Fedora33サーバーをインストールする方法


Fedora 33はサーバー版でリリースされました。このチュートリアルでは、スクリーンショットを使用してFedora33サーバーをインストールする方法のさまざまな手順を実行します。

サーバーエディションにはいくつかの重要な改善点があります。インストール手順に進む前に、いくつかの新機能と改善点を確認します。

  • Linux Kernel 5.8
  • Btrfs as default file system
  • Easy administration with Cockpit’s modern and powerful interface
  • Introduce additional modularity
  • Removal of unnecessary packages
  • Smaller installer footprint
  • Server roles
  • FreeIPA 4.8 security information manager plus so much more

以下のリンクからFedora33サーバーの64ビットライブイメージをダウンロードする必要があります。

  • Fedora-Server-dvd-x86_64-33-1.2.iso

Fedora 33 ServerEditionのインストール

イメージのダウンロードが完了したら、Unetbootinまたはddコマンドを使用して、起動可能なメディアCD/DVDまたはUSBフラッシュドライブを作成する必要があります。

ブータブルメディアが正常に作成されたら、以下の手順に従ってインストールを開始します。

1.まず、動作中のメディア/ポートを選択し、その中に起動可能なメディアを配置します。 2つのオプションがあります。1つはFedora33をすぐにインストールするか、インストールプロセスを開始する前にインストールメディアにエラーがないかテストすることができます。

2.使用するインストール言語を選択し、[続行]をクリックします。

3.次に、インストールの概要を含む以下の画面が表示されます。ここでは、キーボードレイアウト、言語サポート、システムの日時、インストールソース、インストールするソフトウェア、ネットワーク、ホスト名、インストール先など、さまざまなシステム設定を構成します。 (ディスク)。

4. + 記号を使用してキーボードレイアウトを追加し、[追加]をクリックしてから、[完了]をクリックして[インストールの概要]インターフェイスに移動します。

5.このステップでは、言語サポートを設定します。インストールする言語を検索し、[追加]をクリックしてインストールします。

次に、[完了]をクリックして、言語サポートの設定を完了します。

6.サーバーでは時間の管理が非常に重要であるため、このステップでは、デフォルトのシステムタイムゾーン、時間、および日付を設定できます。

システムがインターネットに接続されている場合、ネットワークタイムをオンにすると時刻が自動的に検出されますが、場所に応じてタイムゾーンを設定する必要があります。すべて設定したら、[完了]をクリックして次の手順に進みます。

7.このステップでは、すべてのシステムパーティションのシステムパーティションとファイルシステムタイプを構成します。パーティションを設定するには、自動設定を使用する方法と手動設定を実行する方法の2つがあります。

このガイドでは、すべてを手動で行うことを選択しました。したがって、ディスクイメージをクリックして選択し、「カスタム」を選択します。次に、[完了]をクリックして、次の手順の次の画面に進みます。

8.以下の画面で、ドロップダウンメニューから[標準パーティション]パーティションスキームを選択し、システム上に作成するさまざまなパーティションのマウントポイントを作成します。

9.新しいパーティションを追加するには、“ +” ボタンを使用し、ルート(/)パーティションを作成することから始めましょう。そのため、以下の画面で次のように指定します。

Mount point: /
Desired Capacity: 15GB 

ここで設定したパーティションサイズはこのガイドの目的のためであり、システムディスクのサイズに応じて任意の容量を設定できます。

その後、「マウントポイントの追加」をクリックして、パーティションのマウントポイントを作成します。

10.すべてのLinuxシステムパーティションにはファイルシステムタイプが必要です。このステップでは、前のステップで作成したルートファイルシステムのファイルシステムを設定する必要があります。その機能と優れたパフォーマンスのためにext4を使用しました。

11.次に、システムユーザーのファイルとホームディレクトリを保存する home パーティションとマウントポイントを作成します。次に、「マウントポイントの追加」をクリックして設定を完了し、次の段階に進みます。

11.ルートパーティションの場合と同様に、 home パーティションのファイルシステムタイプも設定する必要があります。私もext4を使用しました。

12.ここで、 swap パーティションを作成する必要があります。これは、ハードディスク上に、システムがアクティブに処理していない追加データをシステムRAMに一時的に格納するために割り当てられるスペースです。 RAMが使い果たされています。次に、「マウントポイントの追加」をクリックしてスワップスペースを作成します。

13.必要なすべてのマウントポイントの作成が完了したら、左上隅にある[完了]ボタンをクリックします。

ディスクにすべての変更を加えるための以下のインターフェースが表示されます。 「変更を受け入れる」をクリックして続行します。

14.前の手順から、構成画面に戻り、次に「ネットワークとホスト名」をクリックしてホスト名を設定します。

システムネットワーク設定を構成するには、「構成…」ボタンをクリックすると、次の画面に移動します。

15.ここでは、サーバーのIPアドレス、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーなど、さまざまなネットワーク設定を構成できます。

これはサーバーであるため、ドロップダウンメニューから手動構成方法を選択する必要があります。設定をナビゲートして、サーバー環境の要求に応じて他のネットワーク機能とプロパティを設定します。

すべてを設定したら、[保存]をクリックし、左上隅にある[完了]をクリックしてネットワークとホスト名の構成を完了します。[インストールの概要]画面に戻り、システムファイルの実際のインストールを開始します。

16.システムファイルのインストールが進むにつれて、rootユーザーのパスワードと追加のシステムユーザーアカウントを設定する必要があるという、さらに2つの重要なことを行う必要があります。

「ROOTPASSWORD」をクリックしてrootユーザーのパスワードを設定します。設定が完了したら、「Done」をクリックして次のステップに進みます。

17.追加のユーザーアカウントを作成するには、「ユーザー作成」をクリックして、必要な情報を入力します。

オプションで、管理者権限を付与し、以下のインターフェイスのようにユーザーのパスワードを設定し、すべてを設定した後で[完了]をクリックすることもできます。

18.下の画面から「インストールの開始」をクリックして、システムファイルの実際のFedora33サーバーのインストールを開始します。

19.次に、座ってリラックスし、インストールが完了するのを待ちます。インストールが完了したら、右下隅にある[再起動]をクリックして、マシンを再起動します。次に、インストールメディアを削除し、Fedora33サーバーを起動します。

上記の手順は簡単で、いつものように直接実行できると思います。すべてがうまくいったことを願っています。これで、サーバーマシンでFedora23の実行を開始する準備が整いました。