RHEL、CentOS、FedoraでGitをインストールしてGitアカウントを設定する方法


初心者にとって、Gitは無料でオープンソースの高速分散バージョン管理システム(VCS)であり、設計上、速度、効率的なパフォーマンス、データの整合性に基づいており、小規模から大規模なソフトウェア開発プロジェクトをサポートします。

Gitは、ソフトウェアの変更を追跡したり、以前のバージョンに戻したり、ファイルやディレクトリの別のバージョンを作成したりできるソフトウェアリポジトリです。

GitはCで記述されており、Perlとさまざまなシェルスクリプトが混在しています。主にLinuxカーネルで実行することを目的としており、以下に示すような多くの注目すべき機能を備えています。

  1. Easy to learn
  2. It is fast and most of its operations are carried out locally, in addition, this offers it a tremendous speed on centralized systems that need to communicate with remote servers.
  3. Highly efficient
  4. Supports data integrity checks
  5. Enables cheap local branching
  6. Offers a convenient staging area
  7. It also maintains multiple work-flows together with many others

このハウツーガイドでは、CentOS/RHEL7/6およびFedora20-24 LinuxディストリビューションにGitをインストールするために必要な手順と、すぐに参加できるようにGitを構成する方法について説明します。

Yumを使用してGitをインストールする

システムのデフォルトリポジトリからGitをインストールし、以下のYUMパッケージマネージャーの更新コマンドを実行して、システムが最新バージョンのパッケージであることを確認します。

# yum update

次に、次のコマンドを入力してGitをインストールします。

# yum install git 

gitが正常にインストールされたら、次のコマンドを発行して、インストールされているGitのバージョンを表示できます。

# git --version 

重要:デフォルトのリポジトリからGitをインストールすると、古いバージョンになります。 Gitの最新バージョンをお探しの場合は、次の手順を使用してソースからコンパイルすることを検討してください。

ソースからGitをインストールする

始める前に、まず、デフォルトのリポジトリから必要なソフトウェアの依存関係を、ソースからバイナリを構築するために必要なユーティリティとともにインストールする必要があります。

# yum groupinstall "Development Tools"
# yum install gettext-devel openssl-devel perl-CPAN perl-devel zlib-devel

必要なソフトウェアの依存関係をインストールしたら、公式のGitリリースページに移動し、最新バージョンを取得して、次の一連のコマンドを使用してソースからコンパイルします。

# wget https://github.com/git/git/archive/v2.10.1.tar.gz -O git.tar.gz
# tar -zxf git.tar.gz
# cd git-2.10.1/
# make configure
# ./configure --prefix=/usr/local
# make install
# git --version

LinuxでGitアカウントを設定する

このセクションでは、名前やメールアドレスなどの正しいユーザー情報を使用してGitアカウントを設定し、コミットエラーを回避する方法について説明します。そのためには、 git config コマンドを使用します。

重要:ユーザー名を、システムで作成および使用するGitユーザーの実際の名前に置き換えてください。

以下のuseraddコマンドを使用してGitユーザーを作成することから始めることができます。ここで、 -m フラグは、/home および -sの下にユーザーのホームディレクトリを作成するために使用されます。 は、ユーザーのデフォルトシェルを指定します。

# useradd -m -s /bin/bash username 
# passwd username

次に、新しいユーザーをホイールグループに追加して、アカウントが sudo コマンドを使用できるようにします。

# usermod username -aG wheel 

次に、新しいユーザーでGitを次のように構成します。

# su username 
$ sudo git config --global user.name "Your Name"
$ sudo git config --global user.email "[email protected]"

次に、次のコマンドを使用してGit構成を確認します。

$ sudo git config --list 

構成にエラーがない場合は、次の詳細を含む出力を表示できるはずです。

user.name=username
user.email= [email protected]

この簡単なチュートリアルでは、LinuxシステムにGitをインストールする方法と構成方法について説明しました。指示に従うのは簡単だと思いますが、以下の反応セクションを利用できる質問や提案については、私たちに連絡してください。