調整済み - CentOS / RHELサーバーの自動パフォーマンス調整


サーバー上のサービス、アプリケーション、およびデータベースのエンドツーエンドのパフォーマンスを最大化するために、システム管理者は通常、さまざまなツール(汎用オペレーティングシステムツールとサードパーティ製ツールの両方)を使用して、カスタムパフォーマンスチューニングを実行します。 CentOS/RHEL/Fedora Linux で最も便利なパフォーマンス調整ツールの1つが調整です。

調整済みは、システムコンポーネントの使用状況の監視から収集した情報に基づいてLinuxサーバーのパフォーマンスを動的に自動調整し、サーバーから最大限のパフォーマンスを引き出すための強力なデーモンです。

これは、チューニングプロファイルを使用して、システムアクティビティに応じてシステム設定を動的に動的に調整することによって行われます。チューニングプロファイルには、sysctl設定、ディスクエレベータ設定、透過的な巨大ページ、電源管理オプション、そしてカスタムスクリプトが含まれます。

デフォルトでは tuned はシステム設定を動的に調整しませんが、tunedデーモンの動作方法を変更してシステムの使用状況に基づいて動的に設定を変更できるようにすることができます。デーモンが起動したら、 tuned-adm コマンドラインツールを使用して管理できます。

CentOS / RHELにインストールする方法& A Fedora

ある[ CentOS/RHEL 7 ]と[ Fedora ]では、調整済みがデフォルトでプレインストールされて有効になっていますが、古いバージョンの CentOS/RHELでは6.x の場合は、次のyumコマンドを使用してインストールする必要があります。

# yum install tuned

インストール後、以下の重要な調整済み設定ファイルが見つかります。

  • /etc/tuned – tuned configuration directory.
  • /etc/tuned/tuned-main.conf– tuned mail configuration file.
  • /usr/lib/tuned/ – stores a sub-directory for all tuning profiles.

これで、次のコマンドを使用して調整サービスを開始または管理できます。

--------------- On RHEL/CentOS 7 --------------- 
# systemctl start tuned	        
# systemctl enable tuned	
# systemctl status tuned	
# systemctl stop tuned		

--------------- On RHEL/CentOS 6 ---------------
# service tuned start
# chkconfig tuned on
# service tuned status
# service tuned stop

これで、 tunde-adm ツールを使ってチューニングを制御できます。いくつかの一般的なユースケースのためにすでに含まれているいくつかの事前定義された調整プロファイルがあります。次のコマンドで現在のアクティブプロファイルを確認できます。

# tuned-adm active

上記のコマンドの出力から、テストシステム(Linode VPS)は仮想ゲストとして実行するように最適化されています。

次のコマンドを使用して利用可能な調整プロファイルのリストを取得できます。

# tuned-adm list

たとえば、スループット - パフォーマンスなど、利用可能なプロファイルに切り替えるには、さまざまな一般的なサーバーワークロードで優れたパフォーマンスが得られるように調整します。

# tuned-adm  profile throughput-performance
# tuned-adm active

システムに推奨されるプロファイルを使用するには、次のコマンドを実行してください。

# tuned-adm recommend

そして示されているようにあなたはすべての調整を無効にすることができます。

 
# tuned-adm off

カスタムチューニングプロファイルを作成する方法

新しいプロファイルを作成することもできます。レイテンシーパフォーマンスという既存のプロファイルの設定を使用する、テストパフォーマンスという新しいプロファイルを作成します。

すべてのチューニングプロファイル用のサブディレクトリを格納するパスに切り替え、カスタムチューニングプロファイル用にテストパフォーマンスという新しいサブディレクトリを作成します。

# cd /usr/lib/tuned/
# mkdir test-performance

次に、ディレクトリに tuned.conf 設定ファイルを作成します。

# vim test-performance/tuned.conf

次の設定をコピーしてファイルに貼り付けます。

[main]
include=latency-performance
summary=Test profile that uses settings for latency-performance tuning profile

ファイルを保存して閉じます。

もう一度tuned-adm listコマンドを実行すると、使用可能なプロファイルのリストに新しい調整プロファイルが存在するはずです。

# tuned-adm list

新しい調整済みプロファイルをアクティブにするには、次のコマンドを発行します。

# tuned-adm  profile test-performance

詳細情報と詳細な調整オプションについては、 tuned tuned-adm のmanページをご覧ください。

# man tuned
# man tuned-adm

Tuned Githubリポジトリ:https://github.com/fcelda/tuned

それは今のところすべてです! 調整は、システムコンポーネントの使用状況を監視し、Linuxサーバーを動的に自動調整して最大のパフォーマンスを引き出すデーモンです。質問や意見がありましたら、下記のフィードバックフォームを使用してご連絡ください。