BodhiLinuxのインストールとレビュー[LightweightDistro]


Debianに基づいています–それは軽量で無料であることを目指しています。

Ubuntuベースのシステムとして、私たちは、菩提の下で利用できる多数のアプリケーションのオプションとして、apt、synaptic、および菩提の指定されたAppCenterの利点を持っています。

フル機能の軽量ディストリビューションとして、Bodhiは、意図的に最小限のアプローチでMokshaDesktopと呼ばれる社内デスクトップ環境にバンドルされています。

これは、デスクトップがデフォルトで圧倒されるのではなく、後で人口に向けられるようなものです。この場合、圧倒的であるとは、一般的にデスクトップにアイコンが配置されている、全体的なデフォルトのデスクトップエクスペリエンスと見なすことができます。

BodhiLinuxのインストールとレビュー

Bodhi Linuxをインストールするには、Bodhi Linuxの公式ページにアクセスし、システムアーキテクチャ用のBodhi Linuxをダウンロードして、以下で説明する手順に従います。

原則として、USBシーケンスからの起動を容易にするために、システムBIOSまたはUEFI設定を事前に構成する必要があります。所有しているシステムによっては、起動順序を変更するだけでよい場合があります。また、セキュアブートなどをオフにする必要がある場合もあります。

最善のチャンスは、UEFIとBIOSの設定にアクセスできるようにする特定のキーの組み合わせをGoogleに送信することです。

完全に準備されたBIOS/UEFIの必要性を満たしたら、今度は楽しい部分です。 USBインストーラーのオプションのいずれかを取得して、システムにインストールします。これにより、新しいシステムへのインストールプロセスを続行できます。

重要な注意点は、続行する前に重要なファイルをバックアップすることを確認することです。 Windowsを使用している場合は、キーワードをグーグルで検索して関連資料を参照してください。

USBドライブから起動すると、インストールプロンプトが表示されます。比較的流動的なグラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、システムをプライムタイムに向けて準備するために必要なオプションを実行します。

私のオペレーティングシステムのテストでは、緑色のアクセントがすぐに私に成長したことを証明できます。 Mokshaデスクトップのデフォルトのテーマを使用した後、ハルクのように感じる傾向がある場合でも、非難されることはありません。頭に浮かぶもう1つのスーパーヒーロー映画はグリーンランタンです。

メモリレーンを下るのに十分なトリップ。それでは、いくつかのユーザビリティコンポーネントについて詳しく見ていきましょう。 Bodhi Linuxのデスクトップは、微妙なXfceが似ているため、Linuxコミュニティの大部分とうまく調和しています。ただし、Enlightenmentと呼ばれるまったく異なるデスクトップ環境に基づくことで、この視覚的な類似性を調整します。

Bodhiは、デフォルトでChromium Webブラウザーを、Thunarファイルマネージャー、天気アプレット、アニメーション化されたデスクトップの壁紙、および使用するバリアントに応じた多数のパッケージとともにバンドルしています。

Bodhi Linuxオプションには、デフォルトで64ビットイメージが含まれています。つまり、Standard、HWE、および32ビットレガシーオプションを備えたAppPackです。

多くのアプリケーションを試してみたい場合は、AppPackバージョンのオペレーティングシステムをダウンロードする傾向があります。このオペレーティングシステムには、ダウンロードして実行する必要なしに、光沢のあるアプリの大部分をバンドルするという追加の特権があります。インストール後のポスト構成。

Bodhi Linuxは、用語集、Chromium、Leafpad、ePhoto、Thunar、Synaptic、Gnome言語セレクター、aRandr、Pavucontrol Pulseaudio Controlの範囲のバンドルされたアプリケーションを使用して、デスクトップ環境のカスタマイズへの最小限のアプローチを活用するため、オプションを大幅に拡張します。

Bodhi Linuxは、マニアや初心者に勝つために必要なものとほぼ同じである、より適切なディストリビューションオプションの1つです。主な理由は、デスクトップ環境への単純化されたアプローチです。

その秘訣は、Mokshaデスクトップ環境のテーマオプションのリポジトリです。あなたの考えは何ですか?教えて。