Drupal 8をRHEL、CentOS、Fedoraにインストールします


Drupalは、オープンソースで、柔軟性があり、拡張性が高く、安全なコンテンツ管理システム(CMS)であり、ユーザーはWebサイトを簡単に構築および作成できます。モジュールを使用して拡張でき、ユーザーはコンテンツ管理を強力なデジタルソリューションに変換できます。

Drupalは、Apache、IIS、Lighttpd、Cherokee、NginxなどのWebサーバーと、バックエンドデータベース MySQL、MongoDB、MariaDB、PostgreSQL、SQLite、MSSQLサーバーで実行されます。

この記事では、LAMPセットアップを使用して、RHEL 7/6、CentOS 7/6、およびFedora20-25ディストリビューションでDrupal8の手動インストールと構成を実行する方法を示します。

  1. Apache 2.x (Recommended)
  2. PHP 5.5.9 or higher (5.5 recommended)
  3. MySQL 5.5.3 or MariaDB 5.5.20 with PHP Data Objects (PDO)

この設定では、ウェブサイトのホスト名を「drupal.tecmint.com」として使用しており、IPアドレスは「192.168.0.104」です。これらの設定はご使用の環境によって異なる場合がありますので、必要に応じて変更してください。

ステップ1:ApacheWebサーバーをインストールする

1.まず、公式リポジトリからApacheWebサーバーをインストールすることから始めます。

# yum install httpd

2.インストールが完了すると、サービスは最初は無効になるため、しばらくの間手動で開始し、次回のシステム起動からも自動的に開始できるようにする必要があります。

------------- On SystemD - CentOS/RHEL 7 and Fedora 22+ ------------- 
# systemctl start httpd
# systemctl enable httpd

------------- On SysVInit - CentOS/RHEL 6 and Fedora ------------- 
# service httpd start
# chkconfig --level 35 httpd on

3.次に、HTTPおよびHTTPSからApacheサービスへのアクセスを許可するには、HTTPDデーモンがリッスンしている80および443ポートを次のように開く必要があります。

------------- On FirewallD - CentOS/RHEL 7 and Fedora 22+ ------------- 
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=https
# firewall-cmd --reload

------------- On IPtables - CentOS/RHEL 6 and Fedora 22+ ------------- 
# iptables -A INPUT -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT
# iptables -A INPUT -p tcp -m tcp --dport 443 -j ACCEPT
# service iptables save
# service iptables restart

4.次に、Apacheが正常に機能していることを確認し、リモートブラウザーを開いて、HTTPプロトコルを使用してサーバーのIPアドレスを URL:http:// server_IP に入力すると、デフォルトのApache2ページが次のように表示されます。以下のスクリーンショット。

ステップ2:ApacheのPHPサポートをインストールする

5.次に、PHPと必要なPHPモジュールをインストールします。

# yum install php php-mbstring php-gd php-xml php-pear php-fpm php-mysql php-pdo php-opcache

重要:PHP 7.0をインストールする場合は、次のリポジトリを追加する必要があります。yumを使用してPHP 7.0をインストールするには、EPELとWebtacticを追加します。

------------- Install PHP 7 in CentOS/RHEL and Fedora ------------- 
# rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
# rpm -Uvh https://mirror.webtatic.com/yum/el7/webtatic-release.rpm
# yum install php70w php70w-opcache php70w-mbstring php70w-gd php70w-xml php70w-pear php70w-fpm php70w-mysql php70w-pdo

6.次に、PHPのインストールとその現在のすべての構成に関する完全な情報をWebブラウザーから取得するために、Apache DocumentRoot(/var/www /)に info.php ファイルを作成しましょう。 html )次のコマンドを使用します。

# echo "<?php  phpinfo(); ?>" > /var/www/html/info.php

次に、HTTPDサービスを再起動し、WebブラウザにURL http://server_IP/info.php を入力します。

# systemctl restart httpd
OR
# service httpd restart

ステップ3:MariaDBデータベースをインストールして構成する

7.参考までに、Red Hat Enterprise Linux/CentOS 7.0は、デフォルトのデータベース管理システムとして、MySQLのサポートからMariaDBに移行しました。

MariaDBデータベースをインストールするには、次の公式MariaDBリポジトリをファイル /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo に追加する必要があります。

[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

リポジトリファイルを配置したら、次のようにMariaDBをインストールできます。

# yum install mariadb-server mariadb

8. MariaDBパッケージのインストールが完了したら、しばらくの間データベースデーモンを起動し、次回の起動時にデータベースデーモンが自動的に起動するようにします。

------------- On SystemD - CentOS/RHEL 7 and Fedora 22+ ------------- 
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb

------------- On SysVInit - CentOS/RHEL 6 and Fedora ------------- 
# service mysqld start
# chkconfig --level 35 mysqld on

9.次に、次のように mysql_secure_installation スクリプトを実行してデータベースを保護します(rootパスワードの設定、リモートrootログインの無効化、テストデータベースの削除、匿名ユーザーの削除)。

# mysql_secure_installation

ステップ4:CentOSにDrupal8をインストールして構成する

10.ここでは、wgetコマンドを使用して最新のDrupalバージョン(つまり8.2.6)をダウンロードすることから始めます。 wgetおよびgzipパッケージがインストールされていない場合は、次のコマンドを使用してそれらをインストールします。

# yum install wget gzip
# wget -c https://ftp.drupal.org/files/projects/drupal-8.2.6.tar.gz

11.その後、tarファイルを抽出し、DrupalフォルダーをApacheドキュメントルート(/var/www/html )に移動します。

# tar -zxvf drupal-8.2.6.tar.gz
# mv drupal-8.2.6 /var/www/html/drupal

12.次に、フォルダー(/ var/www/html/drupal /)内のサンプル設定ファイル default.settings.php から設定ファイル settings.php を作成します。サイト/デフォルト)次に、次のようにサブディレクトリとファイルを含むDrupalサイトディレクトリに適切な権限を設定します。

# cd /var/www/html/drupal/sites/default/
# cp default.settings.php settings.php
# chown -R apache:apache /var/www/html/drupal/

13.重要なのは、「/ var/www/html/drupal/sites /」フォルダーにSELinuxルールを次のように設定することです。

# chcon -R -t httpd_sys_content_rw_t /var/www/html/drupal/sites/

14.次に、Drupalサイトが管理するデータベースとユーザーを作成する必要があります。

# mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 12
Server version: 5.1.73 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MySQL [(none)]> create database drupal;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MySQL [(none)]> create user [email protected] identified by 'tecmint123';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQL [(none)]> grant all on drupal.* to [email protected];
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQL [(none)]> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQL [(none)]> exit
Bye

15.最後に、この時点で、URL http:// server_IP/drupal/を開いてWebインストーラーを開始し、希望のインストール言語を選択して、[保存]をクリックして続行します。

16.次に、インストールプロファイルを選択し、[標準]を選択して、[保存]をクリックして続行します。

17.先に進む前に、要件のレビューに目を通し、クリーンURLを有効にします。

次に、Apache構成でクリーンURLdrupalを有効にします。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下のスクリーンショットに示すように、AllowOverrideAllをデフォルトのDocumentRoot/var/www/htmlディレクトリに設定してください。

18. DrupalのクリーンURLを有効にしたら、ページを更新して、以下のインターフェースからデータベース構成を実行します。 Drupalサイトのデータベース名、データベースユーザー、およびユーザーのパスワードを入力します。

データベースの詳細をすべて入力したら、[保存して続行]をクリックします。

上記の設定が正しければ、以下のインターフェースのようにdrupalサイトのインストールが正常に開始されます。

19.次に、次の値を設定してサイトを構成します(シナリオに適用される値を使用します)。

  1. Site Name – TecMint Drupal Site
  2. Site email address – [email protected]
  3. Username – admin
  4. Password – ##########
  5. User’s Email address – [email protected]
  6. Default country – India
  7. Default time zone – UTC

適切な値を設定したら、[保存して続行]をクリックして、サイトのインストールプロセスを終了します。

20.次のインターフェースは、LAMPスタックを使用したDrupal8サイトの正常なインストールを示しています。

これで、[コンテンツの追加]をクリックして、ページなどのサンプルWebコンテンツを作成できます。

オプション:MySQLコマンドラインを使用してデータベースを管理することに不安がある場合は、PhpMyAdminをインストールしてWebブラウザーインターフェイスからデータベースを管理します。

Drupalドキュメントにアクセスしてください:https://www.drupal.org/docs/8

それで全部です!この記事では、CentOS 7で基本構成を使用してLAMPスタックとDrupal8をダウンロード、インストール、セットアップする方法を示しました。以下のフィードバックフォームを使用して、このチュートリアルに関する返信を送信するか、関連情報を提供してください。