Ubuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)インストールガイド


少し早すぎますが、遅すぎません。

ここでは、世界で最も人気のある無料のオペレーティングシステムであるUbuntu 16.04LTSの次のイテレーションに関するガイド付きインストール手順をすでに用意しています。

Canonicalは現在、Ubuntu16.04の最初のベータイメージをリリースしました。ただし、現時点では標準のUnityフレーバーはありません。残念ながら、ベータ2のリリース日である3月24日まで表示されません。また、4月21日までに安定したビルドが登場するはずです。候補者を解放します。

このガイドが最初のポイントリリースでどのように機能するか心配な場合は、インストール手順が以前のリリースなので、以前にリリースされたUbuntuバージョンのインストールに精通している場合は、これを簡単に実行するのはそれほど難しいことではありません。

Ubuntu 16.04 Xenial Xerusが公式になりました。事前に、ここから32ビットまたは64ビットのISOイメージをダウンロードできます。

それが済んだら、インストール手順を続行できます。これは非常に簡単です。ただし、問題が発生した場合は、いつでも下にコメントを残すことができます。

また、Ubuntu16.04を現在のWindows10または8システムでデュアルブートする方法についても説明しましたが、そのテーマに関する以前のガイドはここにあります。これを更新バージョンと呼んでください。

Server Editionのインストールをお探しの場合は、記事「Ubuntu16.04サーバーのインストール」をお読みください。

おそらくご存知のとおり、デュアル/トリプルブート構成で複数のOSをインストールするには、BIOSまたはUEFI(新しいシステムの場合)にアクセスして手動で行う必要がある場合があるため、エンドからの技術的な専門知識が少し必要です。構成ですが、それはそれほど難しいことではありません。

従来のBIOSを搭載したシステムの場合、必要なのは起動順序を変更することだけです。システムによっては、F2、F10、F12、DELキーを押してBIOSに入る必要がある場合があります(Googleにアクセスする必要がある場合があります)その周辺)–後者、つまりUEFIでは、ほとんどの場合、セキュアブートとファストブートを無効にし、レガシーサポートを有効にする必要があります。つまり、インストールしようとしているOSにデフォルトでUEFIサポートが組み込まれていない場合です。 –ただし、Ubuntu Xenial Xerus 16.04LTSの場合はそうではありません。

Ubuntu 16.04 LTSにはUEFIサポートが付属しており、デュアルブート方式でもシングルインストールでも、PCに問題なくインストールできます。

いつものように、前提条件として、取得する必要があります。

Ubuntuは現在アルファ版インストールとしてのみ利用可能であり、ここから最新のデイリービルドイメージをダウンロードできます。

上記のリンクに記載されているように、公式のUbuntuミラーから最新の安定したビルドをダウンロードしたことを前提としています。

ISOイメージの準備ができたら、RufusまたはユニバーサルUSBインストーラーを使用してブータブルディスクの作成に進むことができます。 (インストール可能なUSBを作成する)のと同じくらい簡単なので、前者を使用することをお勧めします。先に進み、PCセットを入手し(プラグを差し込んで)、インターネットに接続していることを確認してください。行ってよかった。

注:この記事が最初に公開された時刻を考えると、標準のUbuntuフレーバーはアルファ版でのみ利用可能です。ただし、ベータ2イメージがダウンロード可能になり、安定版リリースも利用可能になり次第、このガイドを更新します(必要な場合)。

この時点で、約束どおりに記事を更新したので、手順に完全に自信を持って進めることができます。

Ubuntuの最終ビルドで期待される機能の厳選されたリストは次のとおりです。

  1. First Ubuntu LTS to ship Systemd as the default service manager.
  2. Mir display server.
  3. Ubuntu 16.04 will ship in two variants, one with Unity 7 and another with Unity 8. With the latter expected to become standard after the release of 16.10.
  4. Unity launcher position change (to whatever side of the screen you want to place it).
  5. The server filesystem ZFS will also be implemented in the next LTS release.
  6. Linux kernel 4.4 will ship with 16.04 LTS.
  7. Considering it being an LTS release, you’ll also get 5 years ongoing software support.
  8. Gnome software center to replace Ubuntu’s archaic software center experience.
  9. The Ubuntu devs also hope to implement Snappy have implemented Snappy with Unity 7 which is the GUI of Xenial Xerus. however, it’s unlikely that it will be ready be the time Xenial Xerus will be making its way to the market by April.
  10. Firmware updates via the Gnome software center is also a possibility.
  11. After being severely bashed by privacy advocates, Ubuntu 16.04 LTS will finally turned off by default, the controversial online search (that gathers search results from the likes of Wikipedia and Amazon when you launch the dash to search for something locally stored on your PC). It’s now turned off by default.

すべてがクリアされたら、次に進むことができます。

Ubuntu16.04インストールガイド

1.まず、USBドライブを目的のインストールPCに接続します。その後、システムの電源を入れ、USBディスクから起動します(上記のように必要なBIOSまたはUEFI構成を行っている場合)。

また、Ubuntuとその派生物を過去に使用した時間によっては、見慣れた画面のように見えるものが表示されます。 [Ubuntuのインストール]ボタンをクリックして続行しますが、最初にシステムを回転させたい場合は、先に進んで最初のオプションを選択します(Ubuntuを試してください)。

インストールを続行することを決定すると、異なるウェルカム画面が表示されます。その後、最初にOSを試さないことにした場合でも、すべてがほぼ同じになります。

両方のスクリーンショットの左側のバーに表示されているように、必要に応じて言語を選択する必要があります。もちろん、これはシステム全体のデフォルト(インストール後)になります。

2.次は準備画面です。続行する前に両方のオプションにチェックマークを付ける必要があります。これにより、インストールの完了後にアップデートやコーデックをインストールする手間を省くことができます。インターネットに接続していない場合は、最初のオプションがグレー表示されますが、2番目のオプションにチェックマークを付けてインストールを続行できます。

3.この時点で、インストールタイプを選択する必要があり、最初のスクリーンショットは自動化されたプロセスです。オペレーティングシステムが既にインストールされている場合でも、インストーラーはそれを自動検出し、次の画面でドライブをパーティション分割できるようにします。 Ubuntuパーティションに割り当てられたスペースを自動割り当てするシンプルなスライダー。

必要に応じてオプションを選択して続行します。ディスクを暗号化するか、Ubuntuインストールで(LVM)論理ボリュームマネージャーを使用することもできますが、実行内容がわかっている場合にのみ選択することをお勧めします。

WindowsでのUbuntu16.04デュアルブートの場合でもディスクを手動でパーティション分割する場合は、記事の最後のセクションUbuntu 16.04手動パーティション分割に進み、#5に戻ってインストールを続行します。

4.内蔵ドライブに変更を加えることを確認するように求めます。 [続行]をクリックして、次の画面に進みます。

<名前u003d C5> 5。ここで現在の場所を選択します。ヒント:インターネットに接続している場合、セットアップは現在地を自動検出します。

6.キーボードのタイプとデフォルトの入力言語に応じて、必要に応じて構成します。

7.ここで、ユーザーの詳細を正しい順序で入力します。つまり、降順で入力します。その後、[続行]をクリックして次の画面に進むことができます。

8.次に、インストールの開始です(PCハードウェアによって異なります)。これには、長い時間または短い時間がかかる場合があります。

9.この時点でインストールは完了し、PCを再起動できます。

10.再起動すると、パスワードを入力する(または複数のユーザーが名前を選択する)ログイン画面が表示され、Enterキーを押してUnity7/8DEに進みます。

11. Ubuntu16.04デスクトップ。

12. Linuxユーザーにとっての良い習慣は、インストールが完了したらシステムを更新することです。したがって、簡単な更新方法のチュートリアルです。

まず、Unityダッシュ(上下の画像の左上隅にある四角いボタン)に移動して「ソフトウェアとアップデート」を検索し、それを開いて「その他のソース」タブを選択し、両方のオプションにチェックマークを付けます。 (rootパスワードの入力を求められます)ソフトウェアキャッシュが更新され、準備が整いました。

そのセットアップが完了したら、同じダッシュに移動して「ターミナル」と入力し、フォローアップコマンドを(連続して)入力してUbuntuインストールを更新することはできません。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

13. Ubuntuの新しいgnomeアプリストアはおそらくOSの最も顕著な機能であり、この記事の執筆時点では、期待どおりに機能していないようですが、使用しているイメージのアルファステータスを考慮すると、 4月のプライムタイムの準備が整う前に、物事は予想され、ほとんどの問題やその他の問題は解決されるべきです。

手動によるパーティション分割—このルートを使用する方のための#3。

3a。 「ディスクを消去してUbuntuをインストールする」の代わりに、最後のオプション「何か他のもの」を選択してください。

3b。 PCに接続した物理ドライブの数に応じて、dev/sda、dev/sdb、dev/sdcなどのラベルを付けることができます。ただし、私の場合、UbuntuをインストールするHDはdev/sdaの1つだけです。

3c。次に、パーティションテーブルを作成します。

3d。それが終わったら、Ubuntuに必要なパーティションを作成します(パーティション画面の下部にある + ボタンをクリックします)。たとえば2GBのRAMを搭載した低スペックのPCを使用している場合は、物理メモリの2倍のサイズの最小スワップパーティション(Windowsの仮想メモリに相当)を作成することをお勧めします。私の場合、2GBのRAMがあるので、4GBのスワップパーティションを作成しました。

PCに8GB(またはそれ以上)の物理メモリがある場合、その2倍のスワップスペースを作成することはあまり重要ではないため(半分でも使用できないため)、作成するのは理にかなっています。大きすぎないもの–2GBのようなもので大丈夫です。

3e。スワップの作成が完了したら、先に進んで、残りの空き領域を使用してルートパーティションを作成できます。ただし、ホームフォルダ用に別のパーティションが必要な場合は、それを作成することもできますが、ほとんどの場合、単一のパーティションで問題ありません。

3f。以下のスクリーンショットから、スワップには「/ dev/sda1 swap」というラベルが付けられ、ルートパーティションは「/ dev/sda2 /」になっています。

3g。最後に、変更をディスクに書き込むことを確認し、#5に戻ってインストールを続行します。

インストール中に問題が発生した場合は、下のコメントでお知らせください。できる限り迅速に対応いたします。