ウェブサイト検索

「Tmux ターミナル」を使用して単一のコンソール内の複数のターミナルにアクセスする方法


システム管理者は多くの場合、複数のコンソールで作業する必要があるため、キーボード ショートカットまたはマウスのクリックで、あるコンソールから別のコンソールに瞬時に切り替えることができる機能を高く評価しています。

これを行うには、GNOME ベースのデスクトップ Linux ディストリビューションでターミネーターと呼ばれるツールをインストールできます。これは、異なるタスクのために 1 つのウィンドウを複数のターミナルに分割する効率的な方法を提供します。

Terminator – 複数の Linux タスク用の複数のターミナル ウィンドウを管理する

ただし、特に CLI のみのサーバーの前にいる場合、またはデスクトップ ディストリビューションで X Windows システムがクラッシュした場合には、考慮する必要がある他のオプションがあります。さらに、Linux Foundation Certified System Administrator、Linux Foundation Certified Engineer などの認定プログラムは、それぞれの試験に対してコマンド ライン インターフェイスのみを提供します。

この記事では、よく知られた GNU 画面ユーティリティのシンプルで最新の代替手段である tmux (ターミナル MUltipleXer の略) を紹介します。単一の端末から複数の端末 (またはウィンドウ) を制御します。このツールは、CLI のみの環境とデスクトップ ディストリビューションのターミナル エミュレータ内の両方で動作します。

さらに、複数の tmux セッションを作成できるため、作業をさまざまな領域に整理して生産性を向上させることができます。

更新: ここでは、マルチユーザー端末をより簡単かつ強力にするために tmux を改良した wemux に関する別の記事を紹介します。これにより、ユーザーは新しい wemux サーバーを開始し、他のユーザーをどちらかに参加させることができます。詳細については、以下を参照してください。

Tmux/Terminator を使用して Wemux をセットアップして Linux ターミナルのリモート表示を可能にする

Linux への tmux ターミナル マルチプレクサのインストール

tmux をインストールするには、標準のパッケージ管理システムを使用できます。

CentOS/RHEL/Fedora の場合 (ベース リポジトリに含まれます):

yum update && yum install tmux

Debian (安定版の管理パッケージセクションから) および派生製品:

aptitude update && aptitude install tmux

tmux をインストールしたら、その機能を見てみましょう。

tmux ターミナル マルチプレクサの概要

dev という名前の新しい tmux セッション (tmux によって管理される個々のコンソールのコンテナ) を開始するには、次のように入力します。

tmux new -s dev

画面の下部に、現在参加しているセッションのインジケーターが表示されます。

次に、次のことができます。

    1. Ctrl+b+" を使用して水平に分割し、Ctrl+b+% を使用して垂直に分割して、ターミナルを必要な数のペインに分割します。各ペインは個別のコンソールを表します。
    2. Ctrl+b+left+up+right、または +down キーボードを使用して別のキーボードに移動します。矢印、同じ方向に移動します。
    3. ペインのサイズを変更するには、Ctrl+b を押しながら、アクティブなペインの境界を移動したい方向にキーボードの矢印の 1 つを押します。
    4. Ctrl+b+t を押すと、アクティブなペイン内に現在時刻が表示されます。
    5. 削除するペイン内にカーソルを置き、Ctrl+b+x を押してペインを閉じます。この操作を確認するよう求められます。
    6. Ctrl+b+d を押して、現在のセッションから切断します (通常のターミナルに戻ります)。
    7. admin という名前の新しいセッションを作成します。
tmux new -s admin
    1. admin という名前のセッションから切断します。
    2. 次のコマンドを使用して、dev という名前のセッションに再接続します。
tmux attach -t dev
    1. 次のコマンドを使用して、再度管理者に切り替えます。
tmux switch -t admin

上記の例はすべて、次のスクリーンキャストに示されています。次に進む前に、少し時間をとって見て練習してください。

tmux セッションにペインがなくなると、そのセッションは終了することに注意してください。

tmux ターミナルのキーバインドの変更

tmux では、特定のアクションを実行するために使用されるキーの組み合わせをキーバインディングと呼びます。前のセクションで説明したように、デフォルトでは、キー バインディングは Ctrl キー とその他のキーの組み合わせで構成されます。

前述の例で使用されているデフォルトのキー バインディングが不便であると思われる場合は、変更してカスタマイズできます。1) ユーザーごとに (各ユーザーの内部に .tmux.conf という名前のファイルを作成します)ホーム ディレクトリ - ファイル名の先頭のドットを省略しないでください)、または 2) システム全体 (/etc/tmux.conf 経由、デフォルトでは存在しません)。

両方の方法を使用した場合、システム全体の構成は各ユーザーの設定によって上書きされます。

たとえば、Ctrl+b の代わりに Alt+a を使用したいとします。必要に応じて、前述のファイルの 1 つに次の内容を挿入します。

unbind C-b
set -g prefix M-a

変更を保存して tmux を再起動すると、Alt+a+"Alt+a+t を使用してウィンドウを水平に分割し、それぞれ、アクティブなペイン内の現在時刻を表示します。

tmux のマニュアル ページには、便利なキー バインディングに関する追加の詳細とさらなる提案が記載されているので、ぜひ試してみてください。

まとめ

この記事では、tmux を使用してターミナルまたはコンソール ウィンドウを、さまざまな目的に使用できる複数のペインに分割する方法を説明しました。

このツールが役に立ったと思っていただければ幸いです (実際、それをぜひ聞きたいです!)。以下のフォームを使用してお気軽にご連絡ください。この記事に関してコメント、質問、提案がある場合も同様にしてください。