LinuxでMySQLのパフォーマンスを監視するためにdbWatchをインストールする方法


dbWatchは、強力でマルチプラットフォームのフル機能のエンタープライズグレードのSQLデータベース監視および管理ツールであり、データベースインスタンスとシステムリソースを完全に制御できます。非常にスケーラブルで安全であり、大規模なデータベースファームを管理するために設計されています。

主な機能の一部を次に示します。

  • PostgreSQL、MySQL、Oracle、MS SQL、Sybaseなどを含むいくつかのデータベースシステムをサポートします。
  • フットプリントが小さく、ハードウェアリソースの要件が低くなっています。
  • 単一の統合ビューで多くのインスタンスの監視をサポートします。
  • サーバーとグループの名前を並べ替え、グループ化、フィルタリング、および指定して、表示内容を調整できます。
  • パフォーマンス、稼働時間、負荷、接続、使用されているディスクスペース、増加率、テーブルスキャン、論理読み取り、キャッシュヒット率などの監視をサポートします。
  • すべての監視および定期保守タスクの自動化を可能にします。
  • パフォーマンス監視用のカスタムダッシュボードとレポートを作成できます。
  • 任意のデータベースサーバーでSQLクエリを実行できます。
  • 監視モードからデータベース管理モードに簡単に切り替えることができます。
  • 詳細なレポートとビューを通じてサーバーの統合もサポートします。
  • データベースサーバーライセンスレポートをサポートして、完全なOracleデータベースライセンスレポートなど、監査のサプライズに備えて回避するのに役立ちます。
  • セキュリティの観点から、暗号化された接続と証明書、役割ベースのアクセスプロファイルをサポートし、Active DirectoryとKerberos認証システム、およびその他の多くの機能をサポートします。

dbWatchを使用するには、次のライセンスタイプのいずれかが必要です。

  • テストまたは開発ライセンス–メンテナンスジョブやクラスターサポートはありません。
  • 単一ノードの通常のライセンス–本番環境を対象としています。
  • クラスターをサポートする通常のライセンス–本番環境を対象としています。

大規模なエンタープライズ展開の場合、高レベルの要件を対象としたdbWatchEnterpriseを選択できます。さらに、dbWatchEssentialsとdbWatchProfessionalは、より小規模な環境でも利用できます。どちらも同じ使いやすいソリューションで出荷されますが、高度な機能が少なく、低価格です。

dbWatchの最小システム要件:

  • 8 GB RAM
  • 1GBのディスク容量
  • 最低2コア、4コアを推奨

このガイドでは、dbWatchパッケージをインストールし、dbWatchフレームワークをデプロイしてMySQLデータベースを監視する方法を示します。このガイドでは、dbWatchの試用版のテストライセンスまたは開発ライセンスを使用します。

dbWatchのインストール–Linuxでのデータベース監視

まず、dbWatchファイルがシステムに保存されるディレクトリを作成することから始めます。デフォルトは/ usr/local/dbWatchです。

次に、次のように、wgetコマンドを取得して抽出し、スクリプトを実行可能にして、実行します(プロンプトが表示されたらパスワードを入力することを忘れないでください)。

$ sudo mkdir -p /usr/local/dbWatch
$ wget -c https://download.dbWatch.com/download/LATEST/dbWatch_unix_12_8_8.sh.bz2 --no-check-certificate
$ bzip2 -d dbWatch_unix_12_8_8.sh.bz2 
$ sudo chmod +x dbWatch_unix_12_8_8.sh 
$ sudo ./dbWatch_unix_12_8_8.sh 

dbWatchインストーラーアプリケーションが表示されたら、[次へ]をクリックして続行します。

[次へ]をクリックして、次のステップに進みます。 dbWatchの既存のインストールをアップグレードする場合は、[既存のインストールをアップグレードする]オプションをオンにすることに注意してください。

次に、dbWatchサーバーがリッスンするポートを設定するか、デフォルトのポートである7099のままにして、[次へ]をクリックします。

次に、dbWatchサーバーのデフォルトの管理者ユーザーパスワードを設定します。

次に、ライセンスキーを入力します。 dbWatchの試用を続行する場合(この場合は非商用ライセンスで実行されます)、[次へ]をクリックします。

次に、スクリーンショットに示されているように、dbWatchライセンス契約を読んで同意します。 [次へ]をクリックして続行します。次の手順では、[次へ]をクリックして、システムへのdbWatchパッケージファイルの実際のインストールを続行できます。

インストールプロセスが完了するのを待ちます。完了すると、次のスクリーンショットに示すようなお祝いのメッセージが表示されます。 [次へ]をクリックして続行します。

「StartdbWatchMonitor」オプションをチェックしたままにして、dbWatchサーバーを起動します。

次に、管理者ユーザーとしてログインして、dbWatchデータベースコントロールセンターへの接続を構成します。以前に作成した管理者ユーザーのパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

MySQLデータベースを監視するようにdbWatchを設定する

ログインに成功すると、データベースインスタンスを追加するためのウィンドウがポップアップ表示されます。使用可能なデータベースオプションからMySQLを選択し、[データベースインスタンスの追加]にチェックマークを付けて、[次へ]をクリックします。

MySQLインスタンスの名前を指定します。また、インスタンスが属するグループを選択します(使用可能なオプションは、本番、テスト、および開発です)。次に、[監視]オプションをオンにして、[次へ]をクリックします。

次に、デフォルトのrootユーザーなどの管理ユーザーとしてMySQLデータベースに接続します。データベースのホスト、ユーザー名、ユーザーのパスワード、およびポートを入力します。次に、[次へ]をクリックして続行します。

dbWatchには、データ(データベースの状態やその他の関連データに関するタスクやアラートなど)を格納するためのデータベースが必要です。 dbWatchで使用するデータベースを入力し、ユーザー名とパスワードを設定します。デフォルト値のままにしておくことができます。次に、[次へ]をクリックして、インストーラーが指定されたデータベースとユーザーを作成できるようにします。

次に、インストールするタスクとアラートを選択して、[次へ]をクリックします。

この時点で、[次へ]をクリックして、MySQLデータベースサーバーにdbWatchエンジンをインストールできます。

インストールが完了したら。 [OK]をクリックして、dbWatchを使用したMySQLデータベースの監視と管理を開始します。

おめでとう!これで、dbWatchデータベースの監視および管理フレームワークが正常にインストールおよびセットアップされました。詳細については、dbWatchのWebサイトを確認してください。