LinuxでCPU情報を取得するための9つの便利なコマンド


前回の記事では、Linuxでシステムとハードウェアの情報を収集するための10の便利なコマンドのリストをまとめました。このガイドでは、CPU /プロセッサに絞り込み、マシンのCPUに関する詳細情報を抽出するさまざまな方法を示します。

基本的に、/ proc/cpuinfoにはこのすべての情報が含まれ、他のすべてのコマンド/ユーティリティはこのファイルから出力を取得します。

そうは言っても、以下はLinuxCPUに関する情報を取得するための9つのコマンドです。

1.catコマンドを使用してCPU情報を取得する

次のようにcatコマンドを使用して、/ proc/cpuinfoファイルの内容を表示することにより、システムCPUの情報を簡単に表示できます。

$ cat /proc/cpuinfo
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 69
model name	: Intel(R) Core(TM) i5-4210U CPU @ 1.70GHz
stepping	: 1
microcode	: 0x1c
cpu MHz		: 1700.062
cache size	: 3072 KB
physical id	: 0
siblings	: 4
core id		: 0
cpu cores	: 2
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf eagerfpu pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 sdbg fma cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand lahf_lm abm epb tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt dtherm ida arat pln pts
bugs		:
bogomips	: 4788.92
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 39 bits physical, 48 bits virtual
power management:
......

少し具体的に言うと、grepコマンドを使用できます。これは、正規表現に一致する行のプレーンテキストデータを検索するためのCLIツールです。これは、ベンダー名、モデル名、プロセッサーの数、コアの数などのみを出力するのに役立ちます。

$ cat /proc/cpuinfo | grep 'vendor' | uniq		#view vendor name
$ cat /proc/cpuinfo | grep 'model name' | uniq		#display model name
$ cat /proc/cpuinfo | grep processor | wc -l		#count the number of processing units
$ cat /proc/cpuinfo | grep 'core id'			#show individual cores	

2. lscpuコマンド–CPUアーキテクチャ情報を表示します

コマンドlscpuは、以下に示すように、sysfsおよび/ proc/cpuinfoからCPUアーキテクチャ情報を出力します。

$ lscpu
Architecture:          x86_64
CPU op-mode(s):        32-bit, 64-bit
Byte Order:            Little Endian
CPU(s):                4
On-line CPU(s) list:   0-3
Thread(s) per core:    2
Core(s) per socket:    2
Socket(s):             1
NUMA node(s):          1
Vendor ID:             GenuineIntel
CPU family:            6
Model:                 69
Model name:            Intel(R) Core(TM) i5-4210U CPU @ 1.70GHz
Stepping:              1
CPU MHz:               1303.687
CPU max MHz:           2700.0000
CPU min MHz:           800.0000
BogoMIPS:              4788.92
Virtualization:        VT-x
L1d cache:             32K
L1i cache:             32K
L2 cache:              256K
L3 cache:              3072K
NUMA node0 CPU(s):     0-3
Flags:                 fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf eagerfpu pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 sdbg fma cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand lahf_lm abm epb tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt dtherm ida arat pln pts

3. cpuidコマンド– x86CPUを表示します

コマンドcpuidは、CPUID命令から収集されたCPUに関する完全な情報をダンプし、その情報からx86CPUの正確なモデルを検出します。

実行する前に必ずインストールしてください。

$ sudo apt install cpuid        #Debian/Ubuntu systems
$ sudo yum install cpuid	#RHEL/CentOS systems 
$ sudo dnf install cpuid	#Fedora 22+ 

インストールしたら、cpuidを実行してx86CPUに関する情報を収集します。

$ cpuid
CPU 0:
   vendor_id = "GenuineIntel"
   version information (1/eax):
      processor type  = primary processor (0)
      family          = Intel Pentium Pro/II/III/Celeron/Core/Core 2/Atom, AMD Athlon/Duron, Cyrix M2, VIA C3 (6)
      model           = 0x5 (5)
      stepping id     = 0x1 (1)
      extended family = 0x0 (0)
      extended model  = 0x4 (4)
      (simple synth)  = Intel Mobile Core i3-4000Y / Mobile Core i5-4000Y / Mobile Core i7-4000Y / Mobile Pentium 3500U/3600U/3500Y / Mobile Celeron 2900U (Mobile U/Y) (Haswell), 22nm
   miscellaneous (1/ebx):
      process local APIC physical ID = 0x0 (0)
      cpu count                      = 0x10 (16)
      CLFLUSH line size              = 0x8 (8)
      brand index                    = 0x0 (0)
   brand id = 0x00 (0): unknown
   feature information (1/edx):
      x87 FPU on chip                        = true
      virtual-8086 mode enhancement          = true
      debugging extensions                   = true
      page size extensions                   = true
      time stamp counter                     = true
      RDMSR and WRMSR support                = true
      physical address extensions            = true
....

4. dmidecodeコマンド–Linuxハードウェア情報を表示します

dmidecodeは、Linuxシステムのハードウェア情報を取得するためのツールです。コンピュータのDMI(別名SMBIOS)テーブルの内容を人間が読める形式でダンプして、簡単に取得できるようにします。 SMBIOS仕様では、さまざまなDMIタイプが定義されています。CPUの場合、「プロセッサ」を次のように使用します。

$ sudo dmidecode --type processor
# dmidecode 3.0
Getting SMBIOS data from sysfs.
SMBIOS 2.7 present.

Handle 0x0004, DMI type 4, 42 bytes
Processor Information
	Socket Designation: U3E1
	Type: Central Processor
	Family: Core i5
	Manufacturer: Intel(R) Corporation
	ID: 51 06 04 00 FF FB EB BF
	Signature: Type 0, Family 6, Model 69, Stepping 1
	Flags:
		FPU (Floating-point unit on-chip)
		VME (Virtual mode extension)
		DE (Debugging extension)
		PSE (Page size extension)
		TSC (Time stamp counter)
		MSR (Model specific registers)
		PAE (Physical address extension)
		MCE (Machine check exception)
		CX8 (CMPXCHG8 instruction supported)
		APIC (On-chip APIC hardware supported)
		SEP (Fast system call)
		MTRR (Memory type range registers)
		PGE (Page global enable)
		MCA (Machine check architecture)
.....

5. Inxiツール–Linuxシステム情報を表示します

Inxiは、コンソールとIRC(Internet Relay Chat)の両方を対象とした強力なコマンドラインシステム情報スクリプトです。これを使用して、ハードウェア情報を即座に取得できます。

次のようにインストールできます。

$ sudo apt install inxi 	#Debian/Ubuntu systems
$ sudo yum install inxi		#RHEL/CentOS systems 
$ sudo dnf install inxi		#Fedora 22+ 

CPUクロック速度およびCPU最大速度(使用可能な場合)ごとを含む完全なCPU情報を表示するには、次のように -C フラグを使用します。

$ inxi -C
CPU:       Dual core Intel Core i5-4210U (-HT-MCP-) cache: 3072 KB 
           clock speeds: max: 2700 MHz 1: 1958 MHz 2: 1993 MHz 3: 1775 MHz 4: 1714 MHz

6. lshwツール–ハードウェア構成の一覧表示

lshwは、コンピューターのハードウェア構成に関する詳細情報を収集するための最小限のツールです。 -C オプションを使用して、ハードウェアクラス(この場合はCPU)を選択できます。

$ sudo lshw -C CPU
*-cpu                   
       description: CPU
       product: Intel(R) Core(TM) i5-4210U CPU @ 1.70GHz
       vendor: Intel Corp.
       physical id: 4
       bus info: [email protected]
       version: Intel(R) Core(TM) i5-4210U CPU @ 1.70GHz
       serial: To Be Filled By O.E.M.
       slot: U3E1
       size: 2626MHz
       capacity: 2700MHz
       width: 64 bits
       clock: 100MHz
       capabilities: x86-64 fpu fpu_exception wp vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx pdpe1gb rdtscp constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc aperfmperf eagerfpu pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 sdbg fma cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand lahf_lm abm epb tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt dtherm ida arat pln pts cpufreq
       configuration: cores=2 enabledcores=2 threads=4

7. hardinfo – GTK +ウィンドウにハードウェア情報を表示します

hardinfoはハードウェア情報をGTK +ウィンドウに表示します。次のようにインストールできます。

$ sudo apt install hardinfo 	#Debian/Ubuntu systems
$ sudo yum install hardinfo	#RHEL/CentOS systems 
$ sudo dnf install hardinfo	#Fedora 22+ 

インストールしたら、次のように入力します。

$ hardinfo 

また、「レポートの生成」ボタンをクリックして、システムハードウェア情報レポートを生成することもできます。以下のインターフェースから、「生成」をクリックして続行します。生成するハードウェア情報カテゴリを選択できることに注意してください。

レポートをhtml形式で生成すると、以下に示すようにWebブラウザーからレポートを表示できます。

8. hwinfo –現在のハードウェア情報を表示します

hwinfoは、Linuxシステムに存在するハードウェアに関する情報を抽出するために使用されます。 CPUに関する情報を表示するには、 -cpu を使用します

$ hwinfo --cpu
01: None 00.0: 10103 CPU                                        
  [Created at cpu.460]
  Unique ID: rdCR.j8NaKXDZtZ6
  Hardware Class: cpu
  Arch: X86-64
  Vendor: "GenuineIntel"
  Model: 6.69.1 "Intel(R) Core(TM) i5-4210U CPU @ 1.70GHz"
  Features: fpu,vme,de,pse,tsc,msr,pae,mce,cx8,apic,sep,mtrr,pge,mca,cmov,pat,pse36,clflush,dts,acpi,mmx,fxsr,sse,sse2,ss,ht,tm,pbe,syscall,nx,pdpe1gb,rdtscp,lm,constant_tsc,arch_perfmon,pebs,bts,rep_good,nopl,xtopology,nonstop_tsc,aperfmperf,eagerfpu,pni,pclmulqdq,dtes64,monitor,ds_cpl,vmx,est,tm2,ssse3,sdbg,fma,cx16,xtpr,pdcm,pcid,sse4_1,sse4_2,movbe,popcnt,tsc_deadline_timer,aes,xsave,avx,f16c,rdrand,lahf_lm,abm,epb,tpr_shadow,vnmi,flexpriority,ept,vpid,fsgsbase,tsc_adjust,bmi1,avx2,smep,bmi2,erms,invpcid,xsaveopt,dtherm,ida,arat,pln,pts
  Clock: 2080 MHz
  BogoMips: 4788.92
  Cache: 3072 kb
  Units/Processor: 16
  Config Status: cfg=new, avail=yes, need=no, active=unknown
....

9. nproc –処理ユニットの数を出力します

nprocコマンドは、コンピューターに存在する処理装置の数を表示するために使用されます。

$ nproc

追加の使用法情報とオプションについては、次のようなこれらのコマンドのマニュアルページをお読みください。

$ man commandname

また、チェックアウト:

  1. Cpustat – Monitors CPU Utilization by Running Processes in Linux
  2. CoreFreq – A Powerful CPU Monitoring Tool for Linux Systems
  3. Find Top Running Processes by Highest Memory and CPU Usage in Linux
  4. How to Impose High CPU Load and Stress Test on Linux Using ‘Stress-ng’ Tool

今のところ以上です!以下のフィードバックフォームから、LinuxでCPU情報を抽出する追加の方法を共有できます。