ウェブサイト検索

XenServer ネットワーク (LACP ボンディング、VLAN、およびボンディング) 構成 - パート 3


このシリーズの第 3 部では、XenServer のネットワーク構成について説明します。 XenServer のネットワークは、最初は理解するのが少し難しいことがよくありますが、実際には非常に簡単です。構成前の最初のタスクは、ネットワーキングに関して XenServer で使用される新しい用語をすべて理解することです。

更新: 2016 年 5 月に、Citrix は XenServer 7 プラットフォームの新しいバージョンをリリースしました。インストール方法は次のとおりです: XenServer 7 の新規インストール。

こちらもお読みください:

XenServer のインストールと構成 – パート 1

XenServer の重要なパッチのインストール – パート 2

仮想化プラットフォームとしての XenServer は、XenServer 自体が接続されている実際の物理ネットワーク上の物理インターフェイスまたはネットワークにマッピングする必要があるゲスト用の仮想インターフェイスを導入します。このマッピングは、しばしば混乱を引き起こす原因となります。それでは、これらの新しい用語と、それらの用語によってゲストが XenServer に接続されている実際の物理ネットワークとどのように対話できるようになるかを見てみましょう。

XenServer では、ネットワークに関して 3 つの新しい用語が導入されています。 1 つ目は、従来のネットワーク インターフェイス カード (NIC) の単なる変形であるため、一般に最も理解しやすいものです。 XenServer では、システムの実際の物理 NIC は、物理インターフェイス、またはその頭字語「PIF」と呼ばれることがよくあります。

XenServer が使用する 2 番目の用語は、仮想インターフェイス、またはより一般的にはその頭字語「VIF」として知られています。これらの仮想インターフェイスは、XenServer 上で実行されているゲスト (仮想マシン) に接続されるネットワーク インターフェイス カードを表します。

XenServer ネットワーキングについて話すときによく使用される 3 番目の用語はXen ブリッジで、その頭字語はさまざまですが、通常は「xenbr0」と表されます。これらのブリッジは XenServer のインストール時に作成され、インストール中に検出される PIF (物理インターフェイス) ごとに 1 つ作成されます。これらのブリッジは、VIF (仮想インターフェイス) が PIF (物理インターフェイス) を介して通信できるようにするために使用されます。

用語の説明は終わりましたが、仮想インターフェイスを使用する場合には特別な注意事項がいくつかあります。仮想インターフェイスはゲストをネットワークに接続するために使用されるため、これらのインターフェイスに何が必要かを理解することが重要です。多くの人を悩ませることになる 1 つの注意点は、ゲストが XenServer から 2 つの実際のネットワークに接続する必要がある場合です。

このタスクを実行するには、仮想マシン (ゲスト) に 2 つの VIF (仮想インターフェイス) を接続し、それぞれが適切なネットワーク上に存在できるようにする必要があります。これには、ゲストが適切なインターフェイスを介して通信できるようにするために、ゲストのルーティング テーブルもある程度操作する必要があります。

仮想インターフェイスに関するもう 1 つの注意点は、 それぞれに独自のメディア アクセス コントロール アドレスまたは MAC アドレスが必要であることです。 XenServer は、ランダムに生成された MAC アドレスを自動的に割り当てることも、管理者が手動で割り当てることもできます。

最後の数段落では、XenServer 内の多くのネットワーク概念を大幅に凝縮しました。読むことは、図面を見たり実際に構成したりすることほど理解しにくい場合があります。

以下は、XenServer ネットワーキングの実際の構成の前に導入された概念をカバーしようとする図です。

図 1 は、XenServer ネットワーキングに関連する主要な用語を紹介しています。用語の説明は終わりましたので、XenServer ホストとゲストの接続を可能にする物理インターフェイスの構成を開始します。

通常、XenServer には管理トラフィック用のインターフェイスとゲスト トラフィック用のインターフェイスが必要ですが、このガイドでは、リンク アグリゲーションだけでなく冗長性のためのボンドを設定する方法も説明します。

そのため、このガイドでは、XenServer ホストの物理配線について次のことを前提としています。

  1. サーバーには合計 4 つの PIF (物理インターフェイス) があります。
  2. 最初の 2 つの PIF インターフェイスはスイッチに接続されており、LACP 経由で集約されます (ガイドでは XenServer 側でこれについて説明しますが、LACP ではスイッチ側も構成する必要があります)。
  3. 残りの 2 つの PIF インターフェイスはスイッチに配線され、同じネットワーク上にあり、管理トラフィックとストレージ トラフィックに使用されます。
  4. 残りの PIF インターフェイスは、アクティブ/フェールオーバー セットアップでセットアップされます。