Linuxで「bash-support」プラグインを使用して「VimEditor」をBash-IDEとして作成する方法


IDE(統合開発環境)は、プログラマーの生産性を最大化するために、必要なプログラミング機能とコンポーネントを1つのプログラムで提供するソフトウェアです。 IDEは、すべての開発を実行できる単一のプログラムを提案し、プログラマーがプログラムを作成、変更、コンパイル、展開、およびデバッグできるようにします。

この記事では、bash-supportvimプラグインを使用してVimエディターをBash-IDEとしてインストールおよび構成する方法について説明します。

bash-supportは高度にカスタマイズ可能なvimプラグインであり、ファイルヘッダー、完全なステートメント、コメント、関数、コードスニペットを挿入できます。また、構文チェックを実行したり、スクリプトを実行可能にしたり、キーストロークだけでデバッガーを起動したりすることもできます。エディターを閉じずにこれらすべてを実行します。

通常、ショートカットキー(マッピング)を使用してファイルコンテンツを整理された一貫性のある書き込み/挿入することで、bashスクリプトを楽しく楽しくします。

現在のバージョンのプラグインは4.3で、バージョン4.0はバージョン3.12.1を書き直したものです。バージョン4.0以降は、以前のバージョンとは異なり、テンプレート構文が変更された、包括的に新しくより強力なテンプレートシステムに基づいています。

LinuxにBashサポートプラグインをインストールする方法

以下のコマンドを使用して、 bash-supportプラグインの最新バージョンをダウンロードすることから始めます。

$ cd Downloads
$ curl http://www.vim.org/scripts/download_script.php?src_id=24452 >bash-support.zip

次に、次のようにインストールします。ホームフォルダに .vim ディレクトリを作成し(存在しない場合)、そのディレクトリに移動して、bash-support.zipの内容をそこに抽出します。

$ mkdir ~/.vim
$ cd .vim
$ unzip ~/Downloads/bash-support.zip

次に、 .vimrc ファイルからアクティブ化します。

$ vi ~/.vimrc

以下の行を挿入することにより:

filetype plug-in on   
set number   #optionally add this to show line numbers in vim

VimEditorでBashサポートプラグインを使用する方法

使用法を単純化するために、頻繁に使用される構成と特定の操作を、それぞれキーマッピングを使用して挿入/実行できます。マッピングは〜/ .vim/doc/bashsupport.txtおよび〜/ .vim/bash-support/doc/bash-hotkeys.pdfまたは〜/ .vim/bash-support/doc /bash-hotkeys.texファイルで説明されています。

  1. All mappings ((\)+charater(s) combination) are filetype specific: they are only work with ‘sh’ files, in order to avoid conflicts with mappings from other plug-ins.
  2. Typing speed matters-when using key mapping, the combination of a leader ('\') and the following character(s) will only be recognized for a short time (possibly less than 3 seconds – based on assumption).

以下は、このプラグインの特定の注目すべき機能であり、その使用方法を説明および学習します。

以下のサンプルヘッダーを見て、このヘッダーをすべての新しいbashスクリプトで自動的に作成するには、以下の手順に従います。

Bashバッファー内でtw を実行して(以下のようなテストスクリプトを開きます)、テンプレートセットアップウィザードを開始します。

オプション(1)を選択してパーソナライズファイルを設定し、[Enter]を押します。

$ vi test.sh

その後、もう一度[Enter]を押してください。次に、オプション(1)をもう一度選択して、パーソナライズファイルの場所を設定し、[Enter]キーを押します。

ウィザードは、テンプレートファイル.vim/bash-support/rc /personal.templatesを.vim/templates/personal.templatesにコピーし、編集用に開きます。ここで、詳細を挿入できます。

スクリーンショットに示すように、 i を押して、適切な値を一重引用符で囲みます。

正しい値を設定したら、:wq と入力してファイルを保存し、終了します。 Bashテストスクリプトを閉じ、別のスクリプトを開いて新しい構成を確認します。これで、ファイルヘッダーには、以下のスクリーンショットのような個人情報が含まれるはずです。

$ test2.sh

これを行うには、Vimコマンドラインで以下のコマンドを入力して[Enter]を押すと、ファイル.vim/doc/tagsが作成されます。

:helptags $HOME/.vim/doc/

フレーム付きのコメントを挿入するには、

以下は、ステートメントを挿入するための主要なマッピングです( n –通常モード、 i –挿入モード):

  1. \sc – case in … esac (n, I)
  2. \sei – elif then (n, I)
  3. \sf – for in do done (n, i, v)
  4. \sfo – for ((…)) do done (n, i, v)
  5. \si – if then fi (n, i, v)
  6. \sie – if then else fi (n, i, v)
  7. \ss – select in do done (n, i, v)
  8. \su – until do done (n, i, v)
  9. \sw – while do done (n, i, v)
  10. \sfu – function (n, i, v)
  11. \se – echo -e “…” (n, i, v)
  12. \sp – printf “…” (n, i, v)
  13. \sa – array element, ${.[.]} (n, i, v) and many more array features.

\ sfu と入力して新しい空の関数を追加し、関数名を追加して[Enter]キーを押して作成します。その後、関数コードを追加します。

上記の関数のヘッダーを作成するには、

以下は、 \ si を使用したifステートメントの挿入を示す例です。

\ se を使用したechoステートメントの追加を示す次の例:

以下は、いくつかの実行操作のキーマッピングのリストです。

  1. \rr – update file, run script (n, I)
  2. \ra – set script cmd line arguments (n, I)
  3. \rc – update file, check syntax (n, I)
  4. \rco – syntax check options (n, I)
  5. \rd – start debugger (n, I)
  6. \re – make script executable/not exec.(*) (in)

スクリプトを書いたら、それを保存してと入力します e を押して、[Enter]を押して実行可能にします。

w は事前定義されたコードスニペットを読み書きします。次のコマンドを発行して、デフォルトのコードスニペットを一覧表示します。

$ .vim/bash-support/codesnippets/

r をクリックし、オートコンプリート機能を使用して名前を選択し、[Enter]キーを押します。

〜/ .vim/bash-support/codesnippets /の下に独自のコードスニペットを書くことができます。重要なのは、通常のスクリプトコードから独自のコードスニペットを作成することもできるということです。

  1. choose the section of code that you want to use as a code snippet, then press \nw, and closely give it a filename.
  2. to read it, type \nr and use the filename to add your custom code snippet.

ヘルプを表示するには、通常モードで次のように入力します。

  1. \hh – for built-in help
  2. \hm – for a command help

詳細については、ファイルをお読みください。

~/.vim/doc/bashsupport.txt  #copy of online documentation
~/.vim/doc/tags

Vim WebサイトのBashサポートプラグインにアクセスします:http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id u003d 365

今のところこれですべてです。この記事では、bash-supportプラグインを使用してLinuxでVimをBash-IDEとしてインストールおよび構成する手順について説明しました。このプラグインの他のエキサイティングな機能をチェックして、コメントで私たちと共有してください。