Dockerコンテナの名前を変更する方法


Dockerコンテナーが作成されると、命名の競合を避け、人手を介さずに自動化を向上させるために、システムは各コンテナーに自動的に普遍的に一意の識別子( UUID )番号を割り当てます。

この記事では、Dockerコンテナーを簡単に識別し、Linuxでコンテナーを名前または名前変更する方法について説明します。

デフォルトでは、dockerは3つの方法でコンテナを識別します。

  • UUID long identifier e.g “21fbb152a940a37e816a442e6b09022e26b78ccd5a8eb4fcf91efeb559425c8c”.
  • UUID short identifier e.g “21fbb152a940a37”.
  • name e.g discourse_app.

名前が指定されていない場合、デフォルトで、DockerデーモンはコンテナーにUUIDの長い識別子を割り当てます。ランダムな文字列を名前として生成します。

Dockerコンテナに名前を付ける方法

次のように --name フラグを使用して、実行時に思い出に残る名前をdockerコンテナに割り当てることができます。 -d フラグは、バックグラウンドでコンテナーを分離モードで実行し、新しいコンテナーIDを印刷するようにdockerに指示します。

$ sudo docker run -d --name discourse_app local_discourse/app

すべてのdockerコンテナの一覧を表示するには、次のコマンドを実行してください。

$ sudo docker ps

今後は、 container_id で機能したすべてのコマンドを、割り当てた名前などで使用できるようになります。

$ sudo docker restart discourse_app
$ sudo docker stop discourse_app
$ sudo docker start discourse_app

Dockerコンテナの名前を変更する方法

Dockerコンテナの名前を変更するには、次の例のように名前変更サブコマンドを使用します。コンテナの名前を discourse_app に変更します disc_app

$ sudo docker rename discourse_app disc_app

コンテナの名前を変更したら、新しい名前を使用していることを確認してください。

$ sudo docker ps

詳細については、 docker-run のmanページをご覧ください。

$ man docker-run

それで全部です!この記事では、Dockerコンテナーの名前と名前の変更方法について説明しました。以下のコメントフォームを使って質問をしたり、このガイドにあなたの考えを追加してください。