UbuntuにさまざまなPHP(5.6、7.0、7.1)バージョンをインストールする方法


PHP(PHPの再帰的頭字語:Hypertext Preprocessor)は、オープンソースで人気のある汎用スクリプト言語であり、広く使用されており、WebサイトやWebベースのアプリケーションの開発に最適です。これは、HTMLに埋め込むことができるサーバーサイドスクリプト言語です。

現在、PHPには3つのバージョン、つまりPHP 5.6、7.0、および8.0がサポートされています。つまり、PHP 5.3、5.4、および5.5はすべてサポートが終了しました。セキュリティアップデートではサポートされなくなりました。

この記事では、OndřejSurýPPAを使用して、サポートされているすべてのバージョンのPHPをUbuntuとその派生物にインストールし、ApacheとNginxの両方のWebサーバーで最もリクエストの多いPHP拡張機能をインストールする方法について説明します。また、Ubuntuシステムで使用するPHPのデフォルトバージョンを設定する方法についても説明します。

PHP 7.xはUbuntuソフトウェアリポジトリでサポートされている安定バージョンであることに注意してください。これは、以下のaptコマンドを実行して確認できます。

$ sudo apt show php
OR
$ sudo apt show php -a
Package: php
Version: 1:7.0+35ubuntu6
Priority: optional
Section: php
Source: php-defaults (35ubuntu6)
Origin: Ubuntu
Maintainer: Ubuntu Developers <[email protected]>
Original-Maintainer: Debian PHP Maintainers <[email protected]>
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Installed-Size: 11.3 kB
Depends: php7.0
Supported: 5y
Download-Size: 2,832 B
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial/main amd64 Packages
Description: server-side, HTML-embedded scripting language (default)
 PHP (recursive acronym for PHP: Hypertext Preprocessor) is a widely-used
 open source general-purpose scripting language that is especially suited
 for web development and can be embedded into HTML.
 .
 This package is a dependency package, which depends on Debian's default
 PHP version (currently 7.0).

UbuntuソフトウェアリポジトリからデフォルトのPHPバージョンをインストールするには、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt install php

PPAを使用してUbuntuにPHP(5.6、7.x、8.0)をインストールします

1.まず、OndřejSurýPPAを追加して、UbuntuシステムにさまざまなバージョンのPHP(PHP 5.6、PHP 7.x、およびPHP 8.0)をインストールします。

$ sudo apt install python-software-properties
$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php

2.次に、次のようにシステムを更新します。

$ sudo apt-get update

3.次に、サポートされているさまざまなバージョンのPHPを次のようにインストールします。

$ sudo apt install php5.6   [PHP 5.6]
$ sudo apt install php7.0   [PHP 7.0]
$ sudo apt install php7.1   [PHP 7.1]
$ sudo apt install php7.2   [PHP 7.2]
$ sudo apt install php7.3   [PHP 7.3]
$ sudo apt install php7.4   [PHP 7.4]
$ sudo apt install php8.0   [PHP 8.0]
$ sudo apt install php5.6-fpm   [PHP 5.6]
$ sudo apt install php7.0-fpm   [PHP 7.0]
$ sudo apt install php7.1-fpm   [PHP 7.1]
$ sudo apt install php7.2-fpm   [PHP 7.2]
$ sudo apt install php7.3-fpm   [PHP 7.3]
$ sudo apt install php7.4-fpm   [PHP 7.4]
$ sudo apt install php8.0-fpm   [PHP 8.0]

4. PHPモジュールをインストールするには、PHPのバージョンを指定し、オートコンプリート機能を使用して、次のようにすべてのモジュールを表示します。

------------ press Tab key for auto-completion ------------ 
$ sudo apt install php5.6 
$ sudo apt install php7.0 
$ sudo apt install php7.1
$ sudo apt install php7.2
$ sudo apt install php7.3 
$ sudo apt install php7.4
$ sudo apt install php8.0

5.これで、リストから最も必要なPHPモジュールをインストールできます。

------------ Install PHP Modules ------------
$ sudo apt install php5.6-cli php5.6-xml php5.6-mysql 
$ sudo apt install php7.0-cli php7.0-xml php7.0-mysql 
$ sudo apt install php7.1-cli php7.1-xml php7.1-mysql
$ sudo apt install php7.2-cli php7.2-xml php7.2-mysql 
$ sudo apt install php7.3-cli php7.3-xml php7.3-mysql 
$ sudo apt install php7.3-cli php7.4-xml php7.4-mysql  
$ sudo apt install php7.3-cli php8.0-xml php8.0-mysql  

6.最後に、このようにシステムで使用されているデフォルトのPHPバージョンを確認します。

$ php -v 

UbuntuでデフォルトのPHPバージョンを設定する

7. update-alternativesコマンドを使用して、システムで使用するデフォルトのPHPバージョンを設定できます。設定後、PHPバージョンをチェックして次のように確認します。

------------ Set Default PHP Version 5.6 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php5.6
------------ Set Default PHP Version 7.0 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.0
------------ Set Default PHP Version 7.1 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.1
------------ Set Default PHP Version 8.0 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php8.0

8. Apache Webサーバーで動作するPHPバージョンを設定するには、以下のコマンドを使用します。まず、a2dismodコマンドで現在のバージョンを無効にしてから、a2enmodコマンドで必要なバージョンを有効にします。

----------- Disable PHP Version ----------- 
$ sudo a2dismod php5.6
$ sudo a2dismod php7.0
$ sudo a2dismod php7.1
$ sudo a2dismod php7.2
$ sudo a2dismod php7.3
$ sudo a2dismod php7.4
$ sudo a2dismod php8.0

----------- Enable PHP Version ----------- 
$ sudo a2enmod php5.6
$ sudo a2enmod php7.1
$ sudo a2enmod php7.2
$ sudo a2enmod php7.3
$ sudo a2enmod php7.4
$ sudo a2enmod php8.0

----------- Restart Apache Server ----------- 
$ sudo systemctl restart apache2

9.あるバージョンから別のバージョンに切り替えた後、以下のコマンドを実行して、PHP構成ファイルを見つけることができます。

------------ For PHP 5.6 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php5.6
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

------------ For PHP 7.0 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.0
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

------------ For PHP 7.1 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.1
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

------------ For PHP 7.2 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.2
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

------------ For PHP 7.3 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.3
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

------------ For PHP 7.4 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.4
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

------------ For PHP 8.0 ------------
$ sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php8.0
$ php -i | grep "Loaded Configuration File"

あなたも好きかも:

  1. How to Use and Execute PHP Codes in Linux Command Line
  2. 12 Useful PHP Commandline Usage Every Linux User Must Know
  3. How to Hide PHP Version in HTTP Header

この記事では、サポートされているすべてのバージョンのPHPをUbuntuとその派生物にインストールする方法を示しました。共有したい質問や考えがある場合は、以下のフィードバックフォームから行ってください。