ttyload-ターミナルでのLinux負荷平均の色分けされたグラフを表示します


ttyloadは軽量のユーティリティであり、Linuxやその他のUnixライクなシステムでの経時的な負荷平均の色分けされたグラフを提供することを目的としています。これにより、端末(「tty」)のシステム負荷平均をグラフィカルに追跡できます。

Linux、IRIX、Solaris、FreeBSD、MacOS X(Darwin)、IsilonOneFSなどのシステムで実行できることが知られています。他のプラットフォームに簡単に移植できるように設計されていますが、これにはいくつかのハードワークが伴います。

その注目すべき機能のいくつかは次のとおりです。画面の操作と色付けに、かなり標準的ですがハードコードされたANSIエスケープシーケンスを使用します。また、他の方法でアンロードされたシステムで物事がどのように機能するかを確認したい場合は、比較的自己完結型のロードボムが付属しています(ただし、インストールはされません。デフォルトではビルドされません)。

この記事では、Linuxにttyloadをインストールして使用し、ターミナルでのシステム負荷平均の色分けされたグラフを表示する方法を示します。

Linuxシステムにttyloadをインストールする方法

Debian/Ubuntuベースのディストリビューションでは、次のapt-getコマンドを入力して、デフォルトのシステムリポジトリからttyloadをインストールできます。

$ sudo apt-get install ttyload

他のLinuxディストリビューションでは、図のようにソースからttyloadをインストールできます。

$ git clone https://github.com/lindes/ttyload.git
$ cd ttyload
$ make
$ ./ttyload
$ sudo make install

インストールしたら、次のコマンドを入力して起動できます。

$ ttyload

注:プログラムを閉じるには、 [Ctrl + C] キーを押すだけです。

更新の間隔の秒数を定義することもできます。デフォルト値は4で、最小値は1です。

$ ttyload -i 5
$ ttyload -i 1

ANSIエスケープをオフにするモノクロモードで実行するには、次のように -m を使用します。

$ ttyload -m

ttyloadの使用情報とヘルプを取得するには、と入力します。

$ ttyload -h 

以下は、まだ追加されていない重要な機能の一部です。

  • Support for arbitrary sizing.
  • Make an X front end using the same basic engine, to have “3xload”.
  • Logging-oriented mode.

詳細については、ttyloadホームページをご覧ください:http://www.daveltd.com/src/util/ttyload/

それは今のところすべてです!この記事では、Linuxにttyloadをインストールして使用する方法を紹介しました。以下のコメントセクションからご返信ください。