httpstat-WebサイトのパフォーマンスをチェックするためのCurl統計ツール


httpstatは、魅力的で明確な方法でcurl統計を反映するPythonスクリプトであり、Python 3と互換性があり、ユーザーシステムに追加のソフトウェア(依存関係)をインストールする必要がない単一のファイルです。

これは基本的にcURLツールのラッパーです。つまり、httpstatですでに使用されているオプション-w、-D、-o、-s、および-Sを除き、URLの後にいくつかの有効なcURLオプションを使用できます。 。

上の画像では、各プロセスにかかった時間を示すASCIIテーブルを見ることができます。私にとって最も重要なステップは「サーバー処理」です。この数値が大きい場合は、サーバーを調整してWebサイトを高速化する必要があります。

ウェブサイトまたはサーバーのチューニングについては、こちらの記事を確認してください。

  1. 5 Tips to Tune Performance of Apache Web Server
  2. Speed Up Apache and Nginx Performance Upto 10x
  3. How to Boost Nginx Performance Using Gzip Module
  4. 15 Tips to Tune MySQL/MariaDB Performance

httpstatを取得して、次の注入手順と使用法を使用してWebサイトの速度を確認します。

Linuxシステムにhttpstatをインストールする

httpstatユーティリティは、次の2つの方法を使用してインストールできます。

1.次のようにwgetコマンドを使用して、Githubリポジトリから直接取得します。

$ wget -c https://raw.githubusercontent.com/reorx/httpstat/master/httpstat.py

2.次のようにpipを使用します(この方法では、httpstatをコマンドとしてシステムにインストールできます)。

$ sudo pip install httpstat

注:pipパッケージがシステムにインストールされていることを確認してください。インストールされていない場合は、配布パッケージマネージャーのyumまたはaptを使用してインストールしてください。

Linuxでhttpstatを使用する方法

httpstatは、インストール方法に応じて使用できます。直接ダウンロードした場合は、ダウンロードディレクトリ内から次の構文を使用して実行します。

$ python httpstat.py url cURL_options 

pipを使用してインストールした場合は、次の形式のコマンドとして実行できます。

$ httpstat url cURL_options  

httpstatのヘルプページを表示するには、次のコマンドを発行します。

$ python httpstat.py --help
OR
$ httpstat --help
Usage: httpstat URL [CURL_OPTIONS]
       httpstat -h | --help
       httpstat --version

Arguments:
  URL     url to request, could be with or without `http(s)://` prefix

Options:
  CURL_OPTIONS  any curl supported options, except for -w -D -o -S -s,
                which are already used internally.
  -h --help     show this screen.
  --version     show version.

Environments:
  HTTPSTAT_SHOW_BODY    Set to `true` to show response body in the output,
                        note that body length is limited to 1023 bytes, will be
                        truncated if exceeds. Default is `false`.
  HTTPSTAT_SHOW_IP      By default httpstat shows remote and local IP/port address.
                        Set to `false` to disable this feature. Default is `true`.
  HTTPSTAT_SHOW_SPEED   Set to `true` to show download and upload speed.
                        Default is `false`.
  HTTPSTAT_SAVE_BODY    By default httpstat stores body in a tmp file,
                        set to `false` to disable this feature. Default is `true`
  HTTPSTAT_CURL_BIN     Indicate the curl bin path to use. Default is `curl`
                        from current shell $PATH.
  HTTPSTAT_DEBUG        Set to `true` to see debugging logs. Default is `false`

上記のhelpコマンドの出力から、httpstatにはその動作に影響を与える有用な環境変数のコレクションがあることがわかります。

それらを使用するには、 .bashrc または .zshrc ファイルに適切な値で変数をエクスポートするだけです。

例えば:

export  HTTPSTAT_SHOW_IP=false
export  HTTPSTAT_SHOW_SPEED=true
export  HTTPSTAT_SAVE_BODY=false
export  HTTPSTAT_DEBUG=true

それらの追加が完了したら、ファイルを保存し、以下のコマンドを実行して変更を有効にします。

$ source  ~/.bashrc

使用するcURLバイナリパスを指定することもできます。デフォルトは現在のシェルからのcurlです/ usr/local/sbin:/ usr/local/bin:/ usr/sbin:/ usr/bin:/ sbin:/ bin環境変数。

以下は、httpsatがどのように機能するかを示すいくつかの例です。

$ python httpstat.py google.com
OR
$ httpstat google.com

次のコマンドでは:

  1. -x command flag specifies a custom request method to use while communicating with the HTTP server.
  2. --data-urlencode data posts data (a=b in this case) with URL-encoding turned on.
  3. -v enables a verbose mode.
$ python httpstat.py httpbin.org/post -X POST --data-urlencode "a=b" -v 

より便利で高度なオプションについては、cURLのマニュアルページを参照するか、http://github.com/reorx/httpstatにアクセスしてください。

この記事では、cURL統計を監視するための便利なツールがシンプルで明確な方法であることを説明しました。そのようなツールをご存知の場合は、遠慮なくお知らせください。また、以下のフィードバックセクションから、この記事またはhttpstatについて質問したり、コメントしたりすることもできます。