OracleVirtualBoxでゲストVMとホスト間のネットワークを構成する方法


Oracle VirtualBoxにさまざまなオペレーティング・システムをインストールしたら、ホストと仮想マシン間の通信を有効にすることができます。

この記事では、Linuxでゲスト仮想マシンとホストのネットワークをセットアップする最も簡単で直接的な方法について説明します。

このチュートリアルの目的:

  1. Host Operating System – Linux Mint 18
  2. Virtual Machine OS – CentOS 7 and Ubuntu 16.10
  1. A working Oracle Virtualbox installed on Host machine.
  2. You must have installed a guest operating system such as Ubuntu, Fedora, CentOS, Linux Mint or any of your choice in the Oracle virtual box.
  3. Power off the virtual machines as you perform the configurations up to the step where your required to turn them on.

ゲストマシンとホストマシンが通信するには、それらが同じネットワーク上にある必要があり、デフォルトでは、最大4枚のネットワークカードをゲストマシンに接続できます。

デフォルトのネットワークカード(アダプタ1)は通常、ホストマシンを介してNATを使用してゲストマシンをインターネットに接続するために使用されます。

重要:常に最初のアダプターをホストと通信するように設定し、2番目のアダプターをインターネットに接続するように設定してください。

ゲストとホストマシンのネットワークを作成する

以下のVirtualboxマネージャーインターフェイスで、ホストとゲストが動作するネットワークを作成することから始めます。

[ファイル] –> [設定]に移動するか、 Ctrl + G を押します。

次のインターフェイスから、2つのオプションがあります。それをクリックして、ホストオンリーネットワークを選択します。次に、右側の + 記号を使用して、新しいホストオンリーネットワークを追加します。

以下は、vboxnet0と呼ばれる新しいホストオンリーネットワークが作成されたことを示すスクリーンショットです。

必要に応じて、中央の-ボタンを使用して削除し、ネットワークの詳細/設定を表示するには、編集ボタンをクリックします。

ネットワークアドレス、ネットワークマスクなど、好みに応じて値を変更することもできます。

注:以下のインターフェースのIPv4アドレスは、ホストマシンのIPアドレスです。

次のインターフェイスでは、ゲストマシンで動的IPアドレスを使用する場合のDHCPサーバーを構成できます(使用する前に有効になっていることを確認してください)。ただし、仮想マシンには静的IPアドレスを使用することをお勧めします。

次に、以下のすべてのネットワーク設定インターフェイスで[OK]をクリックして、変更を保存します。

注:ホストマシンと通信するためにネットワークに追加するすべての仮想マシンについて、以下の手順に従うことができます。

仮想ボックスマネージャーインターフェイスに戻り、Ubuntu16.10サーバーやCentOS7などのゲスト仮想マシンを選択して[設定]メニューをクリックします。

上記のインターフェースからネットワークオプションを選択します。その後、次の設定で最初のネットワークカード(アダプター1)を構成します。

  1. Check the option: “Enable Network Adapter” to turn it on.
  2. In the field Attached to: select Host-only Adapter
  3. Then select the Name of the network: vboxnet0

以下のスクリーンショットのように、[OK]をクリックして設定を保存します。

次に、2番目のネットワークカード(アダプター2)を追加して、ホストを介して仮想マシンをインターネットに接続します。以下の設定を使用してください。

  1. Check the option: “Enable Network Adapter” to activate it.
  2. In the field Attached to: select NAT

この段階で、ゲスト仮想マシンの電源を入れ、ログインして静的IPアドレスを構成します。以下のコマンドを実行して、ゲストマシン上のすべてのインターフェイスと割り当てられたIPアドレスを表示します。

$ ip add

上記のスクリーンショットから、仮想マシンで有効になっている3つのインターフェイスがあることがわかります。

  1. lo – loopback interface
  2. enp0s3 (Adapter 1) – for host-only communication which is using the DHCP as set in one of the previous steps and later configured with a static IP address.
  3. enp0s8 (Adapter 2) – for connection to the Internet. It will use DHCP by default.

重要:ここでは、Ubuntu 16.10サーバーを使用しました:IPアドレス:192.168.56.5。

スーパーユーザー権限を持つお気に入りのエディターを使用して、ファイル/ etc/network/interfacesを開きます。

$ sudo vi /etc/network/interfaces

インターフェイスenp0s3には、次の設定を使用します(ここでは任意の値を使用してください)。

auto  enp0s3
iface enp0s3 inet static
address  192.168.56.5
network  192.168.56.0
netmask  255.255.255.0
gateway  192.168.56.1
dns-nameservers  8.8.8.8  192.168.56.1

ファイルを保存して終了します。

次に、次のようにネットワークサービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart networking

または、システムを再起動して、インターフェイスが新しいIPアドレスを使用しているかどうかを確認します。

$ ip add

重要:このセクションでは、CentOS 7:IPアドレス:192.168.56.10を使用しました。

enp0s3 –ホストのみのネットワークインターフェースのファイルを開くことから始めます。/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3は、スーパーユーザー権限を持つお気に入りのエディターを使用します。

$ sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3

次の設定を作成/変更します(ここでお好みの値を使用してください)。

BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.56.10
NETWORK=192.168.56.0
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.56.1
DNS=8.8.8.8 192.168.56.1
NM_CONTROLLED=no     #use this file not network manager to manage interface

ファイルを保存して終了します。次に、次のようにネットワークサービスを再起動します(再起動することもできます)。

$ sudo systemctl restart network.service 

次のように、インターフェイスが新しいIPアドレスを使用しているかどうかを確認します。

$ ip add

ホストマシンで、SSHを使用して仮想マシンを管理します。次の例では、SSHを使用してCentOS 7(192.168.56.10)サーバーにアクセスしています。

$ ssh [email protected]
$ who

それでおしまい!この投稿では、ゲスト仮想マシンとホストの間にネットワークを設定する簡単な方法について説明しました。以下のフィードバックセクションを使用して、このチュートリアルについての考えを共有してください。