LinuxでデフォルトのApache'DocumentRoot 'ディレクトリを変更する方法


Apache Webサーバーは、さまざまなLinuxディストリビューションやWindowsを含むプラットフォーム全体でおそらく最も使用されているWebサーバーです。ウェブサーバーはウェブコンテンツの配信に使用され、一度に多くのクエリを処理できます。

多くの場合、さまざまなWebプロジェクトを構築するために専門家が好む選択です。 Linuxシステム管理者としてのキャリアを開始したい若い専門家にとって、このWebサーバーの少なくとも基本的な知識を持っていることは不可欠です。

この短いチュートリアルでは、ApacheWebサーバーのルートディレクトリを変更する方法を学習します。このチュートリアルでは、Ubuntu/DebianおよびRHEL/CentOS/FedoraベースのWebサーバーのインストールを使用します。

ただし、パスとディレクティブは他のディストリビューションでも実質的に同じであるため、学習した内容をさまざまなOSに適用することもできます。

必要な変更を加えるには、ウェブサーバーの DocumentRoot ディレクティブを変更する必要があります。これは、訪問者がブラウザを介してアクセスするコンテンツをApacheが読み取るディレクトリです。つまり、これは、ウェブ経由でアクセスできるディレクトリのツリーを形成するディレクトリです。

ApacheのデフォルトのDocumentRootは次のとおりです。

/var/www/html
or
/var/www/

これらのパスは、Apacheの構成ファイルに記述されています。

/etc/apache2/sites-enabled/000-default
/etc/apache/apache2.conf
/etc/httpd/conf/httpd.conf

Apache Webサーバーのドキュメントルートを変更するには、対応するファイルをお気に入りのテキストエディターで開き、 DocumentRoot を検索します。

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "/var/www/html"

その後、新しいターゲットディレクトリへのパスを変更し、Apacheがそのディレクトリで読み取り/書き込みできることを確認します。 DocumentRootを変更したら、ファイルを保存し、次のコマンドでApacheを再起動します。

# systemctl restart apache     [For SystemD]
# service httpd restart        [For SysVinit]    

最終的な考え

デフォルトのドキュメントルートの変更は、数分で完了することができる簡単なタスクです。このような変更を行うときは、タイプミスがないことを確認し、構成ファイルに変更を加えた後は必ずApacheを再起動することが重要です。