カラット(^)記号を使用して、前のコマンドのタイプミスを簡単に修正


コマンドを入力して急いでEnterキーを押したことがありますが、タイプミスがあったことがわかりましたか? 矢印と矢印を使用してコマンド履歴をナビゲートし、タイプミスを編集できますが、より簡単で高速な方法があります。

このヒントでは、コマンドラインのタイプミスに対処する簡単で便利な方法について説明します。ポート22でリッスンしているサービスがあるかどうかを確認したいが、誤って nestat と入力したとします。 > netstat 。

タイプミスを正しいコマンドに簡単に置き換えて、次のように実行できます。

# nestat -npltu | grep 22
# ^nestat^netstat

そのとおり。 2つのカラット記号(それぞれにタイプミスと正しい単語が続く必要があります)を使用すると、タイプミスを修正して、後でコマンドを自動的に実行できます。

このメソッドは前のコマンド(最後に実行されたコマンド)に対してのみ機能することに注意する必要があります。以前に実行されたコマンドのタイプミスを修正しようとすると、シェルはエラーを出力します。

概要

これは、時間の浪費傾向を排除するのに役立つ優れたヒントです。これまで見てきたように、コマンド履歴をスクロールしてタイプミスを見つけて修正するよりもはるかに簡単で高速です。

カラット記号を使用してタイプミスを修正し、Enterボタンを押すだけで、正しいコマンドが自動的に実行されます。

コマンドラインのタイプミスを修正する方法は他にもいくつかある可能性があります。新しいタイプミスを学ぶのはとても興味深いことです。発見したことは、以下のコメントフォームから共有できます。

システム管理者向けの次のLinuxのヒントでは、特定の時間に1回コマンドを実行する方法について説明します。それまでは、Tecmintとの接続を維持してください。