Clonezillaを使用してLinuxディスクのクローンを作成またはバックアップする方法


Clonezillaは、Linux向けの最高のオープンソースバックアップツールの1つです。ライブLinuxカーネル上で実行されるよりシンプルで高速かつ直感的なガイド付きコマンドラインウィザードと組み合わされたグラフィカルユーザーインターフェイスがないため、そこにいるすべてのシステム管理者にとって完璧なバックアップツールの候補になります。

Clonezillaを使用すると、デバイスデータブロックの完全バックアップを別のドライブに直接実行できるだけでなく、既知のディスククローン作成も実行できます。また、ディスク全体または個々のパーティションをリモート(SSH、Samba、またはNFS共有を使用)またはローカルでイメージにバックアップすることもできます。これらはすべて暗号化して、中央のバックアップストレージ(通常はNAS)に保存することも、外付けハードディスクやその他のUSBデバイスに保存することもできます。

ドライブに障害が発生した場合、バックアップされたイメージは、マシンに接続された新しいデバイスに簡単に復元できます。新しいデバイスは、少なくとも必要な最小スペース値(少なくとも同じサイズ)を満たす必要があります。故障したバックアップドライブにありました。

簡単に言うと、80GBの空き容量がある120GBのハードディスクのクローンを作成した場合、バックアップしたイメージを新しい80GBのハードドライブに復元することはできません。古いハードドライブのクローン作成または復元に使用される新しいハードドライブは、少なくともソースドライブと同じサイズ(120 GB)である必要があります。

このチュートリアルでは、ブロックデバイス、通常はその上でCentOS 8/7サーバー(またはRHEL、Fedora、Debian、UbuntuなどのLinuxディストリビューション)を実行するハードディスクのクローンを作成する方法を示します。 。)。

ターゲットディスクのクローンを作成するには、クローン作成に使用したソースディスクと少なくとも同じサイズの新しいディスクをマシンに物理的に追加する必要があります。

  1. Download Clonezilla ISO Image – http://clonezilla.org/downloads.php
  2. New Hard Drive – physically plugged-in into the machine and operational (consult BIOS for device information).

Clonezillaを使用してCentOS7ディスクのクローンを作成またはバックアップする方法

1. ClonezillaISOイメージをダウンロードしてCD/DVDに書き込んだ後、起動可能なメディアをマシンの光学ドライブに配置し、マシンを再起動して、特定のキー(F11、F12、ESC、DELなど)を押して指示します。適切なオプティカルドライブから起動するBIOS。

2.Clonezillaの最初の画面が画面に表示されます。最初のオプションであるClonezillaliveを選択し、Enterキーを押して先に進みます。

3.システムが必要なコンポーネントをマシンのRAMにロードすると、言語を選択するように求める新しいインタラクティブ画面が表示されます。

または矢印キーを使用して言語メニューをナビゲートし、Enterキーを押して言語を選択して先に進みます。

4.次の画面で、キーボードを構成するオプションがあります。 [キーマップに触れない]オプションでEnterキーを押すだけで、次の画面に移動します。

5.次の画面で、Clonezillaインタラクティブコンソールメニューに入るには、StartClonezillaを選択します。

6.このチュートリアルではローカルディスククローンを実行するため、2番目のオプションであるdevice-deviceを選択し、Enterキーをもう一度押して先に進みます。

また、新しいハードドライブがすでにマシンに物理的に接続されており、マシンによって適切に検出されていることを確認してください。

7.次の画面で、初心者モードウィザードを選択し、Enterキーを押して次の画面に移動します。

新しいハードディスクが古いハードディスクよりも大きい場合は、エキスパートモードを選択し、 -k1 および -r オプションを選択して、パーティションが比例して作成されるようにします。ターゲットディスクとファイルシステムは自動的にサイズ変更されます。

エキスパートモードオプションの使用には細心の注意を払うことをお勧めします。

8.次のメニューで disk_to_local_disk オプションを選択し、Enterキーを押して続行します。このオプションにより、ソースディスクからターゲットディスクへの同じサイズのフルディスククローン(MBR、パーティションテーブル、およびデータ)がさらに実行されます。

9.次の画面で、クローンに使用するソースディスクを選択する必要があります。ここで使用されているディスク名に注意してください。 Linuxでは、ディスクにはsda、sdbなどの名前を付けることができます。つまり、sdaが最初のディスク、sdbが2番目というようになります。

ソースディスク名がわからない場合は、ソースディスク名とシリアル番号を物理的に調べるか、マザーボードのSATAポートのケーブル接続を確認するか、BIOSを参照してディスク情報を取得してください。

このガイドでは、クローン作成にVmware仮想ディスクを使用しており、sdaはクローン作成に使用されるソースディスクです。ソースドライブを正常に識別したら、Enterキーを押して次の画面に移動します。

10.次に、クローン作成のターゲットとして使用される2番目のディスクを選択し、Enterキーを押して続行します。クローン作成プロセスは破壊的であり、MBR、パーティションテーブル、データ、または任意のブートローダーを含むターゲットディスクからすべてのデータを消去するため、最大限の注意を払って続行してください。

11.ソースファイルシステムが破損していないことが確実な場合は、ソースファイルシステムのチェック/修復をスキップしてEnterキーを押して続行することを安全に選択できます。

次に、このクローン作成セッションに使用されたコマンドが画面に表示され、続行するためにEnterキーを押すのを待つプロンプトが表示されます。

12.ディスククローン作成の実際のプロセスを開始する前に、ユーティリティはそのアクティビティに関するいくつかのレポートを表示し、2つの警告メッセージを発行します。

y キーを2回押して両方の警告に同意し、3回目に y キーを押してターゲットデバイスにブートローダーのクローンを作成します。

13.すべての警告に同意すると、クローン作成プロセスが自動的に開始されます。ソースドライブからのすべてのデータは、ユーザーの干渉なしにターゲットデバイスに自動的に複製されます。

Clonezillaは、データの転送にかかる時間と速度など、パーティションから他のパーティションに転送するすべてのデータに関するグラフィカルレポートを表示します。

14.クローン作成プロセスが正常に完了すると、新しいレポートが画面に表示され、コマンドラインを入力してClonezillaを再度使用するか、ウィザードを終了するかを尋ねるプロンプトが表示されます。

Enterキーを押して新しいウィザードに移動し、そこから電源オフオプションを選択してマシンを停止します。

それで全部です!クローン作成プロセスが終了し、マシンから物理的に切り離された後、古いハードディスクの代わりに新しいハードディスクを使用できるようになりました。古いハードドライブの状態がまだ良好な場合は、安全な場所に保管して、極端な場合のバックアップソリューションとして使用できます。

CentOSファイルシステム階層が複数のディスクを生成する場合、ディスクの1つに障害が発生した場合にデータをバックアップするために、階層内の各ディスクも複製されていることを確認する必要があります。