nload-Linuxネットワークの帯域幅の使用状況をリアルタイムで監視します


nloadは、ネットワークトラフィックと帯域幅の使用状況をリアルタイムで監視するためのコマンドラインツールです。グラフを使用して着信および発信トラフィックを監視するのに役立ち、転送されたデータの合計量や最小/最大ネットワーク使用量などの追加情報を提供します。

このガイドでは、nloadをインストールして使用し、Linuxネットワークトラフィックと帯域幅の使用率をリアルタイムで監視する方法を示します。

Linuxシステムにnloadをインストールする

nloadは、CentOSまたはRHELベースのシステムでEPELリポジトリを有効にすることで簡単にインストールできます。

-------- On CentOS and RHEL -------- 
# yum install epel-release
# yum install nload

-------- On Fedora 22+ --------
# dnf install nload

Debian/Ubuntuでは、nloadは、示されているようにデフォルトのシステムリポジトリからインストールできます。

$ sudo apt install nload	

nloadを使用してLinuxネットワークの使用状況を監視する方法

nloadを開始したら、左右の矢印キーを押して、デバイス(コマンドラインで指定するか、自動検出されたデバイス)を切り替えることができます。

$ nload
Or
$ nload eth0

nloadを実行した後、以下のショートカットキーを使用できます。

  • Use left and right arrow keys or Enter/Tab key to switch the display to the next network device or when started with the -m flag, to the next page of devices.
  • Use F2 to show the option window.
  • Use F5 to save current settings to the user’s config file.
  • Use F6 to reload settings from the config files.
  • Use q or Ctrl+C to quit nload.

一度に複数のデバイスを表示するには;トラフィックグラフを表示しないでください。 -m オプションを使用してください。矢印キーは、画面に表示されている数のデバイスを前後に切り替えます。

$ nload -m

-a 期間を使用して、平均計算の時間ウィンドウの長さを秒単位で設定します(デフォルトは300)。

$ nload -a 400

-t 間隔フラグは、表示の更新間隔をミリ秒単位で設定します(デフォルト値は500)。約100ミリ秒より短い更新間隔を指定すると、トラフィックの計算が非常に不正確になることに注意してください。

$ nload -ma 400 -t 600

デバイスフラグで使用するネットワークデバイスを指定できます(デフォルトは「すべて」–自動検出されたすべてのデバイスを表示することを意味します)。

$ nload devices wlp1s0

あなたはおそらくそれも好きでしょう:

  1. Iftop – A Network Bandwidth Monitoring Tool for Linux
  2. NetHogs – Monitor Per Process Network Bandwidth Usage in Linux
  3. VnStat — Monitor Real-Time Network Traffic in Linux
  4. bmon – A Powerful Network Bandwidth Monitoring and Debugging Tool
  5. 13 Linux Network Configuration and Troubleshooting Commands

このガイドでは、Linuxにnloadをインストールして使用し、ネットワークの使用状況を監視する方法について説明しました。同様のツールを見つけた場合は、下のコメントセクションからお知らせください。