ウェブサイト検索

Unbreakable Linux Network (ULN) を使用した MySQL のインストール


ULN を利用して MySQL をインストールする方法を理解しましょう。

Linux は、MySQL をインストールするさまざまな方法をサポートしています。方法の 1 つは、ULN としても知られる Oracle の Unbreakable Linux Network からインストールすることです。

Oracle Linux と ULN の詳細については、http://linux.oracle.com/ を参照してください。

Unbreakable Linux ネットワークをインストールする

ULN、つまり Unbreakable Linux Network を使用して MySQL をインストールする方法を理解しましょう。 ULN を使用するには、ULN ログインを取得する必要があります。

これが完了したら、ULN でのインストールに使用するマシンを登録する必要があります。コミュニティ パッケージと商用パッケージの両方をサポートします。

コミュニティバージョン

コミュニティバージョンには、「MySQL 8.0」などのMySQLサーバーバージョンごとに1つのチャネルがあり、すべてのULNユーザーが利用できます。

コミュニティバージョン

商用バージョンには、MySQL 8.0 Commercial Server、MySQL 8.0 Connectors Commercial、および MySQL 8.0 Tools Commercial の 3 つのチャネルがあります。商用 MySQL ULN パッケージには oracle.linux.com からアクセスできます。ユーザーは CSI に MySQL (エンタープライズまたはスタンダード) の有効な商用ライセンスを提供する必要があります。

適切な CSI により、商用 MySQL サブスクリプション チャネルがユーザーの ULN GUI インターフェイスで利用できるようになります。

Oracle Linux 8 は MySQL 8 のサポートを提供します。

ULN を使用して MySQL をインストールすると、サーバーの起動と停止などの情報を理解できるようになります。 ULN を使用するようにパッケージ ソースが変更されているが、使用されている MySQL のビルドが変更されていない場合は、ユーザー データのバックアップを取得し、既存のバイナリを削除して、ULN のバイナリと置き換える必要があります。

ビルドが変更された場合、データのバックアップはダンプである必要があります (mysqldump または mysqlpump、または MySQL Shell のバックアップ ユーティリティから)。これは、新しいバイナリが配置された後にデータを再構築する必要があるときに利用できるようにするために行われます。