LinuxでMySQLまたはMariaDBのrootパスワードを変更する方法


LinuxにMySQLまたはMariaDBを初めてインストールする場合は、mysql_secure_installationスクリプトを実行して、MySQLのインストールを基本設定で保護する可能性があります。

これらの設定の1つは、データベースのルートパスワードです。これは秘密にして、必要な場合にのみ使用する必要があります。変更する必要がある場合(たとえば、データベース管理者が役割を変更した場合、または解雇された場合)。

この記事は重宝します。 LinuxでMySQLまたはMariaDBデータベースサーバーのルートパスワードを変更する方法を説明します。

この記事ではMariaDBサーバーを使用しますが、この手順はMySQLでも機能するはずです。

MySQLまたはMariaDBのルートパスワードを変更する

rootパスワードを知っていて、それをリセットしたい場合は、MariaDBが実行されていることを確認しましょう。

------------- CentOS/RHEL 7 and Fedora 22+ ------------- 
# systemctl is-active mariadb

------------- CentOS/RHEL 6 and Fedora -------------
# /etc/init.d/mysqld status

上記のコマンドが active という単語を出力として返さないか、停止している場合は、先に進む前にデータベースサービスを開始する必要があります。

------------- CentOS/RHEL 7 and Fedora 22+ ------------- 
# systemctl start mariadb

------------- CentOS/RHEL 6 and Fedora -------------
# /etc/init.d/mysqld start

次に、rootとしてデータベースサーバーにログインします。

# mysql -u root -p

バージョン間の互換性のために、次のステートメントを使用してmysqlデータベースのユーザーテーブルを更新します。 YourPasswordHere をroot用に選択した新しいパスワードに置き換える必要があることに注意してください。

MariaDB [(none)]> USE mysql;
MariaDB [(none)]> UPDATE user SET password=PASSWORD('YourPasswordHere') WHERE User='root' AND Host = 'localhost';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;

検証するには、と入力して現在のMariaDBセッションを終了します。

MariaDB [(none)]> exit;

次に、Enterキーを押します。これで、新しいパスワードを使用してサーバーに接続できるようになります。

この記事では、MariaDB/MySQLのrootパスワードを変更する方法について説明しました–現在のパスワードを知っているかどうかは関係ありません。

いつものように、下のコメントフォームを使用して質問やフィードバックがあれば、遠慮なく私たちにメモを送ってください。返信お待ちしています!