openSUSE Tumbleweed のインストール方法 [ローリング リリース] Linux


openSUSE Tumbleweed は、openSUSE プロジェクトのローリング リリース バージョンであり、日常的に使用されるオフィス アプリケーション、Linux カーネル、Git、Samba など、最新の安定したアプリケーションが同梱されています。これは、最新のアプリケーション スタックを開発している愛好家や開発者にとって理想的なディストリビューションです。

openSUSE の新規ユーザーには、提供されるソフトウェアが徹底的にテストされているため、openSUSE Leap の方が適しています。また、ローリング リリース ディストリビューションのバイナリとソースも使用します。

開始する直前に、システムが次の要件を満たしていることを確認してください。

  • Pentium 4 2.4 GHz 以上、または AMD64 または Intel64 プロセッサを推奨)
  • 最低 2 GB の RAM
  • 最低 15 GB のハードディスク容量 (最低 20 GB を推奨)。
  • ブータブル メディアを作成するための 16 GB USB フラッシュ ドライブ

このガイドでは、openSUSE Tumbleweed のインストール方法を紹介します。

ステップ 1: openSUSE Tumbleweed ISO をダウンロードする

openSUSE TumbleWeed のインストールの最初のステップは、ISO イメージのダウンロードです。そのため、openSUSE の公式ダウンロード ページにアクセスして、システムのアーキテクチャに対応する ISO イメージをダウンロードしてください。

ステップ 2: openSUSE の起動可能な USB ドライブを作成する

ISO を配置したら、USB ドライブを取得して起動可能にします。 Balena Etcher、Ventoy、Rufus など、USB ドライブを起動可能にするために使用できるアプリケーションがいくつかあります。トップ 10 の USB 作成ツールに関するガイドをご覧ください。

VirtualBox または VMware にインストールする場合は、最初に仮想マシンを作成してから ISO イメージをマウントします。

次に、起動可能な USB メディアを接続し、PC を再起動します。最初に USB ドライブから起動するように BIOS 設定を変更してください。

ステップ 3: openSUSE Tumbleweed のインストールを開始する

システムが再起動すると、以下の画面が表示されます。下矢印キーを使用して、[Installation] オプションを選択し、ENTER を押します。

画面に多数の起動メッセージが表示されます。

次に、インストール ウィザードがネットワーク構成を初期化します。これには、ネットワーク デバイスの検出とネットワーク構成の読み取りが含まれます。これにより、DHCP 構成を使用するようにシステムが構成されます。

完了したら、[次へ] をクリックして次のステップに進みます。

次のステップでは、優先言語、キーボードを設定し、使用許諾契約に同意してから、[次へ] をクリックしてください。

次のステップで、インストーラーはすべてのシステム ハードウェア デバイスをプローブします。さらに、インストール中にオンライン リポジトリを有効にするオプションが与えられます。これらのリポジトリには更新されたソフトウェア パッケージが含まれており、追加のパッケージへのアクセスが許可されます。

したがって、「はい」をクリックしてオンラインリポジトリを有効にします。

次に、リポジトリの一覧が表示されます。デフォルトでは、最初の 3 つが選択されています。この例では、すべてのリポジトリを選択することを選択しました。好みのリポジトリを選択したら、[次へ] をクリックします。

インストーラーは、システムの外観と機能を定義する定義済みのシステム ロールのセットを提供します。そのため、システム ロールのリストから希望するオプションを選択し、[次へ] をクリックします。

このガイドでは、軽量でワークステーションに適した XFCE デスクトップ環境を選択しました。

このステップでは、ディスク パーティションを構成する必要があります。ドライブを自動的に分割する「ガイド付きセットアップ」オプションを使用するか、ドライブを手動で分割できる「エキスパートパーティショナー」オプションを選択できます。

オプションを選択したら、[次へ] をクリックします。

簡単にするために、「ガイド付きセットアップ」を使用します。

[パーティション スキーム] セクションで、LVM (論理ボリューム管理) オプションを有効にし、[次へ] をクリックします。

[ファイル システム オプション] セクションで、ファイル システムの種類を選択し、[次へ] をクリックします。

次に、提案されたパーティション スキームを確認し、[次へ] をクリックして続行します。

次に、地域とタイムゾーンを指定して「次へ」をクリックします。

この手順では、ユーザーの名前とパスワードを入力してローカル ユーザー アカウントを構成し、[次へ] をクリックします。

次に、ルート ユーザーのパスワードを入力して [次へ] をクリックし、ルート ユーザーを作成します。

その後、行ったすべての設定の概要が表示されます。設定を慎重に確認し、問題がなければ [次へ] をクリックします。それ以外の場合は、クリックして戻り、必要な調整を行います。

次に、[インストール] をクリックして、ハード ドライブへの openSUSE Tumbleweed のインストールを開始します。

インストーラーがすべてのファイルを ISO イメージからハードディスクにコピーすると、インストールが開始されます。これにはかなりの時間がかかります。この時点で、コーヒーを一杯飲むことができます。

インストールが完了すると、インストーラーが自動的に再起動します。 GRUB メニューで、最初のオプションを選択して ENTER を押します。

次に、ローカル ユーザーのログイン資格情報を使用してログインします。最後に、これにより openSUSE デスクトップが表示されます。

ほら! openSUSE Tumbleweed Linux のインストール方法について、順を追って説明しました。あなたのフィードバックは大歓迎です。