Ubuntu 18.04でPhpMyAdminを使用してLAMPスタックをインストールする方法


ある[ランプのスタックは、Linuxシステム環境にインストールされた Apache MySQL/MariaDB PHP などのパッケージで構成されていますウェブサイトやアプリをホスティングするためのものです。

ある[ PhpMyAdmin は、ある[ MySQL MariaDB のデータベースを管理するための無料の、オープンソース、よく知られている、フル装備の、そして直感的なWebベースのフロントエンドです。さまざまなデータベース操作をサポートし、Webインターフェイスからデータベースを簡単に管理できるようにする多くの機能を備えています。さまざまなフォーマットでのデータのインポートおよびエクスポート、例によるクエリ(QBE)を使用した複雑で有用なクエリの生成、複数のサーバーの管理など、さまざまな機能があります。

  1. Minimal Ubuntu 18.04 server Installation.
  2. Access to server via SSH (if you don’t have direct access).
  3. Root user privileges or use sudo command to run all commands.

この記事では、 Ubuntu 18.04 PhpMyAdmin を使用して LAMP スタックをインストールする方法について説明します。

ステップ1:Ubuntu 18.04にApache Webサーバーをインストールする

1. 最初にソフトウェアパッケージを更新してから、次のコマンドを使用して Apache Webサーバーをインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install apache2

2. インストールプロセスが完了すると、apacheサービスが自動的に起動し、システム起動時に起動するようになります。次のコマンドを使用して、起動しているかどうかを確認できます。

$ sudo systemctl status apache2

3. システムファイアウォールを有効にして実行している場合は、Apache Webへのクライアント接続要求を許可するためにポート 80 443 を開く必要があります。それぞれ HTTP HTTPS を介してサーバーにアクセスし、次に示すようにファイアウォール設定を再読み込みします。

$ sudo ufw allow 80/tcp
$ sudo ufw allow 443/tcp
$ sudo ufw reload

4. 次に、Webブラウザから次のURLにあるデフォルトのテストページをテストして、Apacheのインストールを確認します。

http://domain_name/
OR
http://SERVER_IP/

あなたがapacheのデフォルトのWebページを見れば、それはあなたのインストールがうまくいっていることを意味します。

ステップ2:MariaDBをUbuntu 18.04にインストールする

5. インストール MariaDB は、 MySQL から分岐した無料のオープンソースデータベース管理システムです。ある[ MySQL の元の開発者。

$ sudo apt install mariadb-server mariadb-client

6. MariaDB サービスはインストール後に自動的に起動します。ステータスを確認して、稼働していることを確認してください。

$ sudo systemctl status mysql

7. MariaDB のインストールはデフォルトでは安全ではありません。パッケージに付属のセキュリティスクリプトを実行する必要があります。誰もMariaDBにログインできないようにするため、 rootパスワードを設定するように求められます。

$ sudo mysql_secure_installation

スクリプトを実行すると、rootの現在のパスワードを入力するように求められます(何も入力しない)。

それから yes/y を入力して以下のセキュリティの質問に答えます。

  • Set root password? [Y/n]: y
  • Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
  • Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
  • Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
  • Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y

ステップ3:Ubuntu 18.04にPHPをインストールする

8. PHP は、Webサイトやアプリで動的コンテンツを生成するために使用される最も広く使用されているサーバーサイドのスクリプト言語の1つです。次のコマンドを使用して、 PHP (デフォルトのバージョンは PHP 7.2 )およびその他のWeb展開用モジュールをインストールできます。

$ sudo apt install php php-common php-mysql php-gd php-cli 

9. PHPをインストールしたら、この単一のコマンドを使用して、ウェブサーバーのドキュメントルートに簡単な info.php ページを作成して、PHPの設定をテストできます。

 
$ echo "<?php phpinfo(); ?>" | sudo tee /var/www/html/info.php

10. 次にウェブブラウザを開き、このURLを入力してphp情報ページを表示します。

http://domain_name/info.php
OR
http://SERVER_IP/info.php

ステップ4:Ubuntu 18.04にPhpMyAdminをインストールする

11. 最後に、 MySQL/MariaDB データベースを快適にWebブラウザから管理するための phpMyAdmin をインストールするには、次のコマンドを実行します。

$ sudo apt install phpmyadmin

パッケージのインストールプロセスでは、phpMyAdminを実行するように自動的に設定するWebサーバーを選択し、スペースキーを押して[ apache ]を選択し、 Enter を押すように求められます。

12. 次に、 MySQL/MariaDB 管理ユーザーのパスワードを入力して、インストーラがphpmyadmin用のデータベースを作成できるようにします。

13. すべてがインストールされたら、apache2サービスを再起動して最近の変更を有効にすることができます。

$ sudo systemctl restart apache2

$ sudo cp /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf-available/phpmyadmin.conf 
$ sudo a2enconf phpmyadmin
$ sudo systemctl restart apache2

14. 最後に、ウェブブラウザから、次のURLを入力してphpMyAdminウェブフロントエンドにアクセスします。

http://domain_name/phpmyadmin
OR
http://SERVER_IP/phpmyadmin

次のスクリーンショットに示すように、

root 認証情報を使用してphpMyAdminで認証します。

$ sudo mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> CREATE USER 'admin'@'localhost' IDENTIFIED BY '[email protected]!#254tecmint';
MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'admin'@'localhost' WITH GRANT OPTION;
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;

データベースを管理するために新しい admin 認証情報を使用して PhpMyAdmin にログインします。

PhpMyAdmin Webインターフェースを保護するには、この記事をチェックしてください。

それでおしまい!この記事では、 Ubuntu 18.04 の最新の PhpMyAdmin を使用して LAMP スタックを設定する方法について説明しました。下記のコメントフォームを使用して、ご質問やこのガイドに関するご意見をお寄せください。