Linuxですべてのユーザーの共有ディレクトリを作成する方法


システム管理者は、Linuxサーバー上のすべてのユーザーに読み取り/書き込みアクセスを許可する特定のディレクトリを持っている場合があります。このガイドでは、Linuxの特定のディレクトリ(共有ディレクトリ)上のすべてのユーザーに書き込みアクセスを有効にする方法を確認します。

これには、適切なアクセス許可を設定する必要があります。また、特定のディレクトリを共有する、または特定のディレクトリへの書き込みアクセス権を持つすべてのユーザーに共通のグループを割り当てるための最も効果的で信頼性の高い方法が必要です。

したがって、次のように、ディレクトリと共通グループがシステムにまだ存在しない場合に備えて、作成することから始めます。

$ sudo mkdir -p /var/www/reports/
$ sudo groupadd project 

次に、ディレクトリ/ var/www/reports /への書き込みアクセス権を持つ既存のユーザーを以下のようにグループプロジェクトに追加します。

$ sudo usermod -a -G project tecmint 

上記のコマンドで使用されるフラグと引数は次のとおりです。

  1. -a – which adds the user to the supplementary group.
  2. -G – specifies the group name.
  3. project – group name.
  4. tecmint – existing username.

その後、ディレクトリに対する適切なアクセス許可の構成に進みます。ここで、オプション -R を使用すると、サブディレクトリへの再帰操作が有効になります。

$ sudo chgrp -R project /var/www/reports/
$ sudo chmod -R 2775 /var/www/reports/

上記のchmodコマンドでパーミッション2775を説明します。

  1. 2 – turns on the setGID bit, implying–newly created subfiles inherit the same group as the directory, and newly created subdirectories inherit the set GID bit of the parent directory.
  2. 7 – gives rwx permissions for owner.
  3. 7 – gives rwx permissions for group.
  4. 5 – gives rx permissions for others.

次のようにして、システムユーザーをさらに作成し、ディレクトリグループに追加できます。

$ sudo useradd -m -c "Aaron Kili" -s/bin/bash -G project aaronkilik
$ sudo useradd -m -c "John Doo" -s/bin/bash -G project john
$ sudo useradd -m -c "Ravi Saive" -s/bin/bash -G project ravi

次に、上記の新しいユーザーがプロジェクトレポートを保存するサブディレクトリを作成します。

$ sudo mkdir -p /var/www/reports/aaronkilik_reports
$ sudo mkdir -p /var/www/reports/johndoo_reports
$ sudo mkdir -p /var/www/reports/ravi_reports

これで、ファイル/フォルダーを作成して、同じグループの他のユーザーと共有できます。

それでおしまい!このチュートリアルでは、特定のディレクトリのすべてのユーザーに書き込みアクセスを有効にする方法を確認しました。 Linuxでのユーザー/グループの詳細については、「ユーザー/グループのファイルのアクセス許可と属性を管理する方法」を参照してください。

以下のフィードバックフォームから、この記事についてのご意見をお聞かせください。