Linfo-Linuxサーバーのヘルスステータスをリアルタイムで表示します


Linfoは、無料のオープンソースのクロスプラットフォームサーバー統計UI /ライブラリであり、大量のシステム情報を表示します。 PHPアプリケーションからプログラムで広範なシステム統計を取得するための拡張可能で使いやすい(composer経由の)PHP5ライブラリーです。これは、Linux、Windows、* BSD、Darwin/Mac OSX、Solaris、およびMinixで機能するWebUIのNcursesCLIビューです。

CPUタイプ/速度を含むシステム情報を表示します。アーキテクチャ、マウントポイントの使用状況、ハード/光学/フラッシュドライブ、ハードウェアデバイス、ネットワークデバイスと統計、起動時間/起動日、ホスト名、メモリ使用量(RAMとスワップ、可能な場合)、温度/電圧/ファン速度、RAIDアレイ。

  • PHP 5.3
  • pcre extension
  • Linux – /proc and /sys mounted and readable by PHP and Tested with the 2.6.x/3.x kernels

LinuxにLinfoServer Stats UI / libraryをインストールする方法

まず、ApacheまたはNginxのWebルートディレクトリにLinfoディレクトリを作成し、次に示すようにrsyncコマンドを使用してリポジトリファイルを複製して/var/www/html/linfo に移動します。

$ sudo mkdir -p /var/www/html/linfo 
$ git clone git://github.com/jrgp/linfo.git 
$ sudo rsync -av linfo/ /var/www/html/linfo/

次に、sample.config.inc.phpの名前をconfig.inc.phpに変更します。これはLinfo構成ファイルであり、独自の値を定義できます。

$ sudo mv sample.config.inc.php config.inc.php 

次に、WebブラウザでURL http:// SERVER_IP/linfo を開いて、以下のスクリーンショットに示すようにWebUIを表示します。

このスクリーンショットは、コアシステム情報、ハードウェアコンポーネント、RAM統計、ネットワークデバイス、ドライブ、およびファイルシステムマウントポイントを表示するLinfo WebUIを示しています。

設定ファイル config.inc.php に以下の行を追加して、トラブルシューティングの目的で役立つエラーメッセージを生成できます。

$settings['show_errors'] = true;

NcursesモードでのLinfoの実行

Linfoには、phpのncurses拡張機能に依存するシンプルなncursesベースのインターフェースがあります。

# yum install php-pecl-ncurses                    [On CentOS/RHEL]
# dnf install php-pecl-ncurses                    [On Fedora]
$ sudo apt-get install php5-dev libncurses5-dev   [On Debian/Ubuntu] 

次に、php拡張機能を次のようにコンパイルします

$ wget http://pecl.php.net/get/ncurses-1.0.2.tgz
$ tar xzvf ncurses-1.0.2.tgz
$ cd ncurses-1.0.2
$ phpize # generate configure script
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

次に、php拡張機能を正常にコンパイルしてインストールした場合は、以下のコマンドを実行します。

$ sudo echo extension=ncurses.so > /etc/php5/cli/conf.d/ncurses.ini

ncursesを確認します。

$ php -m | grep ncurses

次に、Linfoを実行します。

$ cd /var/www/html/linfo/
$ ./linfo-curses

Linfoにはまだ追加されていない次の機能があります。

  1. Support for more Unix operating systems (such as Hurd, IRIX, AIX, HP UX, etc)
  2. Support for less known operating systems: Haiku/BeOS
  3. Extra superfluous features/extensions
  4. Support for htop-like features in ncurses mode

詳細については、Linfo Githubリポジトリにアクセスしてください:https://github.com/jrgp/linfo

それで全部です!今後は、Linfoを使用してWebブラウザ内からLinuxシステムの情報を表示できます。それを試してみて、コメントであなたの考えを私たちと共有してください。さらに、同様の便利なツール/ライブラリに出くわしたことがありますか?はいの場合は、それらについての情報も提供してください。