LinuxにMSSQLServerをインストールして使用する方法


2016年、マイクロソフトはMS SQLServerをLinuxに導入する計画を発表してIT業界を驚かせました。

Satya Nadellaのリーダーシップの下、レドモンドの巨人は、Linuxが業界を支配している分野(クラウドを強化するテクノロジーなど)の活用に向けて大きな進歩を遂げました。 LinuxでSQLServerを利用できるようにする動きは、このアプローチを示すもう1つの指標です。

このイニシアチブの背後にある会社の動機が何であれ、Linuxシステム管理者はMS SQL Serverのインストール、保守、および使用方法を学ぶ必要があります。特に、プレビューバージョンパッケージがRed Hat Enterprise Linux 7.3以降(CentOS 7.3を含む)ですでに利用可能であることを考慮してください。 +も)およびUbuntu Server 16.04ビット(申し訳ありませんが、32ビットバージョンはありません!)。

プレビューバージョンの唯一の「派手な」システム要件は、それがインストールされているシステムに少なくとも2GBのRAMが必要であることです。

LinuxへのMSSQLServerのインストール

このクイックスタート記事では、SQL Server2019プレビューをRHEL/CentOS7.3以降のリリースとUbuntu16.04にインストールする方法について説明します。

1. RHEL/CentOS7.3以降のリリースにSQLServerをインストールするには、Microsoft SQL Server2019プレビューのRedHatリポジトリ構成ファイルをダウンロードします。これにより、次のcurlコマンドを使用してmssql-serverパッケージとmssql-toolsがインストールされます。

# curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server-preview.repo
# curl -o /etc/yum.repos.d/msprod.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo

2.次に、図に示すように、yumパッケージマネージャーを使用して、unixODBC開発者パッケージとともにSQLServerとmssql-toolsをインストールします。

# yum install -y mssql-server mssql-tools unixODBC-devel

3.インストールが完了すると、構成スクリプト(/ opt/mssql/bin/mssql-conf)を実行してライセンス条項に同意し、SAユーザーのパスワードを設定して、エディションを選択するように求められます。

# /opt/mssql/bin/mssql-conf setup

4.構成が完了したら、SQLServerサービスが実行されていることを確認します。

# systemctl status mssql-server

5.外部クライアントがデータベースサーバーと通信できるようにするには、ファイアウォールでポート1433/tcpを開きます。

Firewalldを使用している場合:

# firewall-cmd --add-port=1433/tcp --permanent
# firewall-cmd --reload

それ以外の場合(iptablesを使用):

# iptables -A INPUT -p tcp --dport 1433 -j ACCEPT
# iptables-save > /etc/sysconfig/iptables

1.UbuntuがMSSQL Serverリポジトリからのパッケージを信頼できるようにするには、次のwgetコマンドを使用してGPGキーをインポートします。

$ wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

2. SQL Server2019プレビュー用のMicrosoftSQL ServerUbuntuリポジトリを追加します。

$ sudo add-apt-repository "$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server-preview.list)"
$ curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list

3.パッケージインデックスファイルを再同期し、コアパッケージと追加ツールを更新します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mssql-server mssql-tools unixodbc-dev -y

4.前の場合と同様に、構成スクリプトを実行します。

$ sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup

5. MS SQL Toolsのライセンス条項に同意するように求められたら、「はい」を選択します。

LinuxでのMSSQLServerのテスト

サーバーにログインして、Fabricsという名前のデータベースを作成します。 -P スイッチの後には、以前にパッケージをインストールしたときに選択したパスワードを入力する必要があります。

$ sqlcmd -S localhost -U SA -P 'YourPasswordHere'
CREATE DATABASE Fabrics
exit

Linuxを使用している場合は、上記のようにコマンドラインを引き続き使用できます。それ以外の場合、Windowsを使用している場合は、SQL Server Management StudioExpressをインストールします。

完了したら、データベースサーバーのIP(この場合は192.168.0.200)とログイン資格情報(username u003d sa、password u003d YourPasswordHere)を入力します。

ログインに成功すると、Fabricsデータベースが左側に表示されます。

次に、[新しいクエリ]をクリックして新しいクエリウィンドウを開き、Codeproject.comからFabricsスクリプトのコンテンツを挿入し、[実行]をクリックします。

成功すると、スクリプトが5つのテーブルを作成し、それぞれにレコード数が表示されます。

最後に、次のクエリを実行して、Clientsテーブルから最初の5つのレコードを取得します。

USE Fabrics
SELECT TOP 5 FirstName, LastName,
DateOfBirth FROM Client
GO

結果は、次の画像の出力と同じになるはずです。

おめでとう! LinuxにMSSQLServerを正常にインストールしてテストしました。

この記事では、MS SQLServerをRHEL/CentOSおよびUbuntuServerにインストールする方法について説明しました。

MicrosoftとLinuxが新たに近づいたため、Linuxシステム管理者は、ゲームのトップを維持したい場合、MS SQLServerに精通している必要があります。

2017年半ばまでに、Linuxでは現在のWindowsと同じSQL Serverエディション(Enterprise、Standard、Web、Express、およびDeveloper)が提供される予定です。最後の2つは無料ですが、本番環境での使用が許可されるのはExpressエディションのみです(ただし、リソースの制限があります)。

いつものように、ご不明な点がございましたら、下のコメントフォームを使用してご連絡ください。返信お待ちしています!