LinuxでのPowerShell6.0入門[初心者向けガイド]


MicrosoftがLinux(一般に「MicrosoftLoves Linux」として知られるようになった)に恋をした後、元々WindowsのみのコンポーネントであったPowerShellがオープンソースになり、2016年8月18日にクロスプラットフォームになり、Linuxで利用できるようになりました。およびMacOS。

PowerShellは、Microsoftによって開発されたタスクの自動化および構成管理システムです。これは、.NET Framework上に構築されたコマンド言語インタープリター(シェル)とスクリプト言語で構成されています。

COM(コンポーネントオブジェクトモデル)とWMI(Windows Management Instrumentation)への完全なアクセスを提供するため、システム管理者はローカルとリモートの両方のWindowsシステム、および管理を可能にするWS-ManagementとCIM(共通情報モデル)で管理タスクを実行できます。リモートLinuxシステムとネットワークデバイスの組み合わせ。

このフレームワークでは、管理タスクは基本的に、コマンドレット(コマンドレットと発音)と呼ばれる特定の.NETクラスによって実行されます。 Linuxのシェルスクリプトと同様に、ユーザーは特定のルールに従ってコマンドレットのグループをファイルに保存することにより、スクリプトまたは実行可能ファイルを作成できます。これらのスクリプトは、独立したコマンドラインユーティリティまたはツールとして使用できます。

LinuxシステムにPowerShellCore6.0をインストールする

LinuxにPowerShellCore 6.0をインストールするには、公式のMicrosoft Ubuntuリポジトリを使用します。これにより、apt-getやyumなどの最も一般的なLinuxパッケージ管理ツールを使用してインストールできます。

最初にパブリックリポジトリのGPGキーをインポートし、次にMicrosoft UbuntuリポジトリをAPTパッケージソースリストに登録して、Powershellをインストールします。

$ curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
$ curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y powershell
$ curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
$ curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/14.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y powershell

まず、Microsoft RedHatリポジトリをYUMパッケージマネージャーリポジトリリストに登録し、Powershellをインストールします。

$ sudo curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/microsoft.repo
$ sudo yum install -y powershell

LinuxでPowershellCore6.0を使用する方法

このセクションでは、Powershellについて簡単に紹介します。ここでは、PowerShellを起動する方法、いくつかの基本的なコマンドを実行する方法、ファイル、ディレクトリ、およびプロセスを操作する方法を確認します。次に、使用可能なすべてのコマンドを一覧表示する方法、コマンドのヘルプとエイリアスを表示する方法について詳しく説明します。

Powershellを起動するには、次のように入力します。

$ powershell

以下のコマンドでPowershellのバージョンを確認できます。

$PSVersionTable

Linuxでいくつかの基本的なPowershellコマンドを実行します。

get-date          [# Display current date]
get-uptime        [# Display server uptime]
get-location      [# Display present working directory]

1.以下の2つの方法を使用して、新しい空のファイルを作成します。

new-item  tecmint.tex
OR
“”>tecmint.tex

次に、それにコンテンツを追加し、ファイルのコンテンツを表示します。

set-content tecmint.tex -value "TecMint Linux How Tos Guides"
get-content tecmint.tex

2.PowerShellでファイルを削除します。

remove-item tecmint.tex
get-content tecmint.tex

3.新しいディレクトリを作成します。

mkdir  tecmint-files
cd  tecmint-files
“”>domains.list
ls

4.モード(ファイルタイプ)、最終変更時刻など、ファイル/ディレクトリの詳細を表示する長いリストを実行するには、次のように入力します。

dir

5.システムで実行中のすべてのプロセスを表示します。

get-process

6.指定された名前で実行中のプロセスの単一/グループの詳細を表示するには、次のように前のコマンドの引数としてプロセス名を指定します。

get-process apache2

上記の出力の単位の意味:

  1. NPM(K) – amount of non-paged memory that the process is using, in kilobytes.
  2. PM(K) – amount of pageable memory that the process is using, in kilobytes.
  3. WS(K) – size of the working set of the process, in kilobytes. The working set consists of the pages of memory that were recently referenced by the process.
  4. CPU(s) – amount of processor time that the process has used on all processors, in seconds.
  5. ID – process ID (PID).
  6. ProcessName – name of the process.

7.詳細については、さまざまなタスクのすべてのPowershellコマンドのリストを取得してください。

get-command

8.コマンドの使用方法については、ヘルプページ(Unix/Linuxのmanページと同様)を参照してください。この例では、Describeコマンドのヘルプを取得できます。

get-help Describe

9.使用可能なすべてのコマンドエイリアスを表示し、次のように入力します。

get-alias

10.最後になりましたが、次のようにコマンド履歴(以前に実行したコマンドのリスト)を表示します。

history

それで全部です!今のところ、この記事では、MicrosoftのPowershell Core6.0をLinuxにインストールする方法を紹介しました。私にとって、Powershellは、コマンドラインからマシンを操作するための、そして重要なことにプログラミング(スクリプト)の目的で、はるかに優れた、よりエキサイティングで生産的な機能を提供する従来のUnix/Linuxシェルと比較してまだ非常に長い道のりがあります。同じように。

Powershell Githubリポジトリにアクセスします:https://github.com/PowerShell/PowerShell

しかし、あなたはそれを試してみて、コメントで私たちとあなたの意見を共有することができます。