LinuxディストリビューションにTerraformをインストールする方法


この記事では、Terraformとは何か、およびHashiCorpリポジトリを使用してさまざまなLinuxディストリビューションにTerraformをインストールする方法について説明します。

Terraformは、自動化の世界で人気のあるクラウドオーケストレーションツールであり、IAC(Infrastructure as code)アプローチを通じてインフラストラクチャを展開するために使用されます。 TerraformはHashicorpによって構築され、MozillaPublicLicenseの下でリリースされています。パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドをサポートしています。現在、Terraformは145のプロバイダーをサポートしています。これには、AWS、Azureクラウド、GCP、Oracleクラウドなどの一般的なプロバイダーが含まれます。

Terraformアーキテクチャは非常にシンプルです。必要なのは、ベースマシンとして機能するローカル/サーバーマシンにテラフォームバイナリをダウンロードすることだけです。構文ファイル内で機能するプロバイダーについて言及する必要があります。 Terraformは、その特定のプロバイダーのプラグインを自動的にダウンロードし、プロバイダーAPIで認証してプランを実行します。

インタラクティブなツールやハードウェア構成ではなく、機械可読な定義ファイルを介して、仮想マシン、ストレージ、ネットワーク、データベースなどのリソースをプロビジョニングおよび管理するプロセス。

  • オープンソース。
  • 宣言型構文。
  • プラガブルモジュール。
  • 不変のインフラストラクチャ。
  • シンプルなクライアントのみのアーキテクチャ。

始めましょう…

LinuxディストリビューションへのTerraformのインストール

Terraformプライマリディストリビューションパッケージは.zip形式で提供され、Linuxシステム上の任意の場所で解凍できる単一の実行可能ファイルが含まれています。

ただし、構成管理ツールとの統合を簡単にするために、terraformはDebianベースおよびRHELベースのシステム用のパッケージリポジトリも提供します。これにより、Yumと呼ばれるデフォルトのパッケージ管理ツールを使用してTerraformをインストールできます。

$ curl -fsSL https://apt.releases.hashicorp.com/gpg | sudo apt-key add -
$ sudo apt-add-repository "deb [arch=$(dpkg --print-architecture)] https://apt.releases.hashicorp.com $(lsb_release -cs) main"
$ sudo apt update
$ sudo apt install terraform
$ sudo yum install -y yum-utils
$ sudo yum-config-manager --add-repo https://rpm.releases.hashicorp.com/$release/hashicorp.repo
$ sudo yum update
$ sudo yum install terraform

これで、簡単なterraformversionコマンドを実行してインストールを確認できます。

$ terraform version

この記事は以上です。インストールは非常に簡単で、セットアップも簡単です。VSCodeなどの一部のテキストエディターには、テラフォームの言語サポートも付属しています。