廃止予定のLinuxネットワークコマンドとその置き換え


前回の記事では、Linux上でのネットワーク管理、トラブルシューティング、およびデバッグ用のSysadmin用の便利なコマンドラインネットワークユーティリティについて説明しました。私たちは、まだ多くのLinuxディストリビューションに含まれていてサポートされているネットワークコマンドをいくつか述べましたが、実際には廃止予定または時代遅れになっています。

これらのネットワーキングツール/ユーティリティは、主流のLinuxディストリビューションの公式リポジトリでまだ利用可能ですが、デフォルトではプレインストールされていません。

これは Enterprise Linux ディストリビューションでは明白ですが、実際には RHEL/CentOS 6 <で動作していますが、いくつかの一般的なネットワークコマンドは RHEL/CentOS 7 。最新の Debian および Ubuntu リリースにも含まれていません。

この記事では、非推奨のLinuxネットワーク・コマンドとその置き換えについて説明します。これらのコマンドには、ifconfig、netstat、 arp iwconfig iptunnel nameif routeなどがあります。

iwconfig を除くすべてのプログラムは net-tools パッケージに含まれています。

重要なのは、「メンテナンスされていないソフトウェアは危険です」ということですが、これはあなたのLinuxシステムに大きなセキュリティ上の危険をもたらすということです。ある[ネットツールのための近代的な代替品は iproute2 です - LinuxでTCP/IPネットワークを制御するためのユーティリティの品揃え。

次の表は、廃止予定の正確なコマンドとその置き換えの概要を示しています。

以下のガイドで、いくつかの置換についての詳細がわかります。

  1. ifconfig vs ip: What’s Difference and Comparing Network Configuration
  2. 10 Useful “IP” Commands to Configure Network Interfaces

iproutre2の説明ページ: https://wiki.linuxfoundation.org/networking/iproute2

結局のところ、これらの時代遅れのツールのほとんどは将来いつか完全に置き換えられるので、これらの変更を念頭に置いておくのは良いことです。昔の習慣はなかなかなくなりませんが、先に進む必要があります。さらに、メンテナンスされていないパッケージをあなたのLinuxシステムにインストールして使うことは、安全ではなく危険なことです。

あなたはまだこれらの古い/廃止予定のコマンドを使用することに固執していますか?代替品にどのように対処していますか。下記のフィードバックフォームを介して私達とあなたの考えを共有してください。

全著作権所有。 © Linux-Console.net • 2019-2022