照してください。

  1. https://www.redhat.com/wapps/store/catalog.html

または、以下のリンクから 30 日間の評価版を無料でダウンロードしてテストすることもできます。

  1. https://access.redhat.com/products/red-hat-enterprise-linux/evaluation

Red Hat Enterprise Linux 7.1のインストール

1. RHEL 7.1 DVD バイナリ ISO イメージをダウンロードした後、それを CD/DVD メディアに書き込むか、Unetbootin LiveUSB Creator を使用してブータブル USB メディアを作成します。

2. Red Hat Enterprise Linux 7.1 のブート可能な DVD または USB をシステムに挿入し、BIOS から DVD からブートするか USB からブートするかを選択します。ようこそ画面が表示されます。

3. デフォルトでインストール メディアを確認します。 「ESC」キーを押すとこれをキャンセルできます。

4. インストール メディアのチェックが中断または成功した後、インストーラーが開始されます。

5. インストール言語を選択します。使いやすい言語を選択してください。ただし、 常に英語にこだわるのは良いことです。 [続行] をクリックします…

6. インストール概要インターフェイス。ここでは、日付と時刻、キーボード、言語サポート、インストール サポート、ソフトウェアの選択、インストール先、Kdump、ネットワーク、およびホスト名を変更できます。

7. 地理的位置に応じて日付と時刻を設定し、[完了] をクリックします。

8. [インストールする追加言語] を選択し、[完了] をクリックします。

9. インストール ソースを変更します (必須ではありません)。追加のリポジトリをここに追加し、他のリポジトリを http 経由で追加します。これらについてよくわからない場合は、[自動検出されたインストール メディア] を選択し、[完了] をクリックしてください。

10. ソフトウェア選択インターフェイス。運用環境では、基本インストールでシステムをインストールする「最小インストール」を常に選択する必要があります。この方法では、インストールするソフトウェアを選択することができ、余分なものは何もないため、より高度なカスタマイズが可能になります。

この例では、後で GUI のインストールに時間を費やしたくなかったし、このインストールを運用環境で使用する予定がないため、GUI を使用してインストールすることを選択しました。あくまで試乗です。続行するには [完了] をクリックします。

11. OS をインストールするデバイスを選択します。このインターフェースからデータを暗号化するオプションがあります。手動パーティショニングだけでなく自動でパーティショニングを構成するオプションもあります。

自動パーティショニングはすべてを行ってくれますが、手動パーティショニングのようなレベルのカスタマイズはできません。ここでは「パーティション分割を構成します」 (手動パーティション化) を選択しました。デバイスを選択し、「完了」をクリックします。

12. 複数のパーティショニング、RAID および SAN デバイスを追加できます。必要がない場合は、「完了」をクリックしてください。

13. ディスクを手動でパーティション分割します。

14. + 記号をクリックして、新しいマウント ポイント (/boot) を追加します。希望の容量を入力し、クリックしてマウント ポイントを追加します。

15. 次に、/boot パーティション設定ウィンドウです。ファイルシステムをxfsからext4に変更します。

16. + 記号をクリックして別のマウント ポイント (/) を追加し、それに希望の容量を追加します。最後に、 マウント ポイントを追加をクリックします。

17. ファイル システムを再度 ext4 に変更し、設定を更新します。

18. スワップ マウント ポイントを作成します。 + アイコンをクリックしてスワップをマウント ポイントとして追加し、必要な容量を入力します。最後に「希望する容量」をクリックします。

19. 必要に応じて、このウィンドウからスワップ パーティション設定を更新します。

20. ディスクに加えた変更を受け入れる時間です。

21. このウィンドウからネットワークとホスト名を有効にします。必要に応じて接続を構成できます。

22. [インストール概要] ウィンドウに戻ります。すべて大丈夫に見えます。インストールを開始します。

23. パッケージがインストールされています。 Windows はルートパスワードが設定されておらず、現時点ではユーザーが作成されていないことを示しています。

24. インストールのどの時点でも、いつでもヘルプ (Yelp ブラウザ) が表示され、非常に詳しく文書化されています。

25. root パスワードを作成します。

26. ユーザー アカウントとパスワードを作成します。

27. 設定ウィンドウに戻ります。現在、問題は見当たりません。

28. インストールは正常に完了しました。リブート。

29. インストールが成功すると、起動画面が表示されます。

30. 最初の起動時 – ライセンスが受け入れられません。ライセンスに同意する必要があります。

31. [使用許諾契約に同意します] をクリックして完了です。

32. [ライセンス情報] ウィンドウに戻ると、[ライセンスが受け入れられました] と表示されます。ここから前に進むことができます。

33. サブスクリプションをお持ちの場合は、ここで登録するか、[いいえ] をクリックしてください。後で登録することをお勧めします。

34. Red Hat Enterprise Linux 7.1 のログイン ウィンドウ。

35. ログインに成功すると、選択した言語を設定するための非常に小さな設定画面が表示されます。

そして最後に「ありがとう」のメッセージ。 「Red Hat Enterprise Linux Server の使用を開始する」をクリックします。

36. デスクトップ – クリーンで効果的。Red Hat リリースと OS リリースを確認してください。

37. ネットワークに接続されました (Ping)。

テスト中にいくつかのバグが発生しました

  1. DVD または ISO イメージからインストールする場合、特定の条件下でネットワーク接続が構成され有効になると、ネットワーク スポークにすべての IP アドレスが表示されるわけではありません。
  2. ネットワーク方法で接続が必要な場合を除き、ネットワーク デバイスは自動的に有効になりません。
  3. IPv6 のみの構成では、IPv6 ソースから手動でグラフィカルにインストールした後、ネットワーク インターフェイスが起動しません。
  4. 物理ネットワーク インターフェイスを介して接続された複数の iSCSI ストレージ ターゲットを備えたインストール システムでは、インストールがハングします。
  5. 画面解像度が 1024×768 未満の手動インストールでは、特定のコントロールにアクセスできなくなります。
  6. 特定の状況下では、カーネルの非メモリ アクセス機能が正しく動作しません。
  7. NIC がダウンしているときに特定のパラメータを変更すると、システムが応答しなくなります。
  8. テキスト インストールでフルネームのみを設定するか、ユーザー名を設定しない場合は、root パスワードを設定する必要はありません。その結果、ユーザーも root もログインできなくなります。
  9. 最初の起動時の戻るボタンのコントロールが正常に機能しません。
  10. 7 つを超える PCI ブリッジをネストすると、セグメンテーション フォールト エラーが発生することが知られています。
  11. Systemct1 は、サービスが正常に開始、停止、または再起動されたかどうかを出力しません。
  12. Spice-server は時々ビデオ ストリームを認識できないことがあります。
  13. バグにより、Lenevo ラップトップの特定のモデルで X.Org と X サーバーがクラッシュします。
  14. Icedtea-web Java プラグインが Firefox にロードされません。

結論

Red Hat Enterprise Linux 7.1 には、すぐに使えるいくつかの機能が備わっています。次のレベルのセキュリティ実装、細かい設定、安定性、信頼性、パフォーマンスの向上と、信頼できる Red Hat サポート。開発者、管理者、システムアーキテクトは、革新的な方法でリソースをより効率的に管理できます。