Linuxで.bz2ファイルを圧縮および解凍する方法


ファイルを圧縮することは、より少ないビットを使用してファイル内のデータをエンコードすることによってファイルのサイズを大幅に減らすことであり、通常、ファイルのバックアップおよび転送中に有用な方法です。ネットワーク経由。一方、ファイルの解凍とは、ファイル内のデータを元の状態に復元することを意味します。

Linuxには、gzip、7-zip、Lrzip、PeaZipなどのファイル圧縮および解凍ツールがいくつかあります。

このチュートリアルでは、Linuxのbzip2ツールを使用して .bz2 ファイルを圧縮および解凍する方法を見ていきます。

Bzip2はよく知られている圧縮ツールであり、すべてではないにしてもほとんどの主要なLinuxディストリビューションで利用できます。ディストリビューションに適切なコマンドを使用して、Bzip2をインストールできます。

$ sudo apt install bzip2     [On Debian/Ubuntu] 
$ sudo yum install  bzip2    [On CentOS/RHEL]
$ sudo dnf install bzip2     [On Fedora 22+]

bzip2を使用する従来の構文は次のとおりです。

$ bzip2 option(s) filenames 

Linuxで「bzip2」を使用してファイルを圧縮する方法

以下のようにファイルを圧縮できます。フラグ -z を使用すると、ファイルの圧縮が有効になります。

$ bzip2 filename
OR
$ bzip2 -z filename

.tar ファイルを圧縮するには、次のコマンド形式を使用します。

$ bzip2 -z backup.tar

重要:デフォルトでは、bzip2は圧縮または解凍中に入力ファイルを削除します。入力ファイルを保持するには、 -k または-keep オプションを使用します。

さらに、 -f または -force フラグは、bzip2に既存の出力ファイルを上書きさせます。

------ To keep input file  ------
$ bzip2 -zk filename
$ bzip2 -zk backup.tar

-1 または-fast -9 または–bestを使用して、ブロックサイズを100kから900kまでに設定することもできます。以下の例:

$ bzip2 -k1  Etcher-linux-x64.AppImage
$ ls -lh  Etcher-linux-x64.AppImage.bz2 
$ bzip2 -k9  Etcher-linux-x64.AppImage 
$ bzip2 -kf9  Etcher-linux-x64.AppImage 
$ ls -lh Etcher-linux-x64.AppImage.bz2 

以下のスクリーンショットは、オプションを使用して入力ファイルを保持し、bzip2に出力ファイルを上書きさせ、圧縮中にブロックサイズを設定する方法を示しています。

Linuxで「bzip2」を使用してファイルを解凍する方法

.bz2 ファイルを解凍するには、次のように -d または -decompress オプションを使用します。

$ bzip2 -d filename.bz2

注:上記のコマンドを機能させるには、ファイルの末尾が .bz2 である必要があります。

$ bzip2 -vd Etcher-linux-x64.AppImage.bz2 
$ bzip2 -vfd Etcher-linux-x64.AppImage.bz2 
$ ls -l Etcher-linux-x64.AppImage 

bzip2ヘルプページとmanページを表示するには、以下のコマンドを入力します。

$ bzip2  -h
$ man bzip2

最後に、上記の簡単な説明で、Linuxのbzip2ツールを使用して .bz2 ファイルを圧縮および解凍できるようになったと思います。ただし、ご質問やフィードバックについては、以下のコメントセクションを使用してご連絡ください。

重要なのは、tarユーティリティを使用して圧縮アーカイブファイルを作成する方法を学ぶために、Linuxでのいくつかの重要なTarコマンドの例を確認することです。