Ubuntu 20.04/18.04にJenkinsをインストールする方法


Jenkinsは、ソフトウェアの構築、テスト、配信または展開に関連する反復的な技術的割り当てを自動化するために使用される、主要な自己完結型のオープンソース自動化サーバーです。

JenkinsはJavaベースであり、Ubuntuパッケージ、Dockerを介して、またはサーバー上で実行するWebアプリケーションのすべてのコンテンツを含むWebアプリケーションアーカイブ(WAR)ファイルをダウンロードして実行することでインストールできます。

この記事では、Debianパッケージリポジトリを使用して、aptパッケージマネージャーを使用してUbuntu20.04およびUbuntu18.04にJenkinsをインストールする方法を学習します。

  • 小規模なチームの場合は最低1GBのRAM、本番レベルのJenkinsのインストールの場合は4GB以上のRAM。
  • Ubuntu 20.04/18.04へのOpenJDKのインストールに関するチュートリアルに従ってOracleJDK11がインストールされました。

UbuntuへのJenkinsのインストール

Ubuntuでは、aptを介してデフォルトのリポジトリからJenkinsをインストールできますが、含まれているバージョンは、最新の利用可能なバージョンよりも遅れていることがよくあります。

Jenkinsの機能と修正の最新の安定バージョンを利用するには、プロジェクトで管理されているパッケージを使用して、図のようにインストールします。

$ wget -q -O - https://pkg.jenkins.io/debian-stable/jenkins.io.key | sudo apt-key add -
$ sudo sh -c 'echo deb http://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ > /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list'
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install jenkins

Jenkinsとその依存関係がシステムにインストールされると、systemctlコマンドを使用して、Jenkinsサーバーを起動、有効化、およびステータスを確認できます。

$ sudo systemctl start jenkins
$ sudo systemctl enable jenkins
$ sudo systemctl status jenkins

次に、図のようにufwファイアウォールでデフォルトのJenkinsポート8080を開く必要があります。

$ sudo ufw allow 8080
$ sudo ufw status

Jenkinsがインストールされ、ファイアウォールが構成されたので、Webブラウザーを介して初期セットアップを完了することができます。

UbuntuでのJenkinsのセットアップ

Jenkinsのインストールを完了するには、次のアドレスのデフォルトポート8080でJenkinsセットアップページにアクセスします。

http://your_server_ip_or_domain:8080

初期パスワードの場所を示す[Jenkinsのロック解除]画面が表示されます。

次に、次のcatコマンドを実行して、パスワードを表示します。

$ sudo cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

次に、この32文字のパスワードをコピーして、[管理者パスワード]フィールドに貼り付け、[続行]をクリックします。

次に、[Jenkinsのカスタマイズ]セクションが表示されます。ここでは、提案されたプラグインをインストールするか、特定のプラグインを選択するかを選択できます。 [推奨プラグインのインストール]オプションを選択すると、すぐにインストールプロセスが開始されます。

Jenkinsのインストールが完了すると、最初の管理ユーザーを作成するように求められます。この手順をスキップして、管理者として続行し、上記で設定した初期パスワードを使用できます。

この時点で、Jenkinsのインストールは正常に完了しています。

この記事では、Ubuntuサーバーでプロジェクト提供のパッケージを使用してJenkinsをインストールおよびセットアップする方法を学習しました。これで、ダッシュボードからJenkinsの探索を開始できます。