openSUSEにAtom Text Editorをインストールする3つの方法


Atom は、Linux、OS X、およびWindows上で動作する、無料でオープンソースの、ハッキング可能な、カスタマイズが容易なクロスプラットフォームのテキストエディタです。これは、HTML、JavaScript、CSS、およびNode.jsの統合で構築されたデスクトップアプリケーションで、組み込みのパッケージマネージャとファイルシステムブラウザが付属しています。

また、スマートな自動補完、複数のペイン、および検索と機能も備えています。機能を置き換えます。 Atom はテレタイプもサポートしているため、開発者は一緒に作業できます(ワークスペースを共有し、コードをリアルタイムで一緒に編集)。

また、アトム GitHub パッケージを使用してGitと GitHub に統合されています。また、4つのUI(ユーザーインターフェース)と8つの構文テーマ(濃色と淡色の両方)がプリインストールされています。

この記事では、 OpenSuse Linuxに Atom テキストエディタをインストールする3つの方法について説明します。

openSUSEにRPMパッケージを使ったAtomのインストール

Atomを使い始めるには、まずあなたのシステムにインストールする必要があります。次の手順では、バイナリの RPM パッケージを使用してシステムに Atom をインストールする方法、およびソースからインストールしてビルドする方法の基本を示します。

まず、atomプロジェクトのWebサイトにアクセスして RPM パッケージをダウンロードするか、次のwgetコマンドを使用して端末に直接ダウンロードします。

$ wget -c https://atom.io/download/rpm -O atom.x86_64.rpm

ダウンロードが完了したら、次のzypperコマンドを使用してパッケージをインストールしてください。

$ sudo zypper install atom.x86_64.rpm

Atom を正常にインストールしたら、アプリケーションメニューでそれを検索して開きます。

OpenSuseでパッケージマネージャーを使ってAtomをインストールする

公式のパッケージリポジトリを設定することで、Zypperパッケージマネージャを使って Atom openSusue にインストールすることもできます。これにより、新しいバージョンがリリースされたときにAtomを更新することができます。

$ sudo sh -c 'echo -e "[Atom]\nname=Atom Editor\nbaseurl=https://packagecloud.io/AtomEditor/atom/el/7/$basearch\nenabled=1\ntype=rpm-md\ngpgcheck=0\nrepo_gpgcheck=1\ngpgkey=https://packagecloud.io/AtomEditor/atom/gpgkey" > /etc/zypp/repos.d/atom.repo'
$ sudo zypper --gpg-auto-import-keys refresh
$ sudo zypper install atom
$ sudo zypper install atom-beta  [Install Atom Beta]

OpenSuseでソースからAtomをインストールする

ソースから Atom をインストールしてビルドするには、まず次のように依存関係をインストールする必要があります。

$ sudo zypper install nodejs nodejs-devel make gcc gcc-c++ glibc-devel git-core libsecret-devel rpmdevtools libX11-devel libxkbfile-devel
$ sudo zypper addrepo http://download.opensuse.org/repositories/devel:languages:nodejs/openSUSE_Tumbleweed/devel:languages:nodejs.repo
$ sudo zypper refresh
$ sudo zypper install nodejs
$ sudo npm config set python /usr/bin/python2 -g

次にアトムリポジトリをあなたのローカルマシンにクローンしてからアトムソースコードディレクトリにナビゲートし、ブートストラップスクリプトを実行して必要なすべての依存関係をインストールします。

$ git clone [email protected]:your-username/atom.git
$ cd atom
$ script/build
$ sudo script/grunt install

今すぐ atom.desktop ファイルを作成します。

$ ~/.local/share/applications/atom.desktop

以下の内容を追加してください。

[Desktop Entry]
Type=Application
Encoding=UTF-8
Name=Atom
Comment=Atom editor by GitHub
Exec=/usr/local/bin/atom
Icon=/home/cg/.atom/atom.png
Terminal=false

これで、Atomを使い始める準備が整いました。以下のスクリーンショットは、Atomテキストエディタの使用中を示しています。

Atomエディタにパッケージをインストールする方法

このセクションでは、Atomパッケージのインストール方法について簡単に見ていきます。たとえば、同僚と共同作業を始めるには、テレタイプパッケージをインストールする必要があります。 [設定]の下の[編集=>設定]に移動し、[インストール]をクリックします。

次にパッケージを検索し、検索結果に表示されたら[インストール]ボタンをクリックします。同じように GitHub パッケージをインストールすることもできます。

Atomプロジェクトのホームページ:https://atom.io/

Atom は、オープンソースで、ハッキングが簡単で、カスタマイズが簡単で、クロスプラットフォームのテキストエディタです。この記事では、 openSUSE Linux にAtomテキストエディタをインストールする3つの方法について説明しました。ご意見やご質問は、下記のフィードバックフォームをご利用ください。