LinuxでVimファイルをパスワードで保護する方法


Vimは、Linuxで人気があり、機能が豊富で拡張性の高いテキストエディターであり、その特別な機能の1つは、パスワードを使用したさまざまな暗号化方式を使用したテキストファイルの暗号化のサポートです。

この記事では、Vimの簡単な使い方のコツの1つを説明します。 LinuxでVimを使用してファイルを保護するパスワード。ファイルの作成時と変更のために開いた後のファイルを保護する方法を説明します。

フルバージョンのVimをインストールするには、次のコマンドを実行するだけです。

$ sudo apt install vim          #Debian/Ubuntu systems
$ sudo yum install vim          #RHEL/CentOS systems 
$ sudo dnf install vim		#Fedora 22+

また読む:Vim 8.0は10年後にリリースされます–Linuxにインストールします

LinuxでVimファイルをパスワードで保護する方法

Vimには -x オプションがあり、ファイルの作成時に暗号化を使用できます。以下のvimコマンドを実行すると、暗号化キーの入力を求められます。

$ vim -x file.txt

Warning: Using a weak encryption method; see :help 'cm'
Enter encryption key: *******
Enter same key again: *******

2回目の入力後に暗号鍵が一致する場合は、ファイルの変更に進むことができます。

完了したら、 [Esc] :wq を押してファイルを保存して閉じます。次回編集のために開くときは、次のように暗号化キーを入力する必要があります。

$ vim file.txt

Need encryption key for "file.txt"
Warning: Using a weak encryption method; see :help 'cm'
Enter encryption key: *******

間違ったパスワードを入力した場合(またはキーを入力しなかった場合)、いくつかのジャンク文字が表示されます。

注:ファイルを保護するために弱い暗号化方式が使用されたことを示す警告があります。次に、Vimで強力な暗号化方式を設定する方法を説明します。

cryptmethod(cm)のセットを確認するには、次のように入力します(下にスクロールして、使用可能なすべてのメソッドを表示します)。

:help 'cm'
                                                *'cryptmethod'* *'cm'*
'cryptmethod' 'cm'      string  (default "zip")
                        global or local to buffer |global-local|
                        {not in Vi}
        Method used for encryption when the buffer is written to a file:
                                                        *pkzip*
           zip          PkZip compatible method.  A weak kind of encryption.
                        Backwards compatible with Vim 7.2 and older.
                                                        *blowfish*
           blowfish     Blowfish method.  Medium strong encryption but it has
                        an implementation flaw.  Requires Vim 7.3 or later,
                        files can NOT be read by Vim 7.2 and older.  This adds
                        a "seed" to the file, every time you write the file
options.txt [Help][RO]                                                                  

以下に示すように、Vimファイルに新しいcryptomethodを設定できます(この例ではblowfish2を使用します)。

:setlocal cm=blowfish2

次に、 [Enter] :wq を押してファイルを保存します。

以下に示すように、ファイルを再度開いたときに警告メッセージが表示されないはずです。

$ vim file.txt

Need encryption key for "file.txt"
Enter encryption key: *******

Vimテキストファイルを開いた後にパスワードを設定し、コマンド:X を使用して、上記のように暗号パスを設定することもできます。

Vimエディターに関する役立つ記事をいくつかチェックしてください。

  1. Learn Useful Vim Editor Trips and Tricks in Linux
  2. 8 Useful Vim Editor Tricks for Every Linux User
  3. spf13-vim – The Ultimate Distribution for Vim Editor
  4. How to Use Vim Editor as Bash IDE in Linux

それで全部です!この記事では、LinuxのVimテキストエディターを使用してファイルをパスワードで保護する方法について説明しました。

強力な暗号化とパスワードを使用して、ユーザー名とパスワード、金融口座情報などの秘密情報を含む可能性のあるテキストファイルを適切に保護することを常に忘れないでください。以下のフィードバックセクションを使用して、私たちと考えを共有してください。