CentOSおよびRHEL用の上位8つのYUM ThirdPartyリポジトリ


YUM(Yellowdog Updater Modified)は、RPM(RedHat Package Manager)ベースのLinuxシステム用の、オープンソースで広く使用されているコマンドラインおよびグラフィカルベースのパッケージ管理ツールです。 >( RHEL )、 CentOS Scientific Linux SL )、 Oracle Linux OL )。システム上のソフトウェアパッケージをインストール、更新、削除、または検索するために使用されます。

デフォルトの基本および更新リポジトリに含まれていないソフトウェアパッケージ、および追加のCentOS リポジトリ(追加 Centosplus CentOS-Fasttrack 継続的リリースソフトウェアコレクション)の順に選択しますあなたのシステムで他のサードパーティのリポジトリを有効にします。

この記事では、CentOSコミュニティで頻繁に推奨されているCentOS/RHELディストリビューションのトップ 8 YUMリポジトリを確認します。

1. EPELリポジトリ

EPEL Enterprise Linux用の追加パッケージ)は、開発、テスト、および改良された高品質のパッケージを提供することを目的とした、無料でオープンソースの人気のあるコミュニティベースのリポジトリプロジェクトです。ある[ Fedora RHEL CentOS Scientific Linux 、および類似のLinuxディストリビューションで利用できるようになりました。この記事にリストされている他のリポジトリのほとんどは EPEL に依存しています。

システムで EPEL リポジトリを有効にするには、次のコマンドを使用します。

# yum install epel-release

# subscription-manager repos --enable "rhel-*-optional-rpms" --enable "rhel-*-extras-rpms"

2. REMIリポジトリ

REMI は、 Fedora のユーザーに PHP スタックの最新バージョン、およびその他の関連ソフトウェアを提供する、広く使用されているサードパーティのリポジトリです。 RHEL、CentOS、Oracle、Scientific Linuxなどの Enterprise Linux EL )ディストリビューション。

Remi を有効にする前に、まず EPEL リポジトリを有効にする必要があります。

---------------- CentOS/RHEL 7 ---------------- 
# yum install epel-release
# wget https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
# rpm -Uvh remi-release-7.rpm
# subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-optional-rpms  [On RHEL only]

---------------- CentOS/RHEL 6 ----------------
# yum install epel-release
# wget https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-6.rpm
# rpm -Uvh remi-release-6.rpm
# rhn-channel --add --channel=rhel-$(uname -i)-server-optional-6   [On RHEL only]

3. RPMFusionリポジトリ

RPMFusion は、RHELとCentOSを含む Fedora および Enterprise Linux ディストリビューション用の無料および無料のアドオンソフトウェアを提供するサードパーティのリポジトリです。 RPM Fusion を有効にする前に、 EPEL レポを有効にする必要があります。

 
---------------- CentOS/RHEL 7 ---------------- 
# yum install epel-release
# yum localinstall --nogpgcheck https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-7.noarch.rpm 
# yum localinstall --nogpgcheck https://download1.rpmfusion.org/nonfree/el/rpmfusion-nonfree-release-7.noarch.rpm

---------------- CentOS/RHEL 6 ----------------
# yum install epel-release
# yum localinstall --nogpgcheck https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-6.noarch.rpm 
# yum localinstall --nogpgcheck https://download1.rpmfusion.org/nonfree/el/rpmfusion-nonfree-release-6.noarch.rpm

4. ELRepoリポジトリ

ELRepo Community Enterprise Linuxリポジトリ)は、ファイルシステムドライバ、グラフィックドライバ、ネットワークドライバ、サウンドなどのハードウェア関連パッケージを提供することを目的とした RPM リポジトリです。ドライバ、Webカメラ、およびビデオドライバ。EnterpriseLinuxの使用環境を改善します。

システムでELRepoを有効にするには、次のコマンドを使用します。

---------------- CentOS/RHEL 7 ---------------- 
# rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
# rpm -Uvh https://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-3.el7.elrepo.noarch.rpm

---------------- CentOS/RHEL 6 ----------------
# rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
# rpm -Uvh https://www.elrepo.org/elrepo-release-6-8.el6.elrepo.noarch.rpm

5. NUX-dextopリポジトリ

ある[ NUX - dextop は、EL用のデスクトップとマルチメディアソフトウェアパッケージの RPM のリポジトリです。これには、Remminaリモートデスクトップ共有ツール、VLCメディアプレーヤー、その他多数のグラフィカルソフトウェアとコマンドラインインターフェイス(CLI)ベースのプログラムが含まれています。

nux-dextop を有効にする前に、 EPEL レポを有効にする必要もあります。

---------------- CentOS/RHEL 7 ---------------- 
# yum -y install epel-release
# rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-5.el7.nux.noarch.rpm

---------------- CentOS/RHEL 6 ----------------
# yum -y install epel-release 
# rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el6/x86_64/nux-dextop-release-0-2.el6.nux.noarch.rpm

6. GhettoForgeリポジトリ

ある[ GhettoForge のプロジェクトは現在ベースのELパッケージセットにも他のサードパーティにもないエンタープライズLinuxリリース 6 7 にパッケージを提供することに焦点を当ててリポジトリ

次のコマンドを使用して、システムで GhettoForge を有効にすることができます。

---------------- CentOS/RHEL 7 ---------------- 
# rpm -Uvh http://mirror.ghettoforge.org/distributions/gf/gf-release-latest.gf.el7.noarch.rpm

---------------- CentOS/RHEL 6 ----------------
# rpm -Uvh http://mirror.ghettoforge.org/distributions/gf/gf-release-latest.gf.el6.noarch.rpm

7.精神病者のニンジャリポジトリ

Psychotic Ninja は、Enterprise Linuxリリース6および7用に、ベースのELパッケージセットにも他のサードパーティリポジトリにも存在しない高品質のパッケージを提供することを目的としています。

Psychotic Ninja リポジトリを有効にするには、まずGPGキーをインポートしてからインストールする必要があります。

# rpm --import http://wiki.psychotic.ninja/RPM-GPG-KEY-psychotic
# rpm -ivh http://packages.psychotic.ninja/6/base/i386/RPMS/psychotic-release-1.0.0-1.el6.psychotic.noarch.rpm 

この統一されたpsychotic-releaseパッケージは、64ビット版のCentOS/RHEL 7を含む、すべてのリリースとアーキテクチャで機能します。

8. IUSコミュニティリポジトリ

最後に挙げたのは、 IUS Instream with Upstream Stable )は、コミュニティのサポートを受けている新しいサードパーティです。最新のPHPバージョンのPHPに高品質のRPMパッケージを提供します。 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)およびCentOS用のPython、MySQL。

これまで見てきた多くのリポジトリと同様に、 IUS EPEL に依存しています。

---------------- CentOS/RHEL 7 ---------------- 
# yum -y install epel-release
# rpm -Uvh https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

---------------- CentOS/RHEL 6 ---------------- 
# yum -y install epel-release
# rpm -Uvh  https://centos6.iuscommunity.org/ius-release.rpm

それで全部です!この記事では、CentOSコミュニティで頻繁に推奨されている、CentOS/RHEL用のトップ 8 YUM サードパーティリポジトリを確認しました。高品質のソフトウェアパッケージを提供していてここに含まれるに値する他のリポジトリを知っている場合は、下記のコメントフォームからお知らせください。