Neofetch-ディストリビューションロゴ付きのLinuxシステム情報を表示


Neoftechは、クロスプラットフォームで使いやすいシステム情報コマンドラインスクリプトであり、Linuxシステム情報を収集して、端末の画像の横に表示します。これは、ディストリビューションのロゴや任意のアスキーアートにすることができます。

最近、Neofetch 3.0の新しいメジャーバージョンがリリースされ、このアップデートに大量の重大な変更が追加されました。

NeoftechはScreenFetchまたはLinux_Logoユーティリティに非常に似ていますが、高度にカスタマイズ可能であり、以下で説明するようにいくつかの追加機能が付属しています。

その主な機能は次のとおりです。高速、フルカラー画像の印刷–システム情報と一緒にASCIIで配布ロゴを印刷し、情報を端末に印刷する場所と時期を高度にカスタマイズでき、デスクトップのスクリーンショットを撮ることができます特別なフラグによって有効にされたスクリプトを閉じるとき。

  1. Bash 3.0+ with ncurses support.
  2. w3m-img (occasionally packaged with w3m) or iTerm2 or Terminology for printing images.
  3. imagemagick – for thumbnail creation.
  4. Linux terminal emulator should support \033[14t [3] or xdotool or xwininfo + xprop or xwininfo + xdpyinfo .
  5. On Linux, you need feh, nitrogen or gsettings for wallpaper support.

重要:Neofetch Githubリポジトリからオプションの依存関係の詳細を読んで、Linuxターミナルエミュレーターが実際に[14tまたはスクリプトがディストリビューションで適切に機能するための追加の依存関係をサポートしているかどうかを確認できます。

LinuxにNeofetchをインストールする方法

Neofetchは、ディストリビューションごとに以下のそれぞれのインストール手順に従うことで、ほぼすべてのLinuxディストリビューションのサードパーティリポジトリから簡単にインストールできます。

$ echo "deb http://dl.bintray.com/dawidd6/neofetch jessie main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
$ curl -L "https://bintray.com/user/downloadSubjectPublicKey?username=bintray" -o Release-neofetch.key && sudo apt-key add Release-neofetch.key && rm Release-neofetch.key
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install neofetch
$ sudo add-apt-repository ppa:dawidd0811/neofetch
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install neofetch

システムにdnf-plugins-coreをインストールするか、以下のコマンドを使用してインストールする必要があります。

$ sudo yum install dnf-plugins-core

COPRリポジトリを有効にし、neofetchパッケージをインストールします。

$ sudo dnf copr enable konimex/neofetch
$ sudo dnf install neofetch

packerまたはYaourtを使用して、AURからneofetchまたはneofetch-gitをインストールできます。

$ packer -S neofetch
$ packer -S neofetch-git
OR
$ yaourt -S neofetch
$ yaourt -S neofetch-git

Gentoo/Funtooの公式リポジトリからapp-misc/neofetchをインストールします。ただし、パッケージのgitバージョンが必要な場合は、u003d app-misc/neofetch-9999をインストールできます。

LinuxでNeofetchを使用する方法

パッケージをインストールすると、それを使用するための一般的な構文は次のようになります。

$ neofetch

注:w3m-imgまたはimagemagickがシステムにインストールされていない場合、screenfetchはデフォルトで有効になり、neofetchは下の画像のようにASCIIアートのロゴを表示します。

デフォルトの配布ロゴを画像として表示する場合は、次のようにシステムにw3m-imgまたはimagemagickをインストールする必要があります。

$ sudo apt-get install w3m-img    [On Debian/Ubuntu/Mint]
$ sudo yum install w3m-img        [On RHEL/CentOS/Fedora]

次に、neofetchを再度実行すると、Linuxディストリビューションのデフォルトの壁紙が画像として表示されます。

$ neofetch

neofetchを初めて実行すると、すべてのオプションと設定を含む構成ファイルが作成されます: /。config/neofetch/config

この構成ファイルを使用すると、 printinfo()関数を使用して、端末に印刷するシステム情報を変更できます。新しい情報行を入力したり、情報ラインナップを変更したり、特定の行を削除したり、bashコードを使用してスクリプトを微調整したりして、印刷する情報を管理することができます。

次のように、お気に入りのエディターを使用して構成ファイルを開くことができます。

$ vi ~/.config/neofetch/config

以下は、 printinfo()関数を示す私のシステムの構成ファイルの抜粋です。

#!/usr/bin/env bash
# vim:fdm=marker
#
# Neofetch config file
# https://github.com/dylanaraps/neofetch

# Speed up script by not using unicode
export LC_ALL=C
export LANG=C

# Info Options {{{


# Info
# See this wiki page for more info:
# https://github.com/dylanaraps/neofetch/wiki/Customizing-Info
printinfo() {
    info title
    info underline

    info "Model" model
    info "OS" distro
    info "Kernel" kernel
    info "Uptime" uptime
    info "Packages" packages
    info "Shell" shell
    info "Resolution" resolution
    info "DE" de
    info "WM" wm
    info "WM Theme" wmtheme
    info "Theme" theme
    info "Icons" icons
    info "Terminal" term
    info "Terminal Font" termfont
    info "CPU" cpu
    info "GPU" gpu
    info "Memory" memory

    # info "CPU Usage" cpu_usage
    # info "Disk" disk
    # info "Battery" battery
    # info "Font" font
    # info "Song" song
    # info "Local IP" localip
    # info "Public IP" publicip
    # info "Users" users
    # info "Birthday" birthday

    info linebreak
    info cols
    info linebreak
}
.....

以下のコマンドを入力して、neofetchスクリプトで使用できるすべてのフラグとその構成値を表示します。

$ neofetch --help

すべての機能とフラグを有効にしてneofetchを起動するには、 -test フラグを使用します。

$ neofetch --test

-ascii フラグを使用して、ASCIIアートロゴを再度有効にできます。

$ neofetch --ascii

この記事では、システム情報を収集してターミナルに表示する、シンプルで高度な構成/カスタマイズ可能なコマンドラインスクリプトについて説明しました。

以下のフィードバックフォームからご連絡いただき、neofetchスクリプトに関するご質問やご意見をお聞かせください。

最後になりましたが、同様のスクリプトをご存知の場合は、遠慮なくお知らせください。ご連絡をお待ちしております。

neofetchGithubリポジトリにアクセスします。