ウェブサイト検索

Bandwidth – Linux 用のネットワーク帯域幅利用ツール


ネットワーク使用率に関しては、帯域幅が重要な要素です。これにより、特定の時間枠内にネットワーク接続を通じて送信できるデータの量が決まります。 Linux は、帯域幅の使用状況を監視および管理するためのさまざまなネットワーク ツールを提供します。これらのツールの中でも、Bandwidth は信頼性が高く多用途のコマンドライン ユーティリティで、ユーザーが Linux システム上のネットワーク帯域幅の使用状況を監視および分析するのに役立ちます。

この記事では、帯域幅ツール、その機能、インストールプロセス、および使用方法について説明します。また、帯域幅を使用してネットワーク帯域幅の使用状況を管理および最適化する実際の例についても説明します。

帯域幅とは何ですか?

Bandwidth は、リアルタイムのネットワーク帯域幅の監視と分析を提供する Linux コマンド ライン ユーティリティです。イーサネット、Wi-Fi、Bluetooth などのネットワーク インターフェイスで送受信されたデータの量を示します。帯域幅は、TCP、UDP、ICMP などの複数のネットワーク プロトコルをサポートします。

帯域幅は libpcap ライブラリに基づいており、これによりネットワーク パケットのキャプチャと分析が可能になります。シンプルで直感的な構文を使用しているため、初心者でも簡単に使用できます。帯域幅は、ネットワーク管理者、システム エンジニア、およびネットワーク帯域幅の使用状況を管理および最適化する必要がある人にとって強力なツールです。

帯域幅の設置

帯域幅は、Ubuntu および Debian パッケージ リポジトリの一部です。帯域幅をインストールするには、ターミナルを開いて次のコマンドを入力します-

sudo apt-get install bandwidth

他の Linux ディストリビューションの場合は、公式 Web サイトからソース コードをダウンロードし、手動でコンパイルできます。帯域幅は、CentOS、Fedora、OpenSUSE など、ほとんどの Linux ディストリビューションと互換性があります。

帯域幅の使用量

帯域幅には、ユーザーがニーズに応じて機能をカスタマイズできるようにするいくつかのオプションとパラメーターが用意されています。最も一般的に使用されるコマンドとオプションのいくつかを次に示します-

bandwidth [options] [filter]

フィルター パラメーターは、監視するネットワーク インターフェイスまたは IP アドレスを指定します。フィルターを指定しない場合、帯域幅はすべてのネットワーク インターフェイスを監視します。

options パラメーターは、帯域幅の動作をカスタマイズするためのオプションとパラメーターを指定します。最も一般的に使用されるオプションのいくつかを次に示します-

  • -h または --help - ヘルプ メニューと使用方法を表示します。

  • -d または --duration - 監視期間の継続時間を秒単位で指定します。デフォルトの継続時間は 10 秒です。

  • -i または --interval - 各測定間の間隔を秒単位で指定します。デフォルトの間隔は 1 秒です。

  • -n または --number - 実行する測定の数を指定します。デフォルトの数は無制限です。

  • -r または --rate - 測定レートを 1 秒あたりのパケット数で指定します。デフォルトのレートは 1000 パケット/秒です。

  • -t または --type - TCP、UDP、ICMP など、監視するネットワーク プロトコルのタイプを指定します。デフォルトのタイプはすべてのプロトコルです。

帯域幅の使用例

ここでは、帯域幅を使用してネットワーク帯域幅の使用状況を監視および管理する実践的な例をいくつか示します-

特定のネットワークインターフェイスの帯域幅使用状況を監視する

eth0などの特定のネットワークインターフェイスの帯域幅使用状況を監視するには、次のコマンドを入力します-

bandwidth eth0

このコマンドは、eth0 インターフェイスのリアルタイムの帯域幅使用量を表示します。

特定の IP アドレスの帯域幅使用状況を監視する

192.168.1.100などの特定のIPアドレスの帯域幅使用状況を監視するには、次のコマンドを入力します-

bandwidth host 192.168.1.100

このコマンドは、IP アドレス 192.168.1.100 のホストのリアルタイムの帯域幅使用状況を表示します。

特定のネットワークプロトコルの帯域幅使用状況を監視する

TCPなどの特定のネットワークプロトコルの帯域幅使用状況を監視するには、次のコマンドを入力します-

bandwidth -t tcp

このコマンドは、システム上のすべての TCP 接続の帯域幅使用状況をリアルタイムで表示します。

特定の期間の帯域幅の使用状況を監視する

特定の期間(30秒など)の帯域幅の使用状況を監視するには、次のコマンドを入力します-

bandwidth -d 30

このコマンドは、リアルタイムの帯域幅使用量を 30 秒間表示した後、停止します。

特定の測定レートで帯域幅の使用状況を監視する

1秒あたり500パケットなどの特定の測定レートで帯域幅の使用状況を監視するには、次のコマンドを入力します-

bandwidth -r 500

このコマンドは、1 秒あたり 500 パケットの測定レートでリアルタイムの帯域幅使用状況を表示します。

帯域幅の使用状況を特定の間隔で監視する

5秒などの特定の間隔で帯域幅の使用状況を監視するには、次のコマンドを入力します-

bandwidth -i 5

このコマンドは、リアルタイムの帯域幅使用状況を 5 秒ごとに表示します。

帯域幅を使用して、特定のプロセスまたはアプリケーションの帯域幅使用状況を監視することもできます。これは、どのプロセスまたはアプリケーションがネットワーク帯域幅を最も多く消費しているかを特定し、その使用を最適化するのに役立ちます。 「-p」オプションを使用して、監視するプロセスのプロセス ID (PID) またはアプリケーションの名前を指定できます。たとえば、次のコマンドは、Firefox Webブラウザのネットワーク帯域幅の使用状況を監視します-

bmon -p firefox

このコマンドは、Firefox プロセスのネットワーク帯域幅使用量のリアルタイム グラフを表示します。

さらに、Bandwidth を Wireshark などの他のネットワーク監視ツールと併用して、ネットワーク トラフィックの包括的なビューを提供することもできます。 Wireshark は、ネットワーク トラフィックをリアルタイムでキャプチャして分析するネットワーク プロトコル アナライザーです。 Bandwidth と Wireshark を併用すると、ネットワークの帯域幅使用率を監視できるだけでなく、潜在的なセキュリティ上の脅威やパフォーマンスの問題についてネットワーク トラフィックを分析することもできます。

全体として、Bandwidth は、Linux ベースのシステム上のネットワーク帯域幅の使用状況を監視するための多用途ツールです。使いやすさとリアルタイムの統計により、ネットワーク管理者にとって不可欠なツールとなっています。サーバーの帯域幅使用状況の監視、ネットワーク問題のトラブルシューティング、またはネットワーク パフォーマンスのテストのいずれの場合でも、帯域幅はネットワーク トラフィックの包括的なビューを提供し、最適なパフォーマンスを確保するのに役立ちます。

結論

結論として、Bandwidth は、Linux 用の強力で多用途なネットワーク帯域幅利用ツールです。リアルタイムのネットワーク帯域幅の監視と分析を提供し、複数のネットワーク プロトコルをサポートします。 Bandwidth はインストールと使用が簡単で、その機能をカスタマイズするためのいくつかのオプションとパラメーターが提供されます。これは、ネットワーク管理者、システム エンジニア、およびネットワーク帯域幅の使用を管理および最適化する必要がある人にとって不可欠なツールです。