CentOS 7でNetdataを使用してMySQL / MariaDBデータベースを監視する方法


Netdata は、Linux、FreeBSD、MacOSなどのUnix系システム用の無料のオープンソースでシンプルでスケーラブルなリアルタイムのシステムパフォーマンスおよびヘルスモニタリングアプリケーションです。さまざまなメトリックを収集して視覚化し、システム上の操作を監視できるようにします。現在のシステムの状態を監視するためのさまざまなプラグイン、実行中のアプリケーション、および MySQL/MariaDB データベースサーバーなどのサービスに加え、その他多数の機能をサポートしています。

  1. How to Monitor Apache Performance Using Netdata on CentOS 7
  2. How to Monitor Nginx Performance Using Netdata on CentOS 7

この記事では、 CentOS 7 または RHEL 7 Netdata を使用して MySQL/MariaDB データベースサーバーのパフォーマンスを監視する方法について説明します。強い分布。

この記事の終わりには、netdataからあなたのある[ MySQL/MariaDB ]データベースサーバーの帯域幅、クエリ、ハンドラ、ロック、問題、一時的なもの、接続、binlog、スレッドメトリクスの視覚化を見ることができるでしょう。 Webインターフェイスを監視します。

  1. A CentOS 7 Server or RHEL 7 Server with Minimal Install.
  2. MySQL or MariaDB database server installation.

ステップ1:CentOS 7にMariaDBデータベースサーバーをインストールする

1. 最初に、 MariaDB YUM ソフトウェアリポジトリをシステムに追加します。

# vim /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo

このファイルに次の行を追加します。

[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

2. 次に、次のように MariaDB パッケージをインストールします。

# yum install MariaDB-server MariaDB-client -y

3. MariaDB データベースをインストールしたら、しばらくの間データベースサーバーデーモンを起動し、システム起動時に自動的に起動するようにし、起動していることを確認します。次のコマンドを使って実行します。

# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb
# systemctl status mariadb

4. デフォルトでは、 MySQL のインストールは安全ではないため、バイナリパッケージに付属のセキュリティスクリプトを実行して安全にする必要があります。 root のパスワードを設定し、設定して次に進むように求められます。

# mysql_secure_installation

root パスワードを設定したら、残りの質問に yes/y を入力して匿名ユーザーを削除し、rootログインをリモートで禁止し、テストデータベースを削除してアクセスします。特権テーブルを今すぐリロードします。

5. MySQL/MariaDB データベースサーバーからパフォーマンス統計情報を収集するには、netdataがデータベースサーバーに接続する必要があります。そのため、「 netdata 」というデータベースユーザーを作成し、パスワードなしでlocalhostのデータベースサーバーに接続できるようにします。

# mysql -u root -p
MariaDB [(none)]> CREATE USER 'netdata'@'localhost';
MariaDB [(none)]> GRANT USAGE on *.* to 'netdata'@'localhost';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [(none)]> exit

ステップ2:MySQLのパフォーマンスを監視するためのNetdataのインストール

6. 幸いなことに、我々はすでにnetdataの開発者によって提供されたgithubリポジトリのソースツリーからそれを簡単にインストールするためのワンライナースクリプトを持っています。

kickstarterスクリプトは、Linuxディストリビューションを検出するための別のスクリプトをダウンロードします。 netdataを構築するために必要なシステムパッケージをインストールします。それから最新のnetdataソースツリーをダウンロードします。それを構築してあなたのシステムにインストールします。

このコマンドはkickstarterスクリプトを起動するのに役立ちます。 all オプションは MySQL/MariaDB を含むすべてのnetdataプラグインに必要なパッケージをインストールすることを可能にします。

# bash <(curl -Ss https://my-netdata.io/kickstart.sh) all

システムを root として管理していない場合は、 sudo コマンドのためにユーザーパスワードを入力するように求められます。 [Enter] を押します。

7. スクリプトがnetdataの構築とインストールを完了すると、自動的にnetdataサービスを開始し、システム起動時に開始できるようにします。

8. Netdataはデフォルトでポート 19999 をリッスンします。このポートを使用してWeb UIにアクセスします。そのため、システムファイアウォールのポートを開きます。

# firewall-cmd --permanent --add-port=19999/tcp
# firewall-cmd --reload 

ステップ2:MySQL / MariaDBを監視するようにNetdataを設定する

9. MySQL/MariaDB プラグインのnetdata設定は /etc/netdata/python.d/mysql.conf です。強い> YaML 形式。

# vim /etc/netdata/python.d/mysql.conf

デフォルトの設定では、 MySQL/MariaDB データベースサーバーの監視を開始するのに十分です。ドキュメントを読み、上記のファイルに変更を加えた場合は、netdataサービスを再起動して変更を有効にする必要があります。

# systemctl restart netdata

10. 次に、ウェブブラウザを開き、次のいずれかのURLを使用してnetdataウェブUIにアクセスします。

http://domain_name:19999
OR
http://SERVER_IP:19999

netdataダッシュボードの右側のプラグインリストで「 MySQL local 」を検索し、それをクリックして MySQL/MariaDB サーバーの監視を開始します。次のスクリーンショットのように、帯域幅、クエリ、ハンドラ、ロック、およびgaleraの視覚化を見ることができます。

Netdata Githubリポジトリ:https://github.com/firehol/netdata

それで全部です!この記事では、 CentOS 7 Netdata を使用して MySQL/MariaDB データベースサーバーのパフォーマンスを監視する方法について説明しました。下記のコメントフォームを使用して質問したり、追加の意見をお寄せください。