XenServerの物理から仮想への移行-パート6


少し付加価値のある記事を進めながら、XenServerでのゲストの作成に関する前の記事に引き続き結び付けて、この記事では、XenServer環境内での物理から仮想(P2V)への移行の概念について説明します。

物理サーバーを仮想サーバーに移動するプロセスは、残念ながらXenServerでは十分に文書化されていません。過去には、管理者のために作業を行うツールがありましたが、XenServer 6.5以降、これらのツールはXenServerインストーラーの一部ではなくなったようです。

この記事では、ディスク/パーティションイメージング用の素晴らしいオープンソースプロジェクトであるClonezillaと呼ばれるユーティリティを使用してディスクイメージを取得するプロセスについて説明します。このサーバーのイメージはネットワーク上のSambaサーバーに保存され、XenServerシステム上に新しい仮想ゲストが作成されます。

この新しいゲストには明らかにオペレーティングシステムがなく、ClonezillaをPXEブートするようにセットアップされるため、イメージをSambaサーバーからプルして、新しく作成された仮想ハードディスク(VDI)に配置できます。

  1. XenServer 6.5
  2. Clonezilla Live – Imaging software
  3. PXE boot server with Clonezilla PXE bootable – http://clonezilla.org/livepxe.php
  4. Samba Server – Enough storage to store the physical guest’s image

この記事では、SambaおよびPXEブートシステムのセットアップ方法に関する複雑な詳細のすべてではなく、物理サーバーの実際の移行に焦点を当てます。そのため、ユーザーはローカルからClonezillaをPXEブートする機能をすでに持っていると想定されます。 PXEサーバー。

物理サーバーのイメージング

1.このプロセスの最初の部分は、実際に物理サーバーをイメージングする行為です。これは、Clonezilla LiveをPXEブートすることで実現されますが、USBまたはCD-ROMを介してClonezillaliveを使用して実行できます。 Clonezillaの起動が完了すると、画面は「Start_Clonezilla」を選択する次のステップが何であるかを決定するのを待ちます...

2.「Start_Clonezilla」を選択すると、シェル環境ではなく、必要なすべての構成の入力を求められます。次の画面では、イメージングモードを尋ねられます。この物理から仮想への移行では、サーバーのディスク全体が仮想システムに移動されるため、「デバイスイメージ」を選択する必要があります。

3.次の画面で、サーバーのイメージを保存する場所を尋ねられます。この記事では、別のネットワークサーバーでSamba共有を使用します。

4.次の画面に進むと、ClonezillaはSamba共有にアクセスするための資格情報の入力を求めます。サーバーのIPアドレスを必ず入力してください。そうしないと、DNSが正しく機能している場合は、代わりにサーバーの完全修飾ホスト名を使用できます。

5.次の画面でSambaドメインを要求されます。存在する場合はここに入力しますが、ほとんどのシステムでは必要ありません。Enterキーを押すと次の画面に進みます。

6.次のステップは、特定の共有に対して有効なSAMBAユーザーを入力することです。このユーザーが共有に正常にログインできることを確認してください。 Clonezillaは、認証エラーについて常に明確であるとは限りません。ユーザーがすでに有効な既知のユーザーである場合は、トラブルシューティングが簡単になります。

7.次のステップは、SAMBA共有の名前を指定することです。デフォルトの共有名は「イメージ」ですが、環境は異なります。次のプロンプトには、必ず適切な共有名を入力してください。

8. Clonezillaは、使用するセキュリティモードを要求します。環境で「ntlm」を使用する特別な理由がない限り、「auto」を選択します。

9.最後に、Clonezillaは、共有にアクセスするためにSambaユーザーのパスワードの入力を求めます。コマンドラインは、パスワードの入力中に何も表示されないという点で、通常のLinuxパスワード入力に従いますが、パスワードはまだ入力されています。

10. Samba共有のパスワードを入力した後、Enterキーを押します。 ClonezillaはSambaサーバーに接続し、Samba共有をマウントしようとします。 Clonezillaが失敗した場合はエラーが表示されます。失敗した場合は、接続が成功すると次の画面が表示されます。

この画面が表示された場合、ClonezillaはSAMBA共有を正常にマウントしており、イメージングプロセス/構成を続行できます。 SAMBAサーバーも接続を「認識」していることを確認しても問題はありません。次のコマンドをSambaサーバーで発行して、Clonezillaが実際に接続されていることを確認できます。

# lsof -i :445 | grep -i established

11.次のプロセスは、この特定のサーバーのイメージングを構成することです。 Clonezillaには2つのモードがあります。初心者とエキスパート。このガイドでは、イメージングプロセスに必要なすべてのオプションを提供するため、単に「初心者」を使用します。

12.次のステップでは、この特定のシステムでClonezillaがイメージを取得する必要があるかどうかを尋ねます。サーバー全体を仮想化する必要があるため、「savedisk」が選択され、システム上のすべてのパーティションが含まれます。

注:Samba共有に、ディスク全体を格納するのに十分なスペースがあることを確認してください。 Clonezillaはある程度の圧縮を行いますが、クローンを作成する前にスペースが存在することを確認することをお勧めします。

13.先に進むと、次のメニュープロンプトで画像に名前を付ける必要があります。

14.名前が指定されると、Clonezillaはどのディスク(複数存在する場合)をイメージ化するかを尋ねます。この例では、Clonezillaはこのサーバーの特定のRAIDコントローラーを確認し、ディスクのサイズを報告します。この場合、報告されるサイズは146GBです。

注:繰り返しになりますが、Samba共有にイメージングプロセス用の十分なスペースがあることを確認してください。 Clonezillaはある程度の圧縮を行いますが、申し訳ありませんが安全です。

15.次のステップは、Clonezillaにとって比較的新しいものであり、イメージングの実行中にファイルシステムを修復する機能です。この機能でサポートされているファイルシステムは、Linuxの「fsck」ユーティリティで通常サポートされているものと同じです。

このチェックは必須ではありませんが、悪い画像を防ぐのに役立つ可能性があります。このオプションが望ましくない場合は、チェックをスキップしてください。

16.次の画面は、画像の撮影後に画像が復元可能であることを確認するために使用されます。これは、最初から良好な画像を確保するために行うことをお勧めします。これにより、イメージング対象のシステムが大きい場合でも、イメージングプロセスに時間がかかります。

17. [保存された画像の確認]プロンプトで[OK]をクリックすると、Clonezillaは初期構成と画像の準備を開始します。ただし、イメージングプロセスはまだ開始されていません。すべてのチェックが完了すると、Clonezillaは最後にもう一度プロンプトを表示して、すべてのパラメーターが正しいことを確認し、イメージングプロセスを開始するように求めます。

18.すべての設定が確認されたことを確認した後、Clonezillaはイメージングプロセスを開始し、ステータスに関する洞察を提供します。

19.この画面は、イメージングの進行状況を示す赤で徐々に塗りつぶされます。指示された場合、Clonezillaは画像を撮影した直後に保存された画像をチェックします。 Clonezillaが終了すると、続行する方法が説明されます。

これは、画像が正常に撮影された可能性が高く、XenServer内の仮想ゲストに移動する準備ができていることを示す大きな兆候です。