LinuxにFlameshotスクリーンショットツールをインストールする方法


Flameshotは人気のあるLinuxディストリビューションで、スクリーンショットツールが付属していますが、Flameshotが提供する機能がほとんどありません。

人気のある機能のいくつかが含まれます。

  • グラフィカルモードとCLIモードをサポートします。
  • 画像をすぐに編集します。
  • 画像をImgurにアップロードします。
  • 構成をエクスポートおよびインポートします。
  • 使いやすく、カスタマイズ可能。

この記事では、LinuxデスクトップシステムにFlameshotスクリーンショットソフトウェアをインストールして使用する方法を学習します。デモンストレーションの目的で、私はLinuxMint20.04を使用しています。

LinuxにFlameshotをインストールする方法

Flameshotは、パッケージマネージャーを使用してインストールできます。この方法でインストールする前に、OSに付属しているバージョンを確認してください。

$ sudo dnf install flameshot  # Rhel, Centos, Fedora
$ sudo apt install flameshot  # Debian, Ubuntu-based distro 

2番目の方法は、ディストリビューションに基づいてGitHubからflameshotパッケージ(.rpmまたは.deb)をダウンロードし、ローカルにインストールすることです。これは、ディストリビューションに付属しているものに関係なく、新しいバージョンをインストールできるため、私が好む方法です。

# Ubuntu based distribution
$ wget https://github.com/flameshot-org/flameshot/releases/download/v0.9.0/flameshot-0.9.0-1.ubuntu-20.04.amd64.deb
$ dpkg -i flameshot-0.9.0-1.ubuntu-20.04.amd64.deb

# Rhel based distribution
$ wget https://github.com/flameshot-org/flameshot/releases/download/v0.9.0/flameshot-0.9.0-1.fc32.x86_64.rpm
$ rpm -i flameshot-0.9.0-1.fc32.x86_64.rpm

フラットハブから最新バージョンのFlameshotをインストールすることもできます。

LinuxデスクトップでFlameshotを使用する方法

Flameshotは手動で開始することも、システムの起動時に自動開始することもできます。 「メニュー」に移動→「flameshot」と入力→「flameshot」を選択すると起動し、システムトレイに表示されます。システムトレイからアクセスするには、OSにシステムトレイがインストールされていることを確認してください。 Linux Mintを実行しているので、デフォルトでシステムトレイがあります。

システムトレイからフレームショットアイコンを右クリックします。これにより、操作できるさまざまなオプションが表示されます。各オプションとその使用方法を確認します。

「情報」を押すと、ショートカットとライセンス/バージョン情報が表示されます。

スクリーンショットを撮るには、「スクリーンショットを撮る」を押すだけです。キャプチャする領域を選択すると、ハイライト、線やポインターの描画、テキストの追加、Imgurへのアップロード、ローカルでの保存など、いくつかのオプションが表示されます。 、など。「Esc」キーを押して選択を破棄するか、「Enter」キーを押して画像をクリップボードに保存できます。

[ランチャーを開く]をクリックすると、全画面のスナップショットを撮ることができます。ここで、スクリーンショットを撮るモニターを選択できます。また、遅延時間を設定して[新しいスクリーンショットを撮る]を押すこともできます。

構成オプションを押して「構成」を開きます。「インターフェース」タブで、スクリーンショットを撮るときに表示するボタンを選択できます。選択されていない領域の不透明度を制御することもできます。

デフォルトでスナップショットを保存すると、日付形式のファイル名が作成されます。名前を手動で変更して保存するか、デフォルトの名前を変更する方法があります。

「ファイル名エディタ」タブから、「編集バー」の下にデフォルトのファイル名を設定できます。

[全般]タブでは、トレイアイコンの表示、システムの起動時にフレームショットを起動する、Imgurにアップロードした後にURLをコピーする、デスクトップ通知、ヘルプメッセージなどのオプションを選択できます。

すべての構成は「/home//.config/Dharkael/flameshot.ini」に保存されます。このファイルは、インポートとエクスポートのオプションを使用してインポートまたはエクスポートできます。編集するのではなく、GUIを使用してパラメータを設定することをお勧めします。 .iniファイルを直接。

コマンドラインからFlameshotを使用する方法

これまで、GUIモードでフレームショットを使用する方法を見てきました。 GUIモードとCLIモードで行うすべてのことを実行することもできます。 Flameshotを起動するには、ターミナルから「flameshot」を実行するだけです。

$ flameshot &

ヘルプを取得するには、ターミナルで「flameshot-h」と入力します。

$ flameshot -h

スクリーンショットを撮るには、「flameshot gui」と入力すると、Guiモードが開きます。これは、Guiセクションで見たものと同じです。

$ flameshot gui

スクリーンショットをカスタムパスに保存するには、 -p フラグを使用して、場所を引数として渡します。

$ flameshot gui -p /home/tecmint/images

スクリーンショットの撮影に遅延を追加するには、 -d フラグを使用し、引数として時間を追加します。

$ flameshot gui -d 2000

フルスクリーンスナップショットを撮るには、「フル」オプションを使用します。

$ flameshot full  -p /home/tecmint/images -d 1500

場所を保存せずに-cフラグを使用してスクリーンショットをクリップボードにコピーするには。

$ flameshot full -c -p -p /home/tecmint/images

マウスが置かれている画面をキャプチャするには、 -rフラグを使用します。

$ flameshot -r

\ "config"オプションをバイパスして、構成を開くことができます。

$ flameshot config

この記事は以上です。フレームショットで遊んで、フィードバックを私たちと共有してください。