whowatch - Linuxユーザーとプロセスをリアルタイムで監視する


ある[ whowatch はLinuxシステム上のプロセスとユーザーを監視するためのシンプルで使いやすいインタラクティブなwhoのようなコマンドラインプログラムです。これは、 wコマンドと同じように、システムにログオンしているユーザーとそのユーザーが行っていることをリアルタイムで示します。

システム上の合計ユーザー数と接続タイプ(ローカル、telnet、sshなど)ごとのユーザー数が表示されます。 whowatchはシステムの稼働時間も表示し、ユーザーのログイン名、tty、host、プロセス、接続の種類などの情報を表示します。

さらに、特定のユーザーを選択してそれらのプロセスツリーを表示することもできます。プロセスツリーモードでは、 SIGINT SIGKILL のシグナルを選択したプロセスに楽しく送信できます。

この短い記事では、Linuxシステムにwhowatchをインストールして使用し、マシン内でリアルタイムにユーザーとプロセスを監視する方法について説明します。

Linuxにwhowatchをインストールする方法

プログラム whowatch は、表示されているようにLinuxディストリビューションのパッケージマネージャを使用してデフォルトのリポジトリから簡単にインストールできます。

$ sudo apt install whowatch  [On Ubuntu/Debian]
$ sudo yum install whowatch  [On CentOs/RHEL]
$ sudo dng install whowatch  [On Fedora 22+]

インストールが完了したら、コマンドラインに whowatch と入力するだけで、次の画面が表示されます。

$ whowatch

特定のユーザーの詳細を表示するには、そのユーザーをハイライト表示します(移動するには上への矢印を使用します)。次に、このスクリーンショットに示すように d キーを押してユーザー情報を一覧表示します。

ユーザーのプロセスツリーを表示するには、その特定のユーザーを強調表示してから Enter を押します。

すべてのLinuxユーザープロセスツリーを表示するには、 t を押します。

s キーを押してLinuxのシステム情報を見ることもできます。

詳細については、 whowatch のmanページをご覧ください。

$ man whowatch

また、これらの関連記事も役に立ちます。

  1. How to Monitor Linux Commands Executed by System Users in Real-time
  2. How to Monitor User Activity with psacct or acct Tools

それで全部です!ある[ whowatch は、Linuxシステム上のプロセスとユーザーを監視するためのシンプルで使いやすいインタラクティブなコマンドラインユーティリティです。この簡単なガイドでは、whowatchのインストール方法と使い方について説明しました。下記のフィードバックフォームを使用して、質問をしたり、このユーティリティについてのあなたの考えを共有してください。